この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Canvas クラス

 

公開日: 2016年10月

Canvas 領域に対する相対座標を使用して子要素を明示的に配置する領域を定義します。

名前空間:   System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Threading.DispatcherObject
    System.Windows.DependencyObject
      System.Windows.Media.Visual
        System.Windows.UIElement
          System.Windows.FrameworkElement
            System.Windows.Controls.Panel
              System.Windows.Controls.Canvas

public class Canvas : Panel

名前説明
System_CAPS_pubmethodCanvas()

Canvas クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyActualHeight

この要素の描画時の高さを取得します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyActualWidth

表示されるこの要素の幅を取得します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyAllowDrop

この要素をドラッグアンドドロップ操作の対象として使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyAreAnyTouchesCaptured

この要素に、少なくとも 1 つのタッチをキャプチャするかどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyAreAnyTouchesCapturedWithin

この要素またはそのビジュアル ツリー内のすべての子要素には、少なくとも 1 つのタッチがキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyAreAnyTouchesDirectlyOver

この要素上に少なくとも 1 つのタッチが押されているかどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyAreAnyTouchesOver

この要素またはそのビジュアル ツリー内のすべての子要素の上に少なくとも 1 つのタッチが押されているかどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyBackground

取得または設定、 Brush の枠線の間の領域の塗りつぶしに使用される、 Panelです。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyBindingGroup

取得または設定、BindingGroup要素に使用されます。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyBitmapEffect

互換性のために残されています。この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyBitmapEffectInput

互換性のために残されています。 この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果用の入力ソースを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCacheMode

取得または設定のキャッシュされた表現、 UIElementです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyChildren

取得、 UIElementCollection これの子要素の Panelです。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyClip

要素内容の輪郭の定義に使用するジオメトリを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyClipToBounds

親要素のサイズに合わせるために、この要素の内容 (またはこの要素の子要素の内容) を切り取るかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCommandBindings

コレクションを取得 CommandBinding この要素に関連付けられているオブジェクト。 A CommandBinding この要素のコマンドの処理を有効にし、コマンド、そのイベントでは、この要素にアタッチされたハンドラー間のリンケージを宣言します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyContextMenu

この要素内から ユーザー インターフェイス (UI) によってコンテキスト メニューが要求された場合に常に表示されるコンテキスト メニュー要素を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCursor

この要素上にマウス ポインターが置かれたときに表示されるカーソルを取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDataContext

要素がデータ バインディングに含まれている場合に、その要素のデータ コンテキストを取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyDefaultStyleKey

テーマ スタイルを使用または定義するときに、このコントロールのスタイルを参照するために使用されるキーを取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDependencyObjectType

取得、 DependencyObjectType をラップする、 CLR のこのインスタンスの型。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDesiredSize

レイアウト処理の測定パスの実行中に、この要素が計算したサイズを取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDispatcher

取得、 Dispatcher この DispatcherObject に関連付けられています。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyEffect

取得または設定に適用するビットマップ効果、 UIElementです。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFlowDirection

レイアウトを制御する親要素内でのテキストやその他の ユーザー インターフェイス (UI) 要素のフロー方向を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFocusable

要素がフォーカスを得ることができるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFocusVisualStyle

この要素がキーボード フォーカスを受け取ったときに適用される外観、効果、またはその他のスタイル特性のカスタマイズを可能にするプロパティを取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyForceCursor

取得または設定を示す値かどうかこの FrameworkElement を実行してください、 ユーザー インターフェイス (UI) によって宣言されたカーソルを表示する、 Cursor プロパティです。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHasAnimatedProperties

この要素に、アニメーション化されたプロパティが設定されているかどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyHasEffectiveKeyboardFocus

UIElement にフォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyHasLogicalOrientation

示す値を取得するかどうかこの Panel その子孫 1 つのディメンションを配置します。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHasLogicalOrientationPublic

示す値を取得するかどうかこの Panel その子孫 1 つのディメンションを配置します。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHeight

要素の推奨される高さを取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHorizontalAlignment

この要素が、Panel またはアイテム コントロールのような親要素内に構成されるときに適用される水平方向の配置特性を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyInheritanceBehavior

取得またはプロパティ値の継承、リソース キーの検索および RelativeSource FindAncestor 参照スコープの制限を設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyInputBindings

この要素に関連付けられている入力のバインディングのコレクションを取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyInputScope

この FrameworkElement で使用される入力のコンテキストを取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyInternalChildren

子要素の UIElementCollection を取得します。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsArrangeValid

この要素のレイアウトの子要素の位置と計算されたサイズが有効かどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsEnabled

この要素が ユーザー インターフェイス (UI) で有効かどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyIsEnabledCore

戻り値になる値を取得 IsEnabled 派生クラスです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsFocused

この要素に論理フォーカスがあるかどうかを判断する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsHitTestVisible

この要素が、表示される内容のある部分からのヒット テストの結果として返されるかどうかを宣言する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsInitialized

この要素が、XAML プロセッサによって処理されている間、またはこの要素の EndInit メソッドが明示的に呼び出されたときに初期化されたかどうかを示す値を取得します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsInputMethodEnabled

Input Method Editor (IME) などの入力方式システムがこの要素への入力の処理に対して有効になっているかどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsItemsHost

このことを示す値の設定を取得または Panel のコンテナーは、 ユーザー インターフェイス (UI) によって生成される項目、 ItemsControlです。  (Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsKeyboardFocused

この要素にキーボード フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsKeyboardFocusWithin

キーボード フォーカスがその要素またはそのビジュアル ツリーの子要素内の任意の場所にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsLoaded

プレゼンテーションのこの要素が読み込まれているかどうかを示す値を取得します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsManipulationEnabled

これで、操作イベントが有効にするかどうかを示す値を取得または UIElementです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsMeasureValid

レイアウト メジャーによって返される現在のサイズが有効かどうかを示す値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsMouseCaptured

この要素にマウスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsMouseCaptureWithin

この要素またはビジュアル ツリー内の子要素がマウスのキャプチャを保持するかどうかを決定する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsMouseDirectlyOver

マウス ポインターの位置がヒット テストの結果に対応し、要素の合成を考慮に入れる必要があるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsMouseOver

マウス ポインターがこの要素 (ビジュアル ツリー内の子要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsSealed

(読み取り専用)、このインスタンスが現在シールされているかどうかを示す値を取得します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsStylusCaptured

この要素によってスタイラスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsStylusCaptureWithin

この要素、または要素の境界とそのビジュアル ツリー内の要素がスタイラス キャプチャを保持するかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsStylusDirectlyOver

スタイラスの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsStylusOver

スタイラスのカーソルがこの要素 (子ビジュアル要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsVisible

この要素が ユーザー インターフェイス (UI) に表示されるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyLanguage

要素に適用されるローカライズ/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyLayoutTransform

取得またはレイアウトの実行時にこの要素に適用するグラフィックス変換を設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyLogicalChildren

この論理上の子要素を反復処理できる列挙子を取得 Panel 要素。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyLogicalOrientation

Orientation パネル、パネルは、1 つのディメンションだけでレイアウトをサポートしている場合。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyLogicalOrientationPublic

Orientation パネル、パネルは、1 つのディメンションだけでレイアウトをサポートしている場合。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyMargin

要素の外側の余白を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyMaxHeight

要素の高さの最大値を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyMaxWidth

要素の幅の最大値を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyMinHeight

要素の高さの最小値を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyMinWidth

要素の幅の最小値を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyName

要素の識別名を取得または設定します。 この名前は参照を提供するため、イベント ハンドラー コードなどの分離コードは、XAML プロセッサによる処理の際に、構築された後のマークアップ要素を参照できます。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyOpacity

UIElement を ユーザー インターフェイス (UI) に表示する際に、その全体に適用される不透明度率を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyOpacityMask

この要素の描画されるコンテンツのアルファ チャネル マスクに適用される Brush 実装として、不透明マスクを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyOverridesDefaultStyle

取得またはこの要素がテーマ スタイルのスタイル プロパティを組み込むかどうかを示す値を設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyParent

この要素の論理上の親要素を取得します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyPersistId

互換性のために残されています。この要素を一意に識別する値を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyRenderSize

この要素の最終的な描画サイズを取得します (または、設定します。設定については「解説」を参照してください)。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyRenderTransform

この要素の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyRenderTransformOrigin

RenderTransform によって宣言されるすべての使用可能な表示変換の中心点を、要素の境界からの相対位置で取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyResources

ローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertySnapsToDevicePixels

この要素のレンダリングがレンダリング中にデバイスに固有のピクセルの設定を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyStyle

この要素が使用するスタイルを、表示されるときに取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyStylusPlugIns

この要素に関連付けられているすべてのスタイラス プラグイン (カスタマイズ) オブジェクトのコレクションを取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTag

取得またはこの要素に関するカスタム情報を格納するために使用する任意のオブジェクト値を設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTemplatedParent

この要素の親テンプレートへの参照を取得します。 このプロパティは、要素がテンプレートによって作成されていない場合は無効です。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyToolTip

取得または設定でこの要素に対して表示されるツールチップ オブジェクト、 ユーザー インターフェイス (UI)です。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTouchesCaptured

この要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTouchesCapturedWithin

ビジュアル ツリーで、この要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスまたはすべての子要素を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTouchesDirectlyOver

この要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTouchesOver

ビジュアル ツリーで、この要素上にあるすべてのタッチ デバイスまたはすべての子要素を取得します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTriggers

この要素に直接、または子要素で設定されているトリガーのコレクションを取得します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyUid

この要素の一意の識別子 (ローカライズ用) を設定または取得します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyUseLayoutRounding

レイアウトの間に、この要素のサイズおよび位置にレイアウトの丸めを適用するかどうかを示す値を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyVerticalAlignment

この要素が、Panel またはアイテム コントロールのような親要素内に作成されるときに適用される垂直方向の配置特性を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyVisibility

この要素の ユーザー インターフェイス (UI) 可視性を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualBitmapEffect

互換性のために残されています。取得または設定、 BitmapEffect の値として、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualBitmapEffectInput

互換性のために残されています。取得または設定、 BitmapEffectInput の値として、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualBitmapScalingMode

BitmapScalingModeVisual を取得または設定します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualCacheMode

取得または設定のキャッシュされた表現、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualChildrenCount

子の数を取得 Visual のこのインスタンス内のオブジェクト Panelします。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualClearTypeHint

取得または設定、 ClearTypeHint で ClearType を表示する方法を決定する、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualClip

取得または設定のクリップ領域、 Visual として、 Geometry 値。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualEdgeMode

エッジ モードの取得または設定、 Visual として、 EdgeMode 値。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualEffect

取得または設定に適用するビットマップ効果、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualOffset

取得またはビジュアル オブジェクトのオフセット値を設定します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualOpacity

取得または設定の不透明度、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualOpacityMask

取得または設定、 Brush の不透明度マスクを表す値、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualParent

ビジュアル オブジェクトのビジュアル ツリーの親を取得します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualScrollableAreaClip

取得または設定の場合は、クリップされたスクロール可能な領域、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualTextHintingMode

VisualTextHintingMode を取得または設定します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualTextRenderingMode

取得または設定、 TextRenderingModeVisualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualTransform

取得または設定、 Transform の値として、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualXSnappingGuidelines

X 座標 (垂直) ガイドライン コレクションを取得または設定します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyVisualYSnappingGuidelines

Y 座標 (水平) ガイドライン コレクションを取得または設定します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyWidth

要素の幅を取得または設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticBottom

要素の下端とその親 Canvas の下端との距離を示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticLeft

要素の左端と親 Canvas の左端との距離を示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticRight

要素の右端とその親 Canvas の右端との距離を示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticTop

要素の上端と親 Canvas の上端との距離を示す値を取得または設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAddHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベントにルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodAddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)

指定したルーティング イベントのためのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。 イベント ルート上の他の要素により既に処理済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodAddLogicalChild(Object)

この要素の論理ツリーには、指定されたオブジェクトを追加します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodAddToEventRoute(EventRoute, RoutedEventArgs)

指定したハンドラーを追加する EventRoute 現在の UIElement イベント ハンドラーのコレクション。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodAddVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを定義します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用します。 既存のアニメーションは停止され、新しいアニメーションに置き換えられます。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用し、プロパティでアニメーションが既に適用されているときに行われる処理を指定する機能も提供します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodApplyTemplate()

必要に応じて現在のテンプレートのビジュアル ツリーを構築し、この呼び出しによってビジュアル ツリーが再構築されたかどうかを示す値を返します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodArrange(Rect)

子要素を配置し、UIElement のサイズを決定します。 親要素はそれぞれの ArrangeCore 実装 (または WPF フレームワーク レベルの同等実装) からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドは、レイアウト更新の 2 番目のパスを構成します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodArrangeCore(Rect)

実装して ArrangeCore (virtual として定義されている UIElement) 封印し、実装とします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodArrangeOverride(Size)

コンテンツを配置、 Canvas 要素。(FrameworkElement.ArrangeOverride(Size) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

この要素で指定したプロパティのアニメーションを開始します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

特定の内容を指定するオプションを使用して、この要素に指定されたアニメーション プロパティ アニメーションの場合は、プロパティには既に実行中のアニメーションを開始します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginInit()

この要素の初期化プロセスを開始します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginStoryboard(Storyboard)

指定したストーリー ボードに含まれているアクションのシーケンスを開始します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior)

プロパティが既にアニメーション化する場合の動作を指定するオプションを指定したストーリー ボードに含まれているアクションのシーケンスを開始します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior, Boolean)

開始後に、アニメーションのコントロールの状態を指定して、指定されたストーリー ボードに含まれているアクションのシーケンスを開始します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBringIntoView()

それに含まれるスクロール可能な領域内に、この要素を表示しようとします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBringIntoView(Rect)

それに含まれるスクロール可能な領域内に、この要素の指定された領域のサイズを表示しようとします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCaptureMouse()

この要素にマウスのキャプチャを強制しようとします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCaptureStylus()

強制的にこの要素にスタイラスをキャプチャしようとします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCaptureTouch(TouchDevice)

この要素に強制的にタッチをキャプチャしようとします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこれにアクセスをサポートしているかどうかを決定 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodCreateUIElementCollection(FrameworkElement)

新しい UIElementCollection を作成します。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEndInit()

要素の初期化プロセスが完了したことを示します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定されたかどうかを決定 DependencyObject は現在と同じ DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFindCommonVisualAncestor(DependencyObject)

2 つのビジュアル オブジェクトの共通の先祖を返します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFindName(String)

指定した識別名を持つ要素を検索します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFindResource(Object)

指定のキーを持つリソースを検索し、要求されたリソースが見つからない場合に例外をスローします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFocus()

この要素にフォーカスを設定しようとします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

この要素の、指定したプロパティの基本プロパティ値を返します。実行中または停止済みのアニメーションでアニメーション化された値は無視されます。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetBindingExpression(DependencyProperty)

指定したプロパティでのバインディングを表す BindingExpression を返します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetBottom(UIElement)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Bottom 添付プロパティの値を返します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodGetLayoutClip(Size)

クリッピング ジオメトリを示す場合にクリップ領域を返す、 ClipToBounds にプロパティが設定されている trueします。(FrameworkElement.GetLayoutClip(Size) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetLeft(UIElement)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Left 添付プロパティの値を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティに値を設定ローカルに決定するための特殊な列挙子を作成 DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetRight(UIElement)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Right 添付プロパティの値を取得します。

System_CAPS_protmethodGetTemplateChild(String)

インスタンス化のビジュアル ツリーの名前付きの要素を返します ControlTemplateします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetTop(UIElement)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Top 添付プロパティの値を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodGetUIParentCore()

ビジュアル親が存在しない場合に、この要素に対する代替の論理上の親を返します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodGetVisualChild(Int32)

取得、 Visual この子 Panel 指定したインデックス位置にあります。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_protmethodHitTestCore(GeometryHitTestParameters)

実装して Visual.HitTestCore base を指定する要素のヒット テスト動作 (返す GeometryHitTestResult)。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodHitTestCore(PointHitTestParameters)

HitTestCore を実装して、要素のヒット テストの基本動作を提供します (HitTestResult を返します)。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInputHitTest(Point)

現在の要素の原点に対する、指定した座標位置にある現在の要素内の入力要素を返します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateArrange()

要素の配置状態 (レイアウト) を無効にします。 無効にした後、要素のレイアウトが更新されます。更新は、UpdateLayout によって強制されない限り非同期に行われます。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateMeasure()

要素の測定状態 (レイアウト) を無効にします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティに対する有効な値を再評価します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateVisual()

要素の描画を無効にして、新しい完全なレイアウト パスを強制します。 レイアウト サイクルが完了した後に、OnRender が呼び出されます。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIsAncestorOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが子孫のビジュアル オブジェクトの先祖であるかどうかを判断します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIsDescendantOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが先祖のビジュアル オブジェクトの子孫であるかどうかを判断します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodMeasure(Size)

UIElementDesiredSize を更新します。 親要素は、独自の MeasureCore 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドの呼び出しは、レイアウト更新の最初のパス (「メジャー」パス) となります。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMeasureCore(Size)

FrameworkElement の測定パス レイアウト システムの基本動作を実装します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMeasureOverride(Size)

子要素の測定、 Canvas 配置時にそのに応じるために、 ArrangeOverride 渡します。(FrameworkElement.MeasureOverride(Size) をオーバーライドします。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodMoveFocus(TraversalRequest)

指定した移動の方向には、この要素から、別の要素にキーボード フォーカスを移動します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnAccessKey(AccessKeyEventArgs)

呼び出されるときは、この要素に有効なアクセス キーのクラス処理を提供します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodOnApplyTemplate()

派生クラスでオーバーライドされると、アプリケーション コードまたは内部プロセスが ApplyTemplate を呼び出すたびに呼び出されます。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnChildDesiredSizeChanged(UIElement)

子要素がサイズ変更されると、レイアウトの動作をサポートしています。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnContextMenuClosing(ContextMenuEventArgs)

ハンドルされていないときに呼び出される ContextMenuClosing ルーティングされたイベントがそのルート上でこのクラスに到達します。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnContextMenuOpening(ContextMenuEventArgs)

ハンドルされていないときに呼び出される ContextMenuOpening ルーティングされたイベントがそのルート上でこのクラスに到達します。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnCreateAutomationPeer()

特定のクラスを返す AutomationPeer の実装、 Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnDpiChanged(DpiScale, DpiScale)

このビューが表示される DPI が変更するときに呼び出されます。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnDragEnter(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.DragEnter 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnDragLeave(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.DragLeave 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnDragOver(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.DragOver 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnDrop(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.DragEnter 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

未処理の DragDrop.GiveFeedback 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnGotFocus(RoutedEventArgs)

ハンドルされていないときに呼び出される GotFocus そのルート上でこの要素に到達します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

ハンドルされない Keyboard.GotKeyboardFocus 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnGotMouseCapture(MouseEventArgs)

未処理の Mouse.GotMouseCapture 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnGotStylusCapture(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.GotStylusCapture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnGotTouchCapture(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 GotTouchCapture タッチがこの要素にキャプチャされるときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnInitialized(EventArgs)

Initialized イベントを発生させます。 このメソッドが呼び出されるたびに IsInitialized に設定されている true 内部的にします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsItemsHostChanged(Boolean, Boolean)

示して、 IsItemsHost プロパティ値が変更されます。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsKeyboardFocusedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

未処理の IsKeyboardFocusedChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsKeyboardFocusWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素によって、IsKeyboardFocusWithinChanged イベントが発生する直前に呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsMouseCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsMouseCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

未処理の IsMouseCaptureWithinChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsMouseDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

未処理の IsMouseDirectlyOverChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsStylusCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

未処理の IsStylusCapturedChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsStylusCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

未処理の IsStylusCaptureWithinChanged イベントがこの要素で発生すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnKeyDown(KeyEventArgs)

未処理の Keyboard.KeyDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnKeyUp(KeyEventArgs)

ハンドルされない Keyboard.KeyUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnLostFocus(RoutedEventArgs)

渡されたイベント データを使用して、LostFocus ルーティング イベントを発生させます。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

未処理の Keyboard.LostKeyboardFocus 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnLostMouseCapture(MouseEventArgs)

未処理の Mouse.LostMouseCapture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnLostStylusCapture(StylusEventArgs)

ハンドルされない Stylus.LostStylusCapture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnLostTouchCapture(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 LostTouchCapture タッチのキャプチャを失ったときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnManipulationBoundaryFeedback(ManipulationBoundaryFeedbackEventArgs)

ときに呼び出されます、 ManipulationBoundaryFeedback イベントが発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnManipulationCompleted(ManipulationCompletedEventArgs)

ときに呼び出されます、 ManipulationCompleted イベントが発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnManipulationDelta(ManipulationDeltaEventArgs)

ときに呼び出されます、 ManipulationDelta イベントが発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnManipulationInertiaStarting(ManipulationInertiaStartingEventArgs)

ときに呼び出されます、 ManipulationInertiaStarting イベントが発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnManipulationStarted(ManipulationStartedEventArgs)

ときに呼び出されます、 ManipulationStarted イベントが発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnManipulationStarting(ManipulationStartingEventArgs)

クラスの処理を提供、 ManipulationStarting 操作プロセッサは最初、するときに発生するルーティングされたイベントを作成します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の Mouse.MouseDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseEnter(MouseEventArgs)

未処理の Mouse.MouseEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseLeave(MouseEventArgs)

この要素上でハンドルされない Mouse.MouseLeave 添付イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

この要素上でハンドルされない MouseLeftButtonDown ルーティング イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseMove(MouseEventArgs)

未処理の Mouse.MouseMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の Mouse.MouseUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

未処理の Mouse.MouseWheel 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewDragEnter(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.PreviewDragEnter 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewDragLeave(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.PreviewDragLeave 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewDragOver(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.PreviewDragOver 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewDrop(DragEventArgs)

未処理の DragDrop.PreviewDrop 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

ハンドルされない DragDrop.PreviewGiveFeedback 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

未処理のKeyboard.PreviewGotKeyboardFocus 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewKeyDown(KeyEventArgs)

未処理の Keyboard.PreviewKeyDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewKeyUp(KeyEventArgs)

未処理の Keyboard.PreviewKeyUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

未処理の Keyboard.PreviewKeyDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の Mouse.PreviewMouseDown 添付ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

ハンドルされない PreviewMouseLeftButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseMove(MouseEventArgs)

ハンドルされない Mouse.PreviewMouseMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の Mouse.PreviewMouseUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

未処理の Mouse.PreviewMouseWheel 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

未処理の DragDrop.PreviewQueryContinueDrag 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

未処理の Stylus.PreviewStylusButtonDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

未処理の Stylus.PreviewStylusButtonUp 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusDown(StylusDownEventArgs)

未処理の Stylus.PreviewStylusDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusInAirMove(StylusEventArgs)

ハンドルされない Stylus.PreviewStylusInAirMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusInRange(StylusEventArgs)

ハンドルされない Stylus.PreviewStylusInRange 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusMove(StylusEventArgs)

ハンドルされない Stylus.PreviewStylusMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.PreviewStylusOutOfRange 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

未処理の Stylus.PreviewStylusSystemGesture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewStylusUp(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.PreviewStylusUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewTextInput(TextCompositionEventArgs)

未処理の TextCompositionManager.PreviewTextInput 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewTouchDown(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 PreviewTouchDown タッチがこの要素を押したときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewTouchMove(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 PreviewTouchMove タッチがこの要素内に移動したときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPreviewTouchUp(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 PreviewTouchUp タッチがこの要素内にリリースされたときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この FrameworkElement に指定されたいずれかの依存関係プロパティの有効な値が更新されるたびに呼び出されます。 変更が発生した特定の依存関係プロパティが引数パラメーターで報告されます。 OnPropertyChanged をオーバーライドします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

未処理の DragDrop.QueryContinueDrag 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnQueryCursor(QueryCursorEventArgs)

ハンドルされない Mouse.QueryCursor 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnRender(DrawingContext)

Panel 要素のレンダー パス中に、DrawingContext オブジェクトの内容を描画します。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo)

指定した情報を最終的なイベント データの一部として使用して、SizeChanged イベントを発生させます。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStyleChanged(Style, Style)

この要素で使用中でスタイルが変更されたときに呼び出されると、レイアウトを無効になります。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

ハンドルされない Stylus.StylusButtonDown 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

未処理の Stylus.StylusButtonUp 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusDown(StylusDownEventArgs)

未処理の Stylus.StylusDown 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusEnter(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.StylusEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusInAirMove(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.StylusInAirMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusInRange(StylusEventArgs)

ハンドルされない Stylus.StylusInRange 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusLeave(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.StylusLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusMove(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.StylusMove 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.StylusOutOfRange 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

ハンドルされない Stylus.StylusSystemGesture 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnStylusUp(StylusEventArgs)

未処理の Stylus.StylusUp 添付イベントがそのルート上でこのクラスから派生した要素に到達すると、呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnTextInput(TextCompositionEventArgs)

未処理の TextCompositionManager.TextInput 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnToolTipClosing(ToolTipEventArgs)

ハンドルされていないときに呼び出される ToolTipClosing ルーティングされたイベントがそのルート上でこのクラスに到達します。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnToolTipOpening(ToolTipEventArgs)

呼び出されるたびに、 ToolTipOpening ルーティングされたイベントがそのルート上でこのクラスに達するとします。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnTouchDown(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 TouchDown タッチがこの要素の内部を押したときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnTouchEnter(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 TouchEnter ルーティングされたイベントから、タッチに移動したときに発生するこの要素の境界内に外部です。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnTouchLeave(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 TouchLeave からタッチを移動するときに発生するルーティングされたイベントのこの境界の外側に内部 UIElementします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnTouchMove(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 TouchMove タッチがこの要素内に移動したときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnTouchUp(TouchEventArgs)

クラスの処理を提供、 TouchUp タッチがこの要素内にリリースされたときに発生するイベントをルーティングします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnVisualChildrenChanged(DependencyObject, DependencyObject)

呼び出されたときに、 VisualCollection ビジュアル オブジェクトの変更します。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnVisualParentChanged(DependencyObject)

ビジュアル ツリー内のこの要素の親が変更されたときに呼び出されます。 上書き OnVisualParentChangedします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodParentLayoutInvalidated(UIElement)

FrameworkElement の特殊化されたサブクラスでインクリメンタル レイアウトの実装をサポートします。 レイアウト中に親のメジャーまたは整列パスに影響を与えるものとしてメタデータ内でマークされているプロパティを子要素が無効にすると、ParentLayoutInvalidated が呼び出されます。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodPointFromScreen(Point)

変換、 Point を画面座標で、 Point の現在の座標システムを表す、 Visualです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodPointToScreen(Point)

変換、 Point の現在の座標システムを表す、 Visual に、 Point 画面座標でします。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodPredictFocus(FocusNavigationDirection)

指定したフォーカスの移動方向をこの要素に相対的なフォーカスを受け取るが、実際には、フォーカスを移動できない次の要素を決定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRaiseEvent(RoutedEventArgs)

特定のルーティング イベントを発生させます。 発生する RoutedEvent は、提供された RoutedEventArgs インスタンス内で識別されます (そのイベント データの RoutedEvent プロパティとして)。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRegisterName(String, Object)

アクセスを簡略化するアクセサーを提供、 NameScope の登録方法です。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReleaseAllTouchCaptures()

この要素からすべてのキャプチャされたタッチ デバイスを解放します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReleaseMouseCapture()

この要素には、キャプチャが保持されている場合は、マウスのキャプチャを解放します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReleaseStylusCapture()

この要素には、キャプチャが保持されている場合は、スタイラス デバイスのキャプチャを解放します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReleaseTouchCapture(TouchDevice)

この要素から指定されたタッチ デバイスを解放しようとしています。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRemoveHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベント ハンドラーをこの要素から削除します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodRemoveLogicalChild(Object)

指定されたオブジェクトをこの要素の論理ツリーから削除します。 FrameworkElement は、この削除との同期を維持するために影響を受ける論理ツリーの親ポインターを更新します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodRemoveVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを削除します。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定したバインディング オブジェクトに基づいて、この要素にバインドをアタッチします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetBinding(DependencyProperty, String)

データ ソースへのパスの修飾として指定したソース プロパティ名に基づく、この要素には、バインディングをアタッチします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetBottom(UIElement, Double)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Bottom アタッチされるプロパティの値を設定します。

System_CAPS_pubmethodSetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetLeft(UIElement, Double)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Left アタッチされるプロパティの値を設定します。

System_CAPS_pubmethodSetResourceReference(DependencyProperty, Object)

指定した名前のリソースを検索しへのリソース参照を指定したプロパティを設定します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetRight(UIElement, Double)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Right アタッチされるプロパティの値を設定します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetTop(UIElement, Double)

所定の依存関係オブジェクトの Canvas.Top アタッチされるプロパティの値を設定します。

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeChildren()

パネルの Children コレクションをシリアル化する必要があるかどうかを判断します。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeCommandBindings()

シリアル化プロセスでの内容をシリアル化する必要かどうかを返す、 CommandBindings このクラスのインスタンスのプロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeInputBindings()

シリアル化プロセスでの内容をシリアル化する必要かどうかを返す、 InputBindings このクラスのインスタンスのプロパティです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_protmethodShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeResources()

シリアル化プロセスでの内容をシリアル化する必要かどうかを返す、 Resources プロパティです。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeStyle()

シリアル化プロセスでの内容をシリアル化する必要かどうかを返す、 Style プロパティです。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeTriggers()

シリアル化プロセスでの内容をシリアル化する必要かどうかを返す、 Triggers プロパティです。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTransformToAncestor(Visual)

座標に変換するために使用する変換を返す、 Visual を指定した Visual ビジュアル オブジェクトの先祖であります。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTransformToAncestor(Visual3D)

座標に変換するために使用する変換を返す、 Visual を指定した Visual3D ビジュアル オブジェクトの先祖であります。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTransformToDescendant(Visual)

座標に変換するために使用する変換を返す、 Visual 指定したビジュアル オブジェクトの子にします。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTransformToVisual(Visual)

座標に変換するために使用する変換を返す、 Visual 、指定された visual オブジェクトです。(Visual から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTranslatePoint(Point, UIElement)

この要素に相対的なポイントを、指定した要素に対する相対座標に変換します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTryFindResource(Object)

指定されたキーを使用してリソースを検索し、見つかった場合はそのリソースを返します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodUnregisterName(String)

アクセスを簡素化、 NameScope メソッドの登録を解除します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodUpdateDefaultStyle()

現在の既定のスタイルを再適用 FrameworkElementします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodUpdateLayout()

この要素のすべてのビジュアルな子要素がレイアウトに正常に更新されるようにします。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodVerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがへのアクセスを持つことを強制DispatcherObjectです。(DispatcherObject から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticBottomProperty

Canvas.Bottom 添付プロパティを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticLeftProperty

Canvas.Left 添付プロパティを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticRightProperty

Canvas.Right 添付プロパティを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticTopProperty

Canvas.Top 添付プロパティを識別します。

名前説明
System_CAPS_pubeventContextMenuClosing

要素のコンテキスト メニューを閉じる直前に発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventContextMenuOpening

要素のコンテキスト メニューを開いたときに発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventDataContextChanged

この要素のデータ コンテキストが変更されたときに発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventDragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventDragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventDragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventDrop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventFocusableChanged

Focusable プロパティの値が変更された場合に発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventGiveFeedback

入力システムがこの要素を対象とするドラッグ アンド ドロップ イベントを報告したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventGotFocus

この要素が論理フォーカスを取得したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventGotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventGotMouseCapture

この要素がマウスをキャプチャしたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventGotStylusCapture

この要素がスタイラスをキャプチャしたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventGotTouchCapture

この要素に、タッチがキャプチャされると発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventInitialized

発生したときにこの FrameworkElement が初期化されています。 このイベントの場合と一致する、場所の値、 IsInitialized からプロパティを変更 false (または未定義) に trueします。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsEnabledChanged

発生したときの値、 IsEnabled プロパティでこの要素を変更します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsHitTestVisibleChanged

発生したときの値、 IsHitTestVisible この要素に依存関係プロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsKeyboardFocusedChanged

発生したときの値、 IsKeyboardFocused この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsKeyboardFocusWithinChanged

発生したときの値、 IsKeyboardFocusWithinChanged この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsMouseCapturedChanged

発生したときの値、 IsMouseCaptured この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsMouseCaptureWithinChanged

発生したときの値、 IsMouseCaptureWithinProperty この要素に変更します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsMouseDirectlyOverChanged

発生したときの値、 IsMouseDirectlyOver この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsStylusCapturedChanged

発生したときの値、 IsStylusCaptured この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsStylusCaptureWithinChanged

発生したときの値、 IsStylusCaptureWithin この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsStylusDirectlyOverChanged

発生したときの値、 IsStylusDirectlyOver この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventIsVisibleChanged

発生したときの値、 IsVisible この要素にプロパティが変更されました。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventKeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventKeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventLayoutUpdated

さまざまな視覚要素のレイアウトに現在関連付けられているときに発生 Dispatcher 変更します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventLoaded

要素のレイアウトやレンダリングが完了し、操作を受け入れる準備が整ったときに発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventLostFocus

この要素が論理フォーカスを失ったときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventLostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventLostMouseCapture

この要素がマウス キャプチャを失ったときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventLostStylusCapture

この要素がスタイラス キャプチャを失ったときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventLostTouchCapture

この要素は、タッチのキャプチャを失ったときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventManipulationBoundaryFeedback

操作が境界に到達したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventManipulationCompleted

操作と慣性のときに発生、 UIElement オブジェクトが完了します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventManipulationDelta

入力デバイス操作中の位置が変更されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventManipulationInertiaStarting

入力デバイスとの接続を失ったときに発生、 UIElement 操作と慣性の中にオブジェクトを開始します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventManipulationStarted

入力デバイスの操作を開始すると発生、 UIElement オブジェクトです。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventManipulationStarting

操作プロセッサが最初に作成したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseEnter

マウス ポインターがこの要素の境界内に入ったときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseLeave

マウス ポインターがこの要素の境界内から出たときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseMove

この要素の上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseUp

この要素の上でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventMouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewDragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewDragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewDragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewDrop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewGiveFeedback

ドラッグ アンド ドロップ操作が開始されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewGotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewKeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewKeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewLostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseMove

この要素上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewMouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusMove

要素上にある間にスタイラスが移動すると発生します。 このイベントを発生させるためには、デジタイザーによって検出されている間にスタイラスが移動する必要があります。それ以外の場合には、代わりに PreviewStylusInAirMove が発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusOutOfRange

スタイラスがデジタイザーから離れすぎているために検出されないときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewStylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewTextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewTouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewTouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventPreviewTouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventQueryCursor

カーソルの表示が要求されると発生します。 このイベントは、マウス ポインターが別の位置へ移動するたびに要素上で発生します。したがって、場合によってはカーソル オブジェクトを移動先の位置に基づいて変更する必要があります。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventRequestBringIntoView

発生したときに BringIntoView がこの要素で呼び出されます。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventSizeChanged

発生したときか、 ActualHeight または ActualWidth プロパティは、この要素の値を変更します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventSourceUpdated

この要素にバインドする既存のプロパティの元の値が変更された場合に発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusEnter

スタイラスがこの要素の境界内に入ったときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusLeave

スタイラスが要素の境界内から出たときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusMove

スタイラスがこの要素上を移動すると発生します。 このイベントを発生させるには、デジタイザー上でスタイラスを移動する必要があります。 それ以外の場合は、代わりに StylusInAirMove が発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusOutOfRange

この要素上でスタイラスが検出可能になるにはデジタイザーから離れすぎているときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventStylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventTargetUpdated

この要素のプロパティ バインディングのターゲット値が変更されると発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventTextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventToolTipClosing

要素のツールヒントが閉じる直前に発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventToolTipOpening

要素のツールヒントが開いたときに発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventTouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventTouchEnter

タッチがから移動すると発生外部からこの要素の範囲内です。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventTouchLeave

タッチがから移動すると発生するこの要素の範囲外の内部です。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventTouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventTouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。(UIElement から継承されます。)

System_CAPS_pubeventUnloaded

読み込まれた要素の要素ツリーから要素が削除されたときに発生します。(FrameworkElement から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIAddChild.AddChild(Object)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIAddChild.AddText(String)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。(Panel から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIQueryAmbient.IsAmbientPropertyAvailable(String)

このメンバーの説明については、IsAmbientPropertyAvailable メソッドのトピックを参照してください。(FrameworkElement から継承されます。)

A T:System.Windows.Controls.Canvas contains a collection of T:System.Windows.UIElement objects, which are in the P:System.Windows.Controls.Panel.Children property.

Canvas is the only panel element that has no inherent layout characteristics. A Canvas has default Height and Width properties of zero, unless it is the child of an element that automatically sizes its child elements. Child elements of a Canvas are never resized, they are just positioned at their designated coordinates. This provides flexibility for situations in which inherent sizing constraints or alignment are not needed or wanted. For cases in which you want child content to be automatically resized and aligned, it is usually best to use a Grid element.

The P:System.Windows.Controls.Panel.ZIndex property determines the order in which child elements that share the same coordinate space appear. A higher P:System.Windows.Controls.Panel.ZIndex value for one child element indicates that this element will appear above another child element that has a lower value.

If you specify them, the attached properties P:System.Windows.Controls.Canvas.Top or P:System.Windows.Controls.Canvas.Left take priority over the P:System.Windows.Controls.Canvas.Bottom or P:System.Windows.Controls.Canvas.Right properties.

Child elements of a T:System.Windows.Controls.Canvas are always given the full size that they desire. As a result, vertical alignment and horizontal alignment have no effect inside a T:System.Windows.Controls.Canvas.

Canvas is a top-level layout control that you can use for absolute positioning of child content. For painting and drawing, you use brushes and do not have to use a Canvas. For more information, see Painting with Solid Colors and Gradients Overview.

By default, panel elements do not receive focus. To compel a panel element to receive focus, set the P:System.Windows.UIElement.Focusable property to true.

The following example produces three T:System.Windows.Shapes.Rectangle elements, each element 100 pixels. The first T:System.Windows.Shapes.Rectangle is red, and its upper-left (x, y) position is specified as (0, 0). The second T:System.Windows.Shapes.Rectangle is green, and its upper-left position is (100, 100), which is just below, and to the right of, the first square. The third T:System.Windows.Shapes.Rectangle is blue, and its upper-left position is (50, 50). Hence, the third T:System.Windows.Shapes.Rectangle covers the lower-right quadrant of the first T:System.Windows.Shapes.Rectangle and the upper-left quadrant of the second. Because the third T:System.Windows.Shapes.Rectangle is laid out last, it appears to be on top of the other two squares—that is, the overlapping portions assume the color of the third T:System.Windows.Shapes.Rectangle.


// Create the application's main window
mainWindow = new Window ();
mainWindow.Title = "Canvas Sample";

// Create the Canvas
myParentCanvas = new Canvas();
myParentCanvas.Width = 400;
myParentCanvas.Height = 400;

// Define child Canvas elements
myCanvas1 = new Canvas();
myCanvas1.Background = Brushes.Red;
myCanvas1.Height = 100;
myCanvas1.Width = 100;
Canvas.SetTop(myCanvas1, 0);
Canvas.SetLeft(myCanvas1, 0);

myCanvas2 = new Canvas();
myCanvas2.Background = Brushes.Green;
myCanvas2.Height = 100;
myCanvas2.Width = 100;
Canvas.SetTop(myCanvas2, 100);
Canvas.SetLeft(myCanvas2, 100);

myCanvas3 = new Canvas();
myCanvas3.Background = Brushes.Blue;
myCanvas3.Height = 100;
myCanvas3.Width = 100;
Canvas.SetTop(myCanvas3, 50);
Canvas.SetLeft(myCanvas3, 50);

// Add child elements to the Canvas' Children collection
myParentCanvas.Children.Add(myCanvas1);
myParentCanvas.Children.Add(myCanvas2);
myParentCanvas.Children.Add(myCanvas3);

// Add the parent Canvas as the Content of the Window Object
mainWindow.Content = myParentCanvas;
mainWindow.Show ();

<Page WindowTitle="Canvas Sample" xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation">
  <Canvas Height="400" Width="400">
    <Canvas Height="100" Width="100" Top="0" Left="0" Background="Red"/>
    <Canvas Height="100" Width="100" Top="100" Left="100" Background="Green"/>
    <Canvas Height="100" Width="100" Top="50" Left="50" Background="Blue"/>
  </Canvas>
</Page>

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: