エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

FormsAuthenticationConfiguration クラス

AuthenticationMode フォーム認証方式を使用するように ASP.NET アプリケーションを構成します。

System.Object
  System.Configuration.ConfigurationElement
    System.Web.Configuration.FormsAuthenticationConfiguration

名前空間:  System.Web.Configuration
アセンブリ:  System.Web (System.Web.dll 内)

public sealed class FormsAuthenticationConfiguration : ConfigurationElement

FormsAuthenticationConfiguration 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドFormsAuthenticationConfigurationインフラストラクチャ。 FormsAuthenticationConfiguration クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティCookielessフォーム ベース認証がクッキーを使用するかどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティCredentialsユーザー名とパスワードの FormsAuthenticationCredentials コレクションを取得します。
パブリック プロパティCurrentConfiguration現在の ConfigurationElement インスタンスが属している構成階層を表す最上位の Configuration インスタンスへの参照を取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティDefaultUrl既定の URL を取得または設定します。
パブリック プロパティDomainフォーム認証クッキーで送信されるドメイン名を取得または設定します。
パブリック プロパティElementInformation ConfigurationElement オブジェクトのカスタマイズできない情報と機能を格納する ElementInformation オブジェクトを取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト プロパティElementProperty ConfigurationElement オブジェクト自体を表す ConfigurationElementProperty オブジェクトを取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティEnableCrossAppRedirects認証されたユーザーを他のアプリケーション内の URL にリダイレクトできるかどうかを示す値を取得または設定します。
プロテクト プロパティItem[ConfigurationProperty]この構成要素のプロパティまたは属性を取得または設定します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト プロパティItem[String]この構成要素のプロパティ、属性、または子要素を取得または設定します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティLockAllAttributesExceptロックされている属性のコレクションを取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティLockAllElementsExceptロックされている要素のコレクションを取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティLockAttributesロックされている属性のコレクションを取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティLockElementsロックされている要素のコレクションを取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティLockItem要素がロックされているかどうかを示す値を取得または設定します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティLoginUrl要求に対するリダイレクト URL を取得または設定します。
パブリック プロパティNameクッキー名を取得または設定します。
パブリック プロパティPathクッキーのパスを取得または設定します。
プロテクト プロパティPropertiesプロパティのコレクションを取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック プロパティProtectionクッキーの暗号化に使用される暗号化タイプを取得または設定します。
パブリック プロパティRequireSSL認証情報の送信に SSL (Secure Sockets Layer) 接続が必要であるかどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティSlidingExpiration認証のスライド式有効期限を取得または設定します。
パブリック プロパティTicketCompatibilityModeチケットの有効期限に関して世界協定時刻 (UTC: Coordinated Universal Time) と現地時間のどちらを使用するかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティTimeout認証タイムアウト期間を取得または設定します。
このページのトップへ

  名前説明
プロテクト メソッドDeserializeElement構成ファイルから XML を読み取ります。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック メソッドEquals現在の ConfigurationElement インスタンスを、指定したオブジェクトと比較します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode現在の ConfigurationElement インスタンスを表す一意の値を取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドInit ConfigurationElement オブジェクトを初期状態に設定します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト メソッドInitializeDefault ConfigurationElement オブジェクトの既定の値セットを初期化するために使用します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト メソッドIsModified派生クラスに実装された場合、この構成要素が最後の保存または読み込み以降に変更されたかどうかを示します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック メソッドIsReadOnly ConfigurationElement オブジェクトが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト メソッドReset ConfigurationElement オブジェクトの内部状態 (ロックやプロパティ コレクションなど) をリセットします。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト メソッドResetModified派生クラスに実装された場合、IsModified メソッドの値を false にリセットします。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト メソッドSerializeElement派生クラスに実装されている場合、この構成要素の内容を構成ファイルに書き込みます。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト メソッドSerializeToXmlElement派生クラスに実装されている場合、この構成要素の外側のタグを構成ファイルに書き込みます。 (ConfigurationElement から継承されます。)
プロテクト メソッドSetReadOnly ConfigurationElement オブジェクトおよびすべてのサブ要素に IsReadOnly プロパティを設定します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドUnmerge保存しないすべての値を削除するには、ConfigurationElement オブジェクトを変更します。 (ConfigurationElement から継承されます。)
このページのトップへ

FormsAuthenticationConfiguration クラスを使用すると、authentication 構成セクションの forms 要素にプログラムからアクセスして変更できます。

この型は、FormsAuthenticationCredentials 型、FormsAuthenticationUserCollection 型、FormsAuthenticationUser 型を含むグループの一部です。 コレクション型以外の型は、基になる構成タグに直接影響を与えます。

メモメモ

FormsAuthenticationConfiguration は、値が MachineToApplication のセクション プロパティ AllowDefinition で定義される制限に従って構成ファイルの関連するセクションに情報を書き込むことができます。 階層構造の許可されていないレベルで構成ファイルに書き込みを行おうとした場合、パーサーによってエラー メッセージが生成されます。 ただし、このクラスを使用して、階層構造の任意のレベルに構成情報を読み込むことができます。 安全性とスケーラビリティを高めるため、データベースなど、外部のリポジトリを使用して、ユーザーの資格情報を維持することをお勧めします。

既存の Web アプリケーションの構成ファイルから FormsAuthenticationConfiguration オブジェクトを取得する方法を次のコード例に示します。 このオブジェクトを使用して、メンバーにアクセスできます。 構成ファイルには、次のようなセットアップが格納されます。

メモ   credentials セクションを使用する場合は、「ASP.NET Authentication」に説明されているガイドラインに従う必要があります。 スケーラビリティとセキュリティを高めるため、外部のデータベースを使用して、ユーザーの資格情報を保管することをお勧めします。 安全な ASP.NET アプリケーションを構築する方法の詳細については、Microsoft MSDN Web サイト (msdn.microsoft.com) で、「Securing Your ASP.NET Application」や「Building Secure ASP.NET Applications: Authentication, Authorization, and Secure Communication」を参照してください。

<authentication mode="Forms">
  <forms name="MyAppCookie" loginUrl="login.aspx"
    defaultUrl="default.aspx"
    protection="Encryption" timeout="5" path="aspnetTest"
    slidingExpiration="false"
    cookieless="UseCookies" domain="domainName">
    <credentials passwordFormat="SHA1">
      <user name="aspnetuser1"
        password="5BAA61E4C9B93F3F0682250B6CF8331B7EE68FD8"/>
       <user name="aspnetuser2"
         password="E38AD214943DAAD1D64C102FAEC29DE4AFE9DA3D"/>
    </credentials>          
  </forms>
</authentication> 

            // Get the Web application configuration.
            System.Configuration.Configuration configuration = 
                WebConfigurationManager.OpenWebConfiguration("/aspnetTest");

            // Get the external Authentication section.
            AuthenticationSection authenticationSection = 
                (AuthenticationSection)configuration.GetSection(
                "system.web/authentication");

            // Get the external Forms section .
            FormsAuthenticationConfiguration formsAuthentication =
                authenticationSection.Forms;



.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft