情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

AutomationPeer.GetAcceleratorKey メソッド

2013/12/12

この API は、.NET Framework インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

UI オートメーション ピアに関連付けられているオブジェクトのアクセラレータ キーの組み合わせを取得します。

Namespace:  System.Windows.Automation.Peers
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public string GetAcceleratorKey()

戻り値

型: System.String
アクセラレータ キーの組み合わせのヒント文字列。

この実装は、GetAcceleratorKey が呼び出される特定のピアからの GetAcceleratorKeyCore の呼び出し以外は行いません。

Windows Phone は、アクセラレータ キーを高レベル入力モデルとして直接にはサポートしていません。コントロール実装が組み込みのコード処理の一部としてキー アクセス/アクセラレータの動作を提供するキーボード イベントに応答する場合、そのコントロールのピアではそのキーボード アクセラレータ キーの組み合わせを含む文字列を指定する必要があります。このキーの組み合わせを実際に処理するには、コントロールにキー処理ロジックが組み込まれている必要があります。これは通常、OnKeyDown(KeyEventArgs) または OnKeyUp(KeyEventArgs) をオーバーライドし、指定されたキーの組み合わせ用の特定のロジックを記述することによって実装されます。または、制御インスタンスのユーザーコードで KeyDown または KeyUp のハンドラーを定義することができます。

コントロールに関連するピア実装の一部として報告されるアクセラレータ キーがある場合、これはそのコントロールに、ユーザーがキーボードの示されるキーまたはキーの組み合わせを押下するときに呼び出せる単一のアクションまたはプライマリ アクションがあるということです。Windows Phone コントロールの GetAcceleratorKeyCore の特定の実装は、ほとんどありません。ほとんどの既存の実装は、コンテインメント シナリオに対処します。格納されている項目が独自のアクセラレータ キー情報をコンテナーのレベルに転送できることを確認する。これを行う実装の例は、ItemAutomationPeer.GetAcceleratorKeyCore() です。

アクセラレータ キーを組み込みコントロール動作として指定するよりも、Windows Phone アプリケーションのユーザー コードで、特定の Windows Phone アプリケーション UI で使用されるコントロール インスタンスに関連するアクセラレータを指定する方が一般的です。この場合、アクセラレータ キーはコントロール インスタンスで添付プロパティ AutomationProperties.AcceleratorKey を設定して指定されます。これは通常、UI を定義する XAML で行われます。

アクセス キーとアクセラレータ キーの違いは次のとおりです。アクセス キーは主にメニュー項目で使用され、通常は 1 つの文字として指定されます。この文字は、通常のメニューの表示で下線付きになります。アクセラレータは通常、コントロールにフォーカスがあるときに常に有効であり、メニューの概念またはメニューが開かれているという事実に制限されません。Windows Phone のコア API セットには高レベルのメニュー API がありません。

重要: 重要:

ブラウザー ホストは、発生する可能性のあるキー イベントの一部を Windows Phone に報告しないことがあります。ブラウザー ホストがキー イベント自体を処理する可能性があることが、その主な理由です。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: