この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Uri.AbsolutePath プロパティ

 

公開日: 2016年10月

URI の絶対パスを取得します。

名前空間:   System
アセンブリ:  System (System.dll 内)

public string AbsolutePath { get; }

プロパティ値

Type: System.String

リソースの絶対パスを含む String

Exception Condition
InvalidOperationException

このインスタンスが、相対 URI を表すし、このプロパティは、絶対 Uri に対してのみ有効です。

AbsolutePath プロパティ情報の要求を解決するのには、サーバーを使用するパス情報を格納します。 通常これは、サーバーのファイル システムに必要な情報へのパスを示します、アプリケーションまたはスクリプトの情報を提供するサーバーを実行する必要があります。

パス情報は、スキーム、ホスト名、または URI のクエリ部分には含まれません。

次の例では、コンソールにパス/catalog/shownew.htm が書き込まれます。

Uri baseUri = new Uri("http://www.contoso.com/");
 Uri myUri = new Uri(baseUri, "catalog/shownew.htm?date=today");

 Console.WriteLine(myUri.AbsolutePath);

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: