このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ThreadStart デリゲート

Thread で実行するメソッドを表します。

名前空間: System.Threading
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)] 
public delegate void ThreadStart ()
/** @delegate */
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */ 
public delegate void ThreadStart ()
適用できません。

マネージ スレッドを作成すると、そのスレッドで実行するメソッドが、Thread コンストラクタに渡される ThreadStart デリゲートまたは ParameterizedThreadStart デリゲートで表されます。スレッドは System.Threading.Thread.Start メソッドが呼び出されるまで実行を開始しません。実行は、ThreadStart または ParameterizedThreadStart デリゲートで表されるメソッドの最初の行から開始されます。

メモメモ :

Visual Basic および C# のユーザーは、スレッドを作成するときに ThreadStart または ParameterizedThreadStart デリゲート コンストラクタを省略できます。Visual Basic では、メソッドを Thread コンストラクタに渡すときに、Dim t As New Thread(AddressOf ThreadProc) のように AddressOf 演算子を使用します。C# では、単純にスレッド プロシージャの名前を指定します。コンパイラにより、適切なデリゲート コンストラクタが選択されます。

メモメモ :

.NET Framework Version 2.0 では、C++ で静的メソッドの ThreadStart デリゲートを作成するときに必要なパラメータは 1 つだけであり、クラス名で修飾されたコールバック メソッドのアドレスです。旧バージョンでは、静的メソッドのデリゲートを作成するときに、0 (null) およびメソッド アドレスの 2 つのパラメータが必要でした。インスタンス メソッドの場合は、すべてのバージョンでインスタンス変数とメソッド アドレスの 2 つのパラメータが必要です。

インスタンス メソッドおよび静的メソッドで ThreadStart デリゲートを作成および使用するための構文のコード例を次に示します。

ThreadStart デリゲートを作成する方法の別の単純な例については、Thread.Start メソッドのオーバーロードに関するトピックを参照してください。スレッド作成の詳細については、「スレッドを作成し、開始時にデータを渡す」を参照してください。

using System;
using System.Threading;

class Test
{
    static void Main() 
    {
        // To start a thread using a static thread procedure, use the
        // class name and method name when you create the ThreadStart
        // delegate. Beginning in version 2.0 of the .NET Framework,
        // it is not necessary to create a delegate explicityly. 
        // Specify the name of the method in the Thread constructor, 
        // and the compiler selects the correct delegate. For example:
        //
        // Thread newThread = new Thread(Work.DoWork);
        //
        ThreadStart threadDelegate = new ThreadStart(Work.DoWork);
        Thread newThread = new Thread(threadDelegate);
        newThread.Start();

        // To start a thread using an instance method for the thread 
        // procedure, use the instance variable and method name when 
        // you create the ThreadStart delegate. Beginning in version
        // 2.0 of the .NET Framework, the explicit delegate is not
        // required.
        //
        Work w = new Work();
        w.Data = 42;
        threadDelegate = new ThreadStart(w.DoMoreWork);
        newThread = new Thread(threadDelegate);
        newThread.Start();
    }
}

class Work 
{
    public static void DoWork() 
    {
        Console.WriteLine("Static thread procedure."); 
    }
    public int Data;
    public void DoMoreWork() 
    {
        Console.WriteLine("Instance thread procedure. Data={0}", Data); 
    }
}

/* This code example produces the following output (the order 
   of the lines might vary):
Static thread procedure.
Instance thread procedure. Data=42
 */

import System.*;
import System.Threading.*;
import System.Threading.Thread;

class Test
{
    public static void main(String[] args)
    {
        ThreadStart threadDelegate = new ThreadStart(Work.DoWork);
        Thread newThread = new Thread(threadDelegate);
        newThread.Start();
    } //main
} //Test

class Work
{
    public static void DoWork()
    {
    } //DoWork
} //Work

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0,1.0

XNA Framework

サポート対象 : 1.0
表示: