このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Type.IsAutoLayout プロパティ

Type に、クラスのレイアウト属性として AutoLayout が選択されているかどうかを示す値を取得します。

名前空間: System
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)

public bool IsAutoLayout { get; }
/** @property */
public final boolean get_IsAutoLayout ()

public final function get IsAutoLayout () : boolean

適用できません。

プロパティ値

Type に、クラスのレイアウト属性として AutoLayout が選択されている場合は true。それ以外の場合は false

LayoutMask は、クラスのレイアウト属性を選択するために使用します。クラス レイアウト属性 (AutoLayoutSequentialLayout、および ExplicitLayout) は、クラス インスタンスのフィールドのメモリ上でのレイアウトを定義します。

AutoLayout 属性を使用すると、クラスのオブジェクトに最適なレイアウト方法をランタイム エンジンで決定できるようになります。AutoLayout 属性でクラスをマークすると、そのクラスにとって適切なレイアウトがローダーによって選択され、指定されているその他のレイアウト情報は無視されます。

現在の Type が構築ジェネリック型を表している場合、このプロパティは型が構築される元になったジェネリック型定義に適用されます。たとえば、現在の TypeMyGenericType<int> (Visual Basic の場合は MyGenericType(Of Integer)) を表す場合、このプロパティの値は MyGenericType<T>. によって決まります。

現在の Type がジェネリック型またはジェネリック メソッドの定義の型パラメータを表している場合、このプロパティは常に false を返します。

型のインスタンスを作成し、IsAutoLayout プロパティを表示する例を次に示します。

using System;
using System.Runtime.InteropServices;

// The Demo class is attributed as AutoLayout.
[StructLayoutAttribute(LayoutKind.Auto)]
public class Demo
{
}

public class Example
{
    public static void Main()
    {
        // Create an instance of the Type class using the GetType method.
        Type  myType=typeof(Demo);
        // Get and display the IsAutoLayout property of the 
        // Demoinstance.
        Console.WriteLine("\nThe AutoLayout property for the Demo class is {0}.",
            myType.IsAutoLayout); 
    }
}

import System.*;
import System.Reflection.*;
import System.ComponentModel.*;
import System.Runtime.InteropServices.*;

// The MyDemoAttribute class is selected as AutoLayout.
/** @attribute StructLayoutAttribute(LayoutKind.Auto)
 */
public class MyDemoAttribute
{
} //MyDemoAttribute

public class MyTypeClass
{
    public static void main(String[] args)
    {
        MyAutoLayoutMethod("MyDemoAttribute");
    } //main

    public static void MyAutoLayoutMethod(String typeName)
    {
        try {
            // Create an instance of the Type class using the GetType method.
            Type myType = Type.GetType(typeName);
            // Get and display the IsAutoLayout property of the 
            // MyDemoAttribute instance.
            Console.WriteLine("\nThe AutoLayout property for the" 
                + " MyDemoAttribute is {0}.", System.Convert.ToString(myType.
                get_IsAutoLayout()));
        }
        catch (System.Exception e) {
            Console.WriteLine("\nAn exception occurred: {0}.", e.get_Message());
        }
    } //MyAutoLayoutMethod
} //MyTypeClass

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0,1.0

XNA Framework

サポート対象 : 1.0
表示: