エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

AssemblyPart クラス

2013/12/12

アセンブリ部分は、Windows Phone ベースのアプリケーション パッケージ (.xap) に含まれるアセンブリです。

System.Object
  System.Windows.DependencyObject
    System.Windows.AssemblyPart

Namespace:  System.Windows
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public sealed class AssemblyPart : DependencyObject
<Deployment xmlns="http://schemas.microsoft.com/client/2007/deployment" ...>
  <Deployment.Parts>
    <AssemblyPart Source="assembly" />
  </Deployment.Parts>
</Deployment>
-or-
<Deployment xmlns="http://schemas.microsoft.com/client/2007/deployment"
xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" ...>
  <Deployment.Parts>
    <AssemblyPart x:Name="xamlName" Source="assembly" />
  </Deployment.Parts>
</Deployment>

XAML 値

assembly

アセンブリをアセンブリ部分として識別する Uri

xamlName

アセンブリ部分名。アプリケーション アセンブリでは必須です。ライブラリ アセンブリではオプションです。

AssemblyPart 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドAssemblyPartAssemblyPart クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティDispatcherこのオブジェクトに関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティSourceアセンブリをアセンブリ部分として識別する Uri を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドCheckAccess呼び出しスレッドが、このオブジェクトにアクセスできるかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue依存関係プロパティのローカル値をクリアします。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValueアニメーションがアクティブでない場合に適用される、Windows Phone 依存関係プロパティに対し設定されている基本値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetValueDependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドReadLocalValueローカル値が設定されている場合、依存関係プロパティのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetValueDependencyObject で依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーSourcePropertySource 依存関係プロパティを識別します。
このページのトップへ

Windows Phone ベースのアプリケーションには、アプリケーションのエントリ ポイントを実装する 1 つ以上のアセンブリを含むアプリケーション パッケージが必要です。このアセンブリは、アプリケーション アセンブリと呼ばれます。詳細については、EntryPointAssembly プロパティのトピックを参照してください。アプリケーション パッケージには、この他にライブラリ アプリケーションも含めることができます。

アプリケーション パッケージに含まれるアセンブリは、アセンブリ部分と呼ばれます。アセンブリ部分は、アプリケーション マニフェストで AssemblyPart を使用して識別する必要があります。

MSBuild または Visual Studio を使用してアプリケーションをビルドすると、アプリケーション マニフェストが自動的に生成され、すべての必要なアセンブリ部分の宣言が追加されます。まず、アプリケーション アセンブリ用に 1 つのアセンブリ部分宣言が作成されます。これは、オプションの x:Name XAML マークアップ拡張機能によって識別されます。また、アプリケーション アセンブリ プロジェクトから参照されている各ライブラリ アセンブリについて、アセンブリ部分宣言が 1 つずつ作成されます。

アプリケーション マニフェストのマークアップは、技術的には XAML です。ただし、Windows Phone の既定の XML 名前空間 (http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation) にはマニフェストの各種要素が含まれません。その代わり、マニフェストの要素は、http://schemas.microsoft.com/client/2007/deployment XML 名前空間にマップされます。通常、ビルドのたびにアプリケーション マニフェストを生成するように指定されたプロジェクトの場合、アプリケーション マニフェストの XAML を変更する必要はありません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2015 Microsoft