この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Uri クラス

 

公開日: 2016年10月

URI (Uniform Resource Identifier) のオブジェクト表現を可能にし、URI の一部へ簡単にアクセスできるようにします。

名前空間:   System
アセンブリ:  System (System.dll 内)


[SerializableAttribute]
[TypeConverterAttribute(typeof(UriTypeConverter))]
public class Uri : ISerializable

名前説明
System_CAPS_protmethodUri(SerializationInfo, StreamingContext)

Uri クラスと SerializationInfo クラスの指定したインスタンスから、StreamingContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodUri(String)

指定した URI を使用して、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodUri(String, Boolean)

互換性のために残されています。 指定した URI を使用し、明示的な文字エスケープ制御を使用して、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodUri(String, UriKind)

指定した URI を使用して、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。 このコンストラクターでは、URI 文字列を相対 URI、絶対 URI、または不確定のいずれかに指定できます。

System_CAPS_pubmethodUri(Uri, String)

指定したベース URI と相対 URI 文字列に基づいて、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodUri(Uri, String, Boolean)

互換性のために残されています。 明示的な文字エスケープ制御を使用し、指定したベース URI と相対 URI に基づいて、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodUri(Uri, Uri)

指定したベース Uri のインスタンスと相対 Uri のインスタンスの組み合わせに基づいて、Uri クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAbsolutePath

URI の絶対パスを取得します。

System_CAPS_pubpropertyAbsoluteUri

絶対 URI を取得します。

System_CAPS_pubpropertyAuthority

サーバーの DNS (Domain Name System) ホスト名または IP アドレスと、ポート番号を取得します。

System_CAPS_pubpropertyDnsSafeHost

DNS の解決に安全に使用できるエスケープ解除されたホスト名を取得します。

System_CAPS_pubpropertyFragment

エスケープ URI フラグメントを取得します。

System_CAPS_pubpropertyHost

このインスタンスのホスト構成要素を取得します。

System_CAPS_pubpropertyHostNameType

URI に指定したホスト名の型を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIdnHost

ホストの RFC 3490 準拠国際ドメイン名 (該当する場合には Punycode を使用する)。

System_CAPS_pubpropertyIsAbsoluteUri

Uri インスタンスが絶対インスタンスであるかどうかの値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsDefaultPort

URI のポート値が、このスキームの既定のポート値かどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsFile

指定した Uri がファイル URI かどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsLoopback

指定した Uri がローカル ホストを参照するかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsUnc

指定した Uri が UNC (Universal Naming Convention) パスかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyLocalPath

ローカル オペレーティング システムでのファイル名表現を取得します。

System_CAPS_pubpropertyOriginalString

Uri コンストラクターに渡された元の URI 文字列を取得します。

System_CAPS_pubpropertyPathAndQuery

AbsolutePath プロパティと Query プロパティを疑問符 (?) で区切った形式で取得します。

System_CAPS_pubpropertyPort

この URI のポート番号を取得します。

System_CAPS_pubpropertyQuery

指定した URI に含まれているクエリ情報を取得します。

System_CAPS_pubpropertyScheme

この URI のスキーム名を取得します。

System_CAPS_pubpropertySegments

指定した URI を構成するパス セグメントを格納している配列を取得します。

System_CAPS_pubpropertyUserEscaped

Uri インスタンスの作成前に、URI 文字列が完全にエスケープされたことを示します。

System_CAPS_pubpropertyUserInfo

指定した URI に関連付けられているユーザー名、パスワードなどのユーザー固有の情報を取得します。

名前説明
System_CAPS_protmethodCanonicalize()

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 内部的に格納された URI を正規形式に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCheckHostName(String)

指定したホスト名が有効な DNS 名であるかどうかを判断します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCheckSchemeName(String)

指定したスキーム名が有効かどうかを判断します。

System_CAPS_protmethodCheckSecurity()

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメソッドを呼び出しても、何も効果はありません。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCompare(Uri, Uri, UriComponents, UriFormat, StringComparison)

指定した比較規則を使用して、2 つの URI の指定部分を比較します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

2 つの Uri インスタンスを比較し、相互に等価かどうかを判断します。(Object.Equals(Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_protmethodEscape()

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 パス構成要素内の安全でない文字または予約文字を 16 進の文字表現に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticEscapeDataString(String)

文字列をエスケープ表現に変換します。

System_CAPS_protmethodSystem_CAPS_staticEscapeString(String)

互換性のために残されています。 文字列をエスケープ表現に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticEscapeUriString(String)

URI 文字列をエスケープ表現に変換します。

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromHex(Char)

16 進数の数字に対応する 10 進数値を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetComponents(UriComponents, UriFormat)

指定した特殊文字エスケープを使用して、現在のインスタンスの指定した構成要素を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

URI を処理するためのハッシュ コードを取得します。(Object.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetLeftPart(UriPartial)

Uri インスタンスの指定部分を取得します。

System_CAPS_protmethodGetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

現在のインスタンスをシリアル化するために必要なデータを返します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticHexEscape(Char)

指定した文字を等価な 16 進数値に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticHexUnescape(String, Int32)

指定した 16 進数文字表現を文字に変換します。

System_CAPS_protmethodIsBadFileSystemCharacter(Char)

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 ファイル システム名で文字が無効かどうかの値を取得します。

System_CAPS_pubmethodIsBaseOf(Uri)

現在の Uri インスタンスが、指定した Uri インスタンスのベースかどうかを判断します。

System_CAPS_protmethodSystem_CAPS_staticIsExcludedCharacter(Char)

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 指定した文字をエスケープする必要があるかどうかの値を取得します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticIsHexDigit(Char)

指定した文字が有効な 16 進数の数字かどうかを判断します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticIsHexEncoding(String, Int32)

文字列内の文字が 16 進エンコードかどうかを判断します。

System_CAPS_protmethodIsReservedCharacter(Char)

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 指定した文字が予約済みの文字であるかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubmethodIsWellFormedOriginalString()

この Uri の作成に使用された文字列が正しい形式かどうか、およびこれ以上エスケープする必要がないかどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticIsWellFormedUriString(String, UriKind)

文字列を使用して URI を作成する際に、文字列の形式が正しいかどうかを示し、文字列をそれ以上エスケープする必要がないことを確認します。

System_CAPS_pubmethodMakeRelative(Uri)

互換性のために残されています。 2 つの Uri インスタンスの相違点を判断します。

System_CAPS_pubmethodMakeRelativeUri(Uri)

2 つの Uri インスタンスの相違点を判断します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodParse()

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 現在のインスタンスの URI を解析し、有効な URI で必要とされるすべての部分が含まれていることを確認します。

System_CAPS_pubmethodToString()

指定した Uri インスタンスの正規文字列表現を取得します。(Object.ToString() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryCreate(String, UriKind, Uri)

指定した Uri インスタンスと String を使用して、新しい UriKind を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryCreate(Uri, String, Uri)

指定したベースおよび相対 Uri のインスタンスを使用して、新しい String を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryCreate(Uri, Uri, Uri)

指定したベースおよび相対 Uri のインスタンスを使用して、新しい Uri を作成します。

System_CAPS_protmethodUnescape(String)

互換性のために残されています。 この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 エスケープ シーケンスをエスケープ解除された形式に置換することによって、指定した文字列を変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticUnescapeDataString(String)

文字列をエスケープ解除された表現に変換します。

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticSchemeDelimiter

URI のアドレス部分と通信プロトコル スキームを区切る文字を指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeFile

URI がファイルを指すポインターであることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeFtp

ファイル転送プロトコル (FTP: File Transfer Protocol) 経由で URI にアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeGopher

Gopher プロトコル経由で URI にアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeHttp

HTTP (Hypertext Transfer Protocol) 経由で URI にアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeHttps

HTTPS (Secure Hypertext Transfer Protocol) 経由で URI にアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeMailto

URI が電子メール アドレスであり、SMTP (Simple Mail Transport Protocol) 経由でこの URI にアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeNetPipe

Windows Communication Foundation (WCF) によって使用される NetPipe スキームを通じて URI にアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeNetTcp

Windows Communication Foundation (WCF) によって使用される NetTcp スキームを通じて URI にアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeNews

URI がインターネット ニュース グループであり、この URI へ NNTP (Network News Transport Protocol) 経由でアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticUriSchemeNntp

URI がインターネット ニュース グループであり、この URI へ NNTP (Network News Transport Protocol) 経由でアクセスすることを指定します。 このフィールドは読み取り専用です。

名前説明
System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticEquality(Uri, Uri)

2 つの Uri インスタンスの値が同一かどうかを判断します。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticInequality(Uri, Uri)

2 つの Uri インスタンスの値が同一でないかどうかを判断します。

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

現在のインスタンスをシリアル化するために必要なデータを返します。

URI は、インターネットまたはイントラネット上のアプリケーションを使用可能なリソースの簡潔な表現です。 Uri クラスは、プロパティと解析、比較、および結合を含む Uri を処理するためのメソッドを定義します。 Uri クラスのプロパティは読み取り専用です。 変更可能なオブジェクトを作成する、 UriBuilder クラスです。

相対 Uri (たとえば、"/new/index.htm") は、絶対ようにベース URI に関して拡張する必要があります。 MakeRelative 絶対 Uri を必要な場合に、相対 Uri に変換するメソッドが用意されています。

Uri 文字列がパターンの識別子を含む整形式 URI である場合、コンス トラクターは URI の文字列をエスケープしないしないでください。

Uri プロパティは、Unicode 値を対応する 16 進交換 127 より大きいすべての文字のエスケープ エンコーディングで正規データ形式を返します。 正規の形式に URI を格納する、 Uri コンス トラクターは、次の手順を実行します。

  • URI スキームを小文字に変換します。

  • ホスト名を小文字に変換します。

  • IPv6 アドレスをホスト名には、標準の IPv6 アドレスが使用されます。 < その他の省略可能な IPv6 データが削除されます。

  • 既定値と空のポート番号を削除します。

  • 圧縮のシーケンスから階層構造の uri のパスをなど正規化/./、/./、//などのエスケープ表現。 一部のスキームをエスケープ表現がある注意は圧縮されません。

  • 階層構造の Uri であるスラッシュ (/)、ホストを終了していない場合は、1 つが追加されます。

  • 既定では、URI 内の予約文字は、RFC 2396 に従ってエスケープされます。 この動作の変更、URI のどのケースの予約文字で国際リソース識別子または国際ドメイン名の解析が有効な場合は、RFC 3986 および RFC 3987 エスケープされます。

一部のスキームのコンス トラクターでの正規化の一部として、エスケープ表現が圧縮されます。 URI がエスケープ シーケンスを圧縮設定には、次が含まれます。: ファイル、http、https、net.pipe、および net.tcp です。 その他のスキームは、エスケープ シーケンスは圧縮されません。 例: 2 つのドットをエンコードするパーセント場合".." "% 2E %2e"し、URI としてコンス トラクターは一部のスキームではこのシーケンスを圧縮します。 たとえば、次のコード サンプルは、http スキームの URI のコンス トラクターを示します。


Uri uri = new Uri("http://myUrl/%2E%2E/%2E%2E");
Console.WriteLine(uri.AbsoluteUri);
Console.WriteLine(uri.PathAndQuery);

このコードを実行すると、エスケープ シーケンスには、次の出力の圧縮が返されます。


http://myUrl/
/

次のコード例では、ftp スキームの URI のコンス トラクターを示します。


Uri uri = new Uri("ftp://myUrl/%2E%2E/%2E%2E");
Console.WriteLine(uri.AbsoluteUri);
Console.WriteLine(uri.PathAndQuery);

このコードを実行すると、圧縮されません。 エスケープ シーケンスには、次の出力が返されます。


ftp://myUrl/%2E%2E/%2E%2E
/%2E%2E/%2E%2E

内容を変換する、 Uri クラスを使用して読み取り可能な URI 参照にエスケープでエンコードされた URI 参照から、 ToString メソッドです。 出力でエスケープするいくつかの予約文字の動作が継続なお、 ToString メソッドです。 これは、URI によって返された値からの明確な再構築をサポートする ToStringです。

一部の Uri には、フラグメント id またはクエリが含まれます。 フラグメント識別子はテキストに続くシャープ記号 (#)、シャープ記号; を含まないフラグメントのテキストに格納されます、 Fragment プロパティです。 クエリの情報は、URI に疑問符 (?) に続くテキストです。クエリ テキストが格納されている、 Query プロパティです。

.NET Framework ではバージョン 1.1 では、不明なスキームと"c:\"、Uri クラスのコンス トラクターに指定された文字列が含まれている場合、挿入"//"コロンの後にします。 たとえば、URI xyz:c:\abc に変換 xyz://c:/abcします。 .NET Framework version 2.0 では、この動作が削除されると、文字列の例に変換されます xyz:c:/abcします。

System_CAPS_noteメモ

URI クラスは、両方 10 進表記の IPv4 プロトコルと IPv6 プロトコルのコロン区切り 16 進で IP アドレスの使用をサポートします。 必ず、IPv6 アドレス http://[::1 と同様に、角かっこで囲む] ください。

通常は web アドレスは、非常に制限されている一連の文字で構成される uniform resource identifier を使用して表されます。

  • 大文字と小文字のみ英語のアルファベット文字の ASCII 文字。

  • 0 から 9 の数字。

  • その他の ASCII 記号数が少ない。

Uri の仕様は、RFC 2396、RFC 2732、RFC 3986 およびインターネット技術標準化委員会 (IETF) によって発行された RFC 3987 に記載されています。

インターネットの増加には、英語以外の言語を使用してリソースを識別するために拡大する必要性です。 このニーズを満たすため、非 ASCII 文字 (unicode/iso 10646 文字セットの文字) 使用される識別子は、International Resource Identifier (Iri) と呼ばれます。 RFC 3987 IETF によって公開されるは、あやめの仕様が記載されています。 あやめを使用すると、Unicode 文字への URL ができます。

既存の Uri クラスが .NET Framework v3.5、3.0 SP1 で拡張され、RFC 3987 に基づいて、2.0 SP1 には、IRI をサポートします。 IRI を有効にしない限り、.NET Framework 2.0 の動作から変化はバージョン 4.5 より前に .NET Framework のバージョンのユーザーに表示されません。 これにより、アプリケーション、.NET Framework の以前のバージョンとの互換性。

IRI のサポートを有効にするのには、次の変更が必要です。

  • 国際化ドメイン名 (IDN) 解析ドメイン名に適用するかどうかと、IRI 解析規則を適用する必要があるかどうかを指定します。 これは、machine.config ファイルまたは app.config ファイルで実行できます。 たとえば、次のように追加します。

    <configuration>
      <uri>
      <idn enabled="All" />
      <iriParsing enabled="true" />
      </uri>
    </configuration>
    

.NET Framework 4.5 以降のユーザーは、有効になっている IRI を常にあります。 IRI 解析は変更できません .config ファイルを使用します。

IDN を有効にすると、ドメイン名のすべての Unicode のラベルが、対応する Punycode に変換されます。 Punycode 名は、ASCII 文字のみを常に xn--プレフィックスで始まります。 この理由は、ほとんどの DNS サーバーのみ (RFC 3940 を参照してください) の ASCII 文字をサポートするために、インターネット上に既存の DNS サーバーをサポートするためにです。

値に影響を与える IRI および IDN を有効にすると、 Uri.DnsSafeHost プロパティです。 IRI および IDN を有効にすることができますの動作を変更も、 Equals, 、OriginalString, 、GetComponents, 、および IsWellFormedOriginalString メソッドです。

使用する DNS サーバーによって、IDN 可能な値は次の 3 つがあります。

  • idn を有効になっている = All

    この値は、任意の Unicode ドメイン名を Punycode 対応 (IDN 名) に変換されます。

  • idn を有効になっている AllExceptIntranet =

    この値は、Punycode 形式 (IDN 名) を使用するローカルのイントラネットではなく、すべての Unicode ドメイン名に変換されます。 ここでローカル イントラネットで国際名を処理するためのイントラネットで使用される DNS サーバーは、Unicode 名前解決をサポートする必要があります。

  • idn を有効になっている = なし

    この値には、Punycode を使用する Unicode ドメイン名は変換されません。 これは、.NET Framework 2.0 の動作と整合する既定値です。

IRI 解析が有効な場合 (有効になっている iriParsing = true) RFC 3986 および RFC 3987 の最新の IRI 規則に従って正規化と文字のチェックが行われます。 IRI 解析を無効にすると、正規化と文字のチェックが (IPv6 リテラル) の RFC 2396 および RFC 2732 に従って実行します。 既定値は、バージョン 4.5 より前に .NET Framework のバージョンは、 falseです。 既定値は、.NET framework 4.5 以降のバージョン、 true, 、.config ファイルの設定によって、IRI 解析の有効状態を変更できません。

IRI および IDN の処理、 Uri を使用してクラスを制御することも、 System.Configuration.IriParsingElement, 、System.Configuration.IdnElement, 、および System.Configuration.UriSection 構成設定のクラスです。 System.Configuration.IriParsingElement 設定を有効または IRI で処理を無効になります、 Uri クラスです。 System.Configuration.IdnElement 設定を有効または IDN の処理を無効化、 Uri クラスです。 System.Configuration.IriParsingElement も直接設定されていない IDN を制御します。 IDN を可能にする処理に IRI 処理を有効にする必要があります。 IRI 処理が無効になっている場合、IDN 処理は既定の設定が .NET Framework 2.0 の動作は、互換性のために使用されており、IDN 名を使用しないに設定されます。

構成の設定、 System.Configuration.IriParsingElementSystem.Configuration.IdnElement 読み込むことが 1 回と最初の System.Uri クラスを構築します。 その後の構成設定の変更は無視されます。

System.GenericUriParser クラスはまた IRI および IDN をサポートするカスタマイズ可能なパーサーの作成を許可するように拡張されました。 動作、 System.GenericUriParser で使用できる値のビットごとの組み合わせを渡すことによってオブジェクトが指定されている、 System.GenericUriParserOptions 列挙体を System.GenericUriParser コンス トラクターです。 GenericUriParserOptions.IriParsing 型では、パーサーは、国際リソース識別子 (IRI) の RFC 3987 で指定された解析規則をサポートしていることを示します。 IRI を使用するかどうかは、既に説明した構成値によって決まります。

GenericUriParserOptions.Idn 型では、パーサーは、国際化ドメイン名 (IDN) ホスト名 (IDN) 解析をサポートしていることを示します。 IDN を使用するかどうかは、既に説明した構成値によって決まります。

アプリケーションを初期化するために Uri を含む Web.config ファイルを使用する場合は、そのスキーム識別子が標準でない場合は、Uri を処理する余分な時間が必要です。 このような場合は、開始時ではなく、Uri が必要なときに、アプリケーションの影響を受ける部分を初期化します。

呼び出し時の注意:

セキュリティの問題があるため、アプリケーションで使用注意を受け入れるときに Uri インスタンスと信頼されていないソースから dontEscape 設定 trueします。URI 文字列の有効性を確認するには呼び出すことによって、 IsWellFormedOriginalString メソッドです。

次の例のインスタンスを作成する、 Uri クラス オブジェクトの作成を使用して、 WebRequest インスタンス。

Uri siteUri = new Uri("http://www.contoso.com/");

WebRequest wr = WebRequest.Create(siteUri);

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: