この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

MailDefinitionBodyFileNameEditor クラス

 

公開日: 2016年10月

内のメッセージ本文のファイルを選択するためのエディターを提供する MailDefinition オブジェクトです。

名前空間:   System.Web.UI.Design.WebControls
アセンブリ:  System.Design (System.Design.dll 内)

System.Object
  System.Drawing.Design.UITypeEditor
    System.Web.UI.Design.UrlEditor
      System.Web.UI.Design.WebControls.MailDefinitionBodyFileNameEditor

[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.Demand, Flags = SecurityPermissionFlag.UnmanagedCode)]
public class MailDefinitionBodyFileNameEditor : UrlEditor

名前説明
System_CAPS_pubmethodMailDefinitionBodyFileNameEditor()

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 MailDefinitionBodyFileNameEditor クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_protpropertyCaption

表示されるキャプションを取得、 MailDefinitionBodyFileNameEditor フォームです。(UrlEditor.Caption をオーバーライドします。)

System_CAPS_protpropertyFilter

ファイルの種類の一覧を取得、 MailDefinitionBodyFileNameEditor オブジェクトをそのまま使用します。(UrlEditor.Filter をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyIsDropDownResizable

ユーザーがドロップダウン エディターのサイズを変更できるかどうかを示す値を取得します。(UITypeEditor から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyOptions

使用する URL ビルダーのオプションを取得します。(UrlEditor から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodEditValue(IServiceProvider, Object)

示されたエディター スタイルを使用して、指定したオブジェクトの値の編集、 GetEditStyle メソッドです。(UITypeEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEditValue(ITypeDescriptorContext, IServiceProvider, Object)

提供するエディター スタイルを使用して、指定したオブジェクトの値を編集、 GetEditStyle メソッドです。(UrlEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetEditStyle()

使用するエディター スタイルを取得、 EditValue メソッドです。(UITypeEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetEditStyle(ITypeDescriptorContext)

編集スタイルを取得、 EditValue メソッドです。(UrlEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetPaintValueSupported()

エディターでオブジェクトの値の視覚的な表現を描画できるかどうかを示します。(UITypeEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetPaintValueSupported(ITypeDescriptorContext)

指定したコンテキスト内でオブジェクトの値の視覚的な表現を描画できるかどうかを示します。(UITypeEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodPaintValue(Object, Graphics, Rectangle)

指定したキャンバスに、指定したオブジェクトの値の視覚的な表現を描画します。(UITypeEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodPaintValue(PaintValueEventArgs)

指定されたオブジェクトの値の表現を描画 PaintValueEventArgsします。(UITypeEditor から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

MailDefinitionBodyFileNameEditor クラス用のファイルを選択するためのユーザー インターフェイスの提供、 BodyFileName のプロパティ、 MailDefinition オブジェクトです。 BodyFileName を電子メール メッセージの本文を含むファイルを指定します。

MailDefinition オブジェクトがコントロールによって送信される電子メールの通知メッセージの形式と内容を定義します。 たとえば、 CreateUserWizard, 、ChangePasswordPasswordRecovery 使用を制御、 MailDefinitionBodyFileNameEditorです。

MailDefinitionBodyFileNameEditor によって呼び出される、たとえば、省略記号ボタンを選択すると (...) のボタンでは、 BodyFileName プロパティ [ MailDefinition, で、 プロパティ ビジュアル デザイナーのグリッドです。

Caption プロパティ上に表示されるキャプションを指定する、 MailDefinitionBodyFileNameEditor フォームです。 Filter プロパティが承認を得るにはファイルの種類のリストを返す、 MailDefinitionBodyFileNameEditorです。

.NET Framework
2.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: