エクスポート (0) 印刷
すべて展開

AutomationPeer クラス

UI オートメーションにコントロールを公開する基本クラスを提供します。このクラスは抽象クラスです。

名前空間: System.Windows.Automation.Peers
アセンブリ: PresentationCore (presentationcore.dll 内)

public abstract class AutomationPeer : DispatcherObject
public abstract class AutomationPeer extends DispatcherObject
public abstract class AutomationPeer extends DispatcherObject
このクラスは抽象クラスです。XAML で使用できる派生した非抽象クラスについては、継承階層 を参照してください。

UI オートメーションが、要素について、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションのルートに照会すると、ルートはその要素の UI オートメーション ピアを返します。このピアは、対応する要素に関する UI オートメーションへの問い合わせにも応答します。

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft