この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Type.BaseType プロパティ

現在の Type の直接の継承元である型を取得します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public abstract Type BaseType { get; }

プロパティ値

型: System.Type
現在の Type の直接の継承元の Type。現在の TypeObject クラスまたはインターフェイスを表す場合は null

実装

_Type.BaseType

基本型は、現在の型の直接の継承元である型です。 Object は、基本型を持たない唯一の型です。したがって nullObject の基本型として返されます。

インターフェイスは 0 以上の基本インターフェイスから継承します。したがって、Type オブジェクトがインターフェイスを表す場合、このプロパティは null を返します。 基本インターフェイスは、GetInterfaces または FindInterfaces を使用して判断できます。

現在の Type が構築ジェネリック型を表している場合、基本型は汎用引数をリフレクションします。 たとえば、次の宣言について考えてみます。


class B<U> { }
class C<T> : B<T> { }


構築型 C<int> (Visual Basic の場合は C(Of Integer)) の場合、BaseType プロパティは B<int> を返します。

現在の Type がジェネリック型定義の型パラメーターを表している場合、BaseType はクラス制約、つまり、型パラメーターが継承する必要のあるクラスを返します。 クラス制約がない場合、BaseTypeSystem.Object を返します。

このプロパティは読み取り専用です。

BaseType プロパティを使用する例を次に示します。


using System;
class TestType 
{
    public static void Main() 
    {
        Type t = typeof(int);
        Console.WriteLine("{0} inherits from {1}.", t,t.BaseType);
    }
}


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

サポート対象:

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: