このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

SynchronizationContext クラス

更新 : 2007 年 11 月

同期コンテキストをさまざまな同期モデルに反映させるための基本機能を提供します。

名前空間 :  System.Threading
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.InheritanceDemand, Flags = SecurityPermissionFlag.NoFlags|SecurityPermissionFlag.ControlEvidence|SecurityPermissionFlag.ControlPolicy)]
public class SynchronizationContext
/** @attribute SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.InheritanceDemand, Flags = SecurityPermissionFlag.NoFlags|SecurityPermissionFlag.ControlEvidence|SecurityPermissionFlag.ControlPolicy) */
public class SynchronizationContext
public class SynchronizationContext

SynchronizationContext クラスは、同期なしのフリー スレッド コンテキストを提供する基本クラスです。

このクラスで実装する同期モデルの目的は、共通言語ランタイムの非同期または同期の内部操作をさまざまな同期モデルで正しく動作させることです。また、このモデルでは、マネージ アプリケーションがさまざまな同期環境で正しく動作するために満たす必要がある要件の一部を簡略化できます。

同期モデルのプロバイダは、このクラスを拡張し、これらのメソッドを独自に実装できます。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0
表示: