この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ContentOperations クラス

 

公開日: 2016年10月

取得または設定の位置に対して静的ユーティリティ メソッドを提供、 ContentElement 要素ツリーにします。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.ContentOperations

public static class ContentOperations

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetParent(ContentElement)

指定された ContentElement の親要素を取得します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetParent(ContentElement, DependencyObject)

指定の親要素を設定 ContentElementします。

ほとんどのコンテンツ要素の場合、プロパティ Parent のメンバーの代わりに使用する必要があります ContentOperations, 場合は、 Parent は使用できます。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: