このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

UriFormatException クラス

無効な URI (Uniform Resource Identifier) が検出された場合にスローされる例外。

名前空間: System
アセンブリ: System (system.dll 内)

[SerializableAttribute] 
public class UriFormatException : FormatException, ISerializable
/** @attribute SerializableAttribute() */ 
public class UriFormatException extends FormatException implements ISerializable
SerializableAttribute 
public class UriFormatException extends FormatException implements ISerializable

UriFormatException は、指定されている URI を正しく解析できなかった場合に、Uri クラスのコンストラクタによってスローされます。URI の有効な形式は、RFC 2396 で定義されています。

例外がスローされた理由は、Message プロパティのテキストに示されます。

System.Object
   System.Exception
     System.SystemException
       System.FormatException
        System.UriFormatException

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows CE, Windows Millennium Edition, Windows Mobile for Pocket PC, Windows Mobile for Smartphone, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0、1.0
表示: