この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Control.Background プロパティ

 

公開日: 2016年10月

取得またはコントロールの背景を説明するブラシを設定します。

名前空間:   System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

[BindableAttribute(true)]
public Brush Background { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Windows.Media.Brush

コントロールの背景の塗りつぶしに使用するブラシ。 既定値は、Brushes.Transparent です。

Background プロパティ コントロールの静止状態にのみ適用されます。 コントロールの既定のスタイルは、コントロールの状態が変更されたときに、その外観を指定します。 設定する場合など、 Background プロパティを Button, にこのボタンはその値が押されたまたは無効になっていないときのみです。 コントロールがバック グラウンドの高度なカスタマイズを作成する場合は、コントロールのスタイルを定義する必要があります。

このプロパティでは、そのテンプレートを使用してコントロールのみに影響、 Background プロパティをパラメーターとして。 その他のコントロールでは、このプロパティは影響しません。

識別子のフィールド

BackgroundProperty

メタデータのプロパティを設定するには true

AffectsRender, SubPropertiesDoNotAffectRender

次の例では、コントロールの background プロパティを設定する方法を示します。

<Button Name="btn" Background="Red" 
        Click="ChangeBackground">
  Background
</Button>
void ChangeBackground(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    if (btn.Background == Brushes.Red)
    {
        btn.Background = new LinearGradientBrush(Colors.LightBlue, Colors.SlateBlue, 90);
        btn.Content = "Control background changes from red to a blue gradient.";
    }
    else
    {
        btn.Background = Brushes.Red;
        btn.Content = "Background";
    }
}

次の例が押されると、ボタンの背景を変更するトリガーを使用するテンプレートを示します。

<Button FontSize="16" FontWeight="Bold">Click the Background
  <Button.Template>
    <ControlTemplate TargetType="{x:Type Button}">
      <Border Background="{TemplateBinding Background}">
         <ContentPresenter/>
      </Border>
    </ControlTemplate>
  </Button.Template>

  <Button.Style>
    <Style TargetType="{x:Type Button}">
      <Setter Property="Background" Value="Blue"/>
      <Style.Triggers>
        <Trigger Property="IsPressed" Value="true">
          <Setter Property="Background" Value="Red"/>
        </Trigger>
      </Style.Triggers>
    </Style>
  </Button.Style>
</Button>

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: