MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Type.IsAutoLayout プロパティ

2013/12/12

Type に、クラスのレイアウト属性として AutoLayout が選択されているかどうかを示す値を取得します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public bool IsAutoLayout { get; }

プロパティ値

型: System.Boolean
Type に、クラスのレイアウト属性として AutoLayout が選択されている場合は true。それ以外の場合は false

LayoutMask は、クラスのレイアウト属性を選択するために使用します。クラス レイアウト属性 (AutoLayoutSequentialLayout、および ExplicitLayout) は、クラス インスタンスのフィールドのメモリ上でのレイアウトを定義します。

AutoLayout 属性を使用すると、クラスのオブジェクトに最適なレイアウト方法をランタイム エンジンで決定できるようになります。AutoLayout 属性でクラスをマークすると、そのクラスにとって適切なレイアウトがローダーによって選択され、指定されているその他のレイアウト情報は無視されます。

現在の Type が構築ジェネリック型を表している場合、このプロパティは型が構築される元になったジェネリック型定義に適用されます。たとえば、現在の TypeMyGenericType<int> (Visual Basic の場合は MyGenericType(Of Integer)) を表す場合、このプロパティの値は MyGenericType<T>. によって決まります。

現在の Type がジェネリック型またはジェネリック メソッドの定義の型パラメーターを表している場合、このプロパティは常に false を返します。

型のインスタンスを作成し、IsAutoLayout プロパティを表示する例を次に示します。

メモメモ:

この例を実行するには、「Windows Phone での静的 TextBlock コントロールのあるコード例のビルド」を参照してください。


using System;
using System.Runtime.InteropServices;

// The Demo class is attributed as AutoLayout.
[StructLayoutAttribute(LayoutKind.Auto)]
public class Demo
{
}

public class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      // Create an instance of the Type class using the GetType method.
      Type myType = typeof(Demo);
      // Get and display the IsAutoLayout property of the 
      // Demoinstance.
      outputBlock.Text += String.Format("\nThe AutoLayout property for the Demo class is {0}.",
          myType.IsAutoLayout) + "\n";
   }
}


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2016 Microsoft