この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Uri.EscapeUriString メソッド (String)

 

公開日: 2016年10月

URI 文字列をエスケープ表現に変換します。

名前空間:   System
アセンブリ:  System (System.dll 内)

public static string EscapeUriString(
	string stringToEscape
)

パラメーター

stringToEscape
Type: System.String

エスケープする文字列。

戻り値

Type: System.String

String のエスケープ表現を格納する stringToEscape

Exception Condition
ArgumentNullException

stringToEscapenull です。

UriFormatException
System_CAPS_noteメモ

.NET for Windows Store apps または ポータブル クラス ライブラリ, 、基本クラスの例外をキャッチ FormatException, 、代わりにします。

stringToEscape の長さが 32766 文字を超えています。

使用して、 EscapeUriString メソッドにパラメーターのエスケープ解除された URI 文字列を準備する、 Uri コンス トラクターです。

既定では、 EscapeUriString メソッドが RFC 2396 予約されていない文字を除く、すべての文字を 16 進数表記に変換します。 International Resource Identifier (Iri) または国際化ドメイン名 (IDN) 解析が有効になっている場合、 EscapeUriString すべてのメソッドに変換文字、除いて RFC 3986 の予約されていない文字を 16 進数表記です。 すべての Unicode 文字は、エスケープする前に、utf-8 形式に変換されます。

このメソッドがあると見なさ stringToEscape にエスケープ シーケンスを持ちません。

既定では、文字列は、RFC 2396 に従ってエスケープします。 International Resource Identifier (Iri) または国際化ドメイン名 (IDN) 解析が有効になっていると、RFC 3986 および RFC 3987 に従って、文字列がエスケープされます。 予約済みおよび予約されていない文字の定義については、これらの Rfc を参照してください。

IRI サポートの詳細については、の「解説」セクションを参照してください、 Uri クラスです。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
2.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: