この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Timers 名前空間

 

公開日: 2016年10月

System.Timers 名前空間には、 Timer コンポーネントで、指定した間隔でイベントが発生することができます。

クラス説明
System_CAPS_pubclassElapsedEventArgs

Timer.Elapsed イベントのデータを提供します。

System_CAPS_pubclassTimer

一定の間隔の経過後にイベントを生成します。オプションとして、反復イベントを生成することもできます。

この型の .NET Framework ソース コードを参照するには、参照ソースをご覧ください。

System_CAPS_pubclassTimersDescriptionAttribute

イベント、エクステンダーは、またはプロパティを参照するときに、ビジュアル デザイナーを表示できる説明を設定します。

デリゲート説明
System_CAPS_pubdelegateElapsedEventHandler

ElapsedSystem.Timers.Timer イベントを処理するメソッドを表します。

Timer コンポーネントは、定期的な間隔を指定することができますサーバー ベースのタイマー、 Elapsed イベントは、アプリケーションで発生します。 通常の処理を提供するには、このイベントを行うことができます。 たとえば、する必要がある重要なサーバー 24 時間、日、週 7 日間を実行します。 使用するサービスを作成することが、 Timer を定期的にサーバーを確認して、システムが稼働していることを確認します。 システムが応答していない場合、サービスが、サーバーを再起動するか、または、管理者に通知をしようとします。

サーバー ベース Timer はマルチ スレッド環境でのワーカー スレッドで使用するために設計されています。 サーバー タイマー スレッド間で移動を処理した Elapsed 時間にイベントを発生させるのにはより正確に生じるイベントです。

トップに戻る
表示: