この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Page.EnableEventValidation プロパティ

 

公開日: 2016年10月

取得またはページがポストバックおよびコールバック イベントを検証するかどうかを示す値を設定します。

名前空間:   System.Web.UI
アセンブリ:  System.Web (System.Web.dll 内)

[BrowsableAttribute(false)]
public virtual bool EnableEventValidation { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Boolean

true ページがポストバックおよびコールバック イベントを検証する場合それ以外の場合、 falseです。既定値は trueです。

Exception Condition
InvalidOperationException

EnableEventValidation ページの初期化後にプロパティが設定されました。

ときに、 EnableEventValidation にプロパティが設定されている true, 、ASP.NET では、そのコントロールのイベントがそのコントロールによって表示されたユーザー インターフェイスから送信されたことを検証します。 コントロールでは、レンダリング時にイベントを登録し、ポストバックまたはコールバックの処理中にイベントを検証します。 たとえば、リスト コントロールには、ページがレンダリングされると、ポストバック要求が受信した場合は、4 のオプション番号を指定する場合は、1、2、または 3 を示す番号付きのオプションが含まれている場合、ASP.NET には、例外が発生します。 ASP.NET イベントにより実行されるすべてのコントロールは、既定では、この機能を使用します。

実行時に、クライアントのコントロールを変更するクライアント スクリプトを記述する場合は、使用する必要があります、 RegisterForEventValidation false イベント検証エラーを回避するためにメソッドです。

System_CAPS_security セキュリティ メモ

この機能は、ポストバック要求が承認されていない、または悪意のあるやコールバックのリスクを軽減します。 イベントの検証を無効にしないことを強くお勧めします。

設定する、 EnableEventValidation プロパティを設定して、 enableEventValidation ディレクティブの属性または enableEventValidation Web.config ファイル内の要素の属性です。 コードでこのプロパティを設定した場合、ページが初期化される前に設定する必要があります。

.NET Framework
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: