このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Control.FontStretch プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

画面上でフォントを縮小または拡大する度合いを取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。

名前空間 :  System.Windows.Controls
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/xaml/presentation

[BindableAttribute(true)]
public FontStretch FontStretch { get; set; }
/** @property */
/** @attribute BindableAttribute(true) */
public FontStretch get_FontStretch()
/** @property */
/** @attribute BindableAttribute(true) */
public  void set_FontStretch(FontStretch value)

public function get FontStretch () : FontStretch
public function set FontStretch (value : FontStretch)
<object FontStretch="FontStretch" .../>

プロパティ値

型 : System.Windows.FontStretch

FontStretch 値。既定値は FontStretches.Normal です。

識別子フィールド

FontStretchProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

AffectsMeasure, AffectsRender, Inherits

このプロパティが影響するのは、FontStretch プロパティがテンプレートでパラメータとして使用されているコントロールだけです。その他のコントロールには影響はありません。

コントロールの FontStretch プロパティを設定する方法を次の例に示します。有効な伸縮値については、FontStretches を参照してください。

<Button Name="btn10" FontStretch ="Condensed" 
        Click="ChangeFontStretch" TabIndex="3">
  FontStretch
</Button>


void ChangeFontStretch(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    if (btn10.FontStretch == FontStretches.Condensed)
    {
        btn10.FontStretch = FontStretches.Normal;
        btn10.Content = "Control FontStretch changes from Condensed to Normal.";

    }
    else
    {
        btn10.FontStretch = FontStretches.Condensed;
        btn10.Content = "FontStretch";
    }
}


Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0
表示: