AutomationPeer クラス
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

AutomationPeer クラス

UI Automation に要素を公開する基本クラスを提供します。 

名前空間:  System.Windows.Automation.Peers
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public abstract class AutomationPeer : DispatcherObject

AutomationPeer 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
プロテクト メソッドAutomationPeer派生クラスのコンストラクターによって呼び出されるときに、基本クラスの値を初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティDispatcherこの DispatcherObject が関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DispatcherObject から継承されます。)
パブリック プロパティEventsSourceこの AutomationPeer に起因するすべてのイベントのソースとしてオートメーション クライアントに報告される、AutomationPeer を取得または設定します。
プロテクト プロパティIsHwndHostこの AutomationPeer に関連付けられている要素が Windows Presentation Foundation (WPF) で hwnds をホストしているかどうかを示す値を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドCheckAccess呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。 (DispatcherObject から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetAcceleratorKeyUI Automation ピアに関連付けられている要素のアクセラレータ キーの組み合わせを取得します。 
プロテクト メソッドGetAcceleratorKeyCore派生クラスでオーバーライドされると、GetAcceleratorKey によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetAccessKeyオートメーション ピアに関連付けられている要素のアクセス キーを取得します。
プロテクト メソッドGetAccessKeyCore派生クラスでオーバーライドされると、GetAccessKey によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetAutomationControlTypeUI Automation ピアに関連付けられている要素のコントロール型を取得します。
プロテクト メソッドGetAutomationControlTypeCore派生クラスでオーバーライドされると、GetAutomationControlType によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetAutomationIdオートメーション ピアに関連付けられている要素の AutomationId を取得します。
プロテクト メソッドGetAutomationIdCore派生クラスでオーバーライドされると、GetAutomationId によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetBoundingRectangleオートメーション ピアに関連付けられている要素の画面座標を表す Rect オブジェクトを取得します。
プロテクト メソッドGetBoundingRectangleCore派生クラスでオーバーライドされると、GetBoundingRectangle によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetChildrenUI オートメーション ツリーでオートメーション ピアの直接の子要素として表現される GetChildren 要素のコレクションを取得します。
プロテクト メソッドGetChildrenCore派生クラスでオーバーライドされると、GetChildren によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetClassNameこの AutomationPeer で表されるコントロールと区別するために AutomationControlType で使用される名前を取得します。
プロテクト メソッドGetClassNameCore派生クラスでオーバーライドされると、GetClassName によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetClickablePointマウスのクリックに応答するオートメーション ピアに関連付けられている要素上の Point を取得します。
プロテクト メソッドGetClickablePointCore派生クラスでオーバーライドされると、GetClickablePoint によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHelpTextオートメーション ピアに関連付けられているコントロールの機能を説明するテキストを取得します。
プロテクト メソッドGetHelpTextCore派生クラスでオーバーライドされると、GetHelpText によって呼び出されます。
プロテクト メソッドGetHostRawElementProviderCoreWindows Presentation Foundation (WPF) 要素によってホストされている hwnd を UI Automation ツリーのどこに配置するかを UI Automationに伝えます。
パブリック メソッドGetItemStatusオートメーション ピアに関連付けられている要素の表示ステータスを表すテキストを取得します。
プロテクト メソッドGetItemStatusCore派生クラスでオーバーライドされると、GetItemStatus によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetItemTypeオブジェクトが表す項目の種類を説明する文字列を取得します。
プロテクト メソッドGetItemTypeCore派生クラスでオーバーライドされると、GetItemType によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetLabeledBy該当する要素を対象としている LabelAutomationPeer を取得します。
プロテクト メソッドGetLabeledByCore派生クラスでオーバーライドされると、GetLabeledBy によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetLocalizedControlTypeこのオートメーション ピアに関連付けられているコントロールの AutomationControlType の値を、ユーザーが判読できるローカライズされた文字列の形で取得します。
プロテクト メソッドGetLocalizedControlTypeCore派生クラスでオーバーライドされると、GetLocalizedControlType によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetNameこのオートメーション ピアに関連付けられている要素を説明するテキストを取得します。
プロテクト メソッドGetNameCore派生クラスでオーバーライドされると、GetName によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetOrientationコントロールの向きが明示的に設定されている場合に、その向きを示す値を取得します。
プロテクト メソッドGetOrientationCore派生クラスでオーバーライドされると、GetOrientation によって呼び出されます。
パブリック メソッドGetParentこの AutomationPeer の親である AutomationPeer を取得します。
パブリック メソッドGetPattern派生クラスでオーバーライドされると、指定した PatternInterface に関連付けられているコントロール パターンを取得します。
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドHasKeyboardFocusこのオートメーション ピアに関連付けられている要素に現在キーボード フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。
プロテクト メソッドHasKeyboardFocusCore派生クラスでオーバーライドされると、HasKeyboardFocus によって呼び出されます。
パブリック メソッドInvalidatePeer AutomationPeer のメイン プロパティの再計算をトリガーし、プロパティが変更された場合はオートメーション クライアントへの PropertyChanged 通知を発生させます。
パブリック メソッドIsContentElementこのオートメーション ピアに関連付けられている要素が、ユーザーに提示されるデータを含んでいるかどうかを示す値を取得します。
プロテクト メソッドIsContentElementCore派生クラスでオーバーライドされると、IsContentElement によって呼び出されます。
パブリック メソッドIsControlElement要素がユーザーに対話的に認識されるか、または GUI のコントロールの論理構造を構成するものであるかを示す値を取得または設定します。
プロテクト メソッドIsControlElementCore派生クラスでオーバーライドされると、IsControlElement によって呼び出されます。
パブリック メソッドIsEnabledこのオートメーション ピアに関連付けられている要素で対話がサポートされるかどうかを示す値を取得します。
プロテクト メソッドIsEnabledCore派生クラスでオーバーライドされると、IsEnabled によって呼び出されます。
パブリック メソッドIsKeyboardFocusable要素がキーボード フォーカスを受け入れることができるかどうかを示す値を取得します。
プロテクト メソッドIsKeyboardFocusableCore派生クラスでオーバーライドされると、IsKeyboardFocusable によって呼び出されます。
パブリック メソッドIsOffscreen要素が画面から外れているかどうかを示す値を取得します。
プロテクト メソッドIsOffscreenCore派生クラスでオーバーライドされると、IsOffscreen によって呼び出されます。
パブリック メソッドIsPassword機密情報が要素に格納されているかどうか示す値を取得します。
プロテクト メソッドIsPasswordCore派生クラスでオーバーライドされると、IsPassword によって呼び出されます。
パブリック メソッドIsRequiredForFormこのピアに関連付けられている要素に対して、フォーム上での入力が必要とされるかどうかを示す値を取得します。
プロテクト メソッドIsRequiredForFormCore派生クラスでオーバーライドされると、IsRequiredForForm によって呼び出されます。
パブリック メソッド静的メンバーListenerExists指定したイベントを UI Automationがリッスンしているかどうかを示す値を取得します。 
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドPeerFromProvider指定した IRawElementProviderSimple プロキシの AutomationPeer を取得します。
プロテクト メソッドProviderFromPeer指定した AutomationPeerIRawElementProviderSimple を取得します。
パブリック メソッドRaiseAsyncContentLoadedEvent AutomationPeer によって呼び出され、AsyncContentLoadedEvent イベントを発生させます。
パブリック メソッドRaiseAutomationEventオートメーション イベントを発生させます。
パブリック メソッドRaisePropertyChangedEvent変更されたプロパティ値をオートメーション クライアントに通知するイベントを発生させます。
パブリック メソッドResetChildrenCache GetChildrenCore を呼び出すことによって子要素のツリーを同期的にリセットします。
パブリック メソッドSetFocusこのオートメーション ピアに関連付けられている要素にキーボード フォーカスを設定します。
プロテクト メソッドSetFocusCore派生クラスでオーバーライドされると、SetFocus によって呼び出されます。
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドVerifyAccess呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。 (DispatcherObject から継承されます。)
このページのトップへ

UI Automationが、要素について、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションのルートに照会すると、ルートはその要素の UI Automation ピアを返します。 このピアは、対応する要素に関する UI Automationクエリにも応答します。

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2016 Microsoft