この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Overlapped クラス

Overlapped インスタンスからの情報を NativeOverlapped 構造体に転送するためのメソッドを含む、Win32 OVERLAPPED 構造体のマネージ表現を提供します。

System.Object
  System.Threading.Overlapped

名前空間:  System.Threading
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)]
public class Overlapped

Overlapped 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドOverlapped() Overlapped クラスの新しい空のインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドOverlapped(Int32, Int32, Int32, IAsyncResult) 互換性のために残されています。 ファイル位置、I/O 操作が完了したときに通知されるイベントの 32 ビット整数ハンドル、および操作結果を返すためのインターフェイスを指定して、Overlapped クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドOverlapped(Int32, Int32, IntPtr, IAsyncResult)ファイル位置、I/O 操作が完了したときに通知されるイベントのハンドル、および操作結果を返すためのインターフェイスを指定して、Overlapped クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティAsyncResultI/O 操作に関するステータス情報を提供するオブジェクトを取得または設定します。
パブリック プロパティEventHandle 互換性のために残されています。 I/O 操作が完了したときに通知される同期イベントの 32 ビット整数ハンドルを取得または設定します。
パブリック プロパティEventHandleIntPtrI/O 操作が完了したときに通知される同期イベントのハンドルを取得または設定します。
パブリック プロパティOffsetHigh転送を開始するファイル位置の上位ワードを取得または設定します。 ファイル位置は、ファイルの開始位置からのバイト オフセットです。
パブリック プロパティOffsetLow転送を開始するファイル位置の下位ワードを取得または設定します。 ファイル位置は、ファイルの開始位置からのバイト オフセットです。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーFree Pack メソッドによって割り当てられたネイティブなオーバーラップ構造体に関連付けられているアンマネージ メモリを解放します。
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone 現在の Object の浅いコピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドPack(IOCompletionCallback) 互換性のために残されています。 非同期 I/O 操作が完了したときに呼び出すデリゲートを指定して、現在のインスタンスを NativeOverlapped 構造体にパックします。
パブリック メソッドPack(IOCompletionCallback, Object)非同期 I/O 操作が完了したときに呼び出すデリゲートと、バッファーとして機能するマネージ オブジェクトを指定して、現在のインスタンスを NativeOverlapped 構造体にパックします。
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド静的メンバーUnpack指定したアンマネージ NativeOverlapped 構造体をマネージ Overlapped オブジェクトに展開します。
パブリック メソッドUnsafePack(IOCompletionCallback) 互換性のために残されています。 非同期 I/O 操作が完了したときに呼び出すデリゲートを指定して、現在のインスタンスを NativeOverlapped 構造体にパックします。 コール スタックは反映しません。
パブリック メソッドUnsafePack(IOCompletionCallback, Object)非同期 I/O 操作が完了したときに呼び出すデリゲートと、バッファーとして機能するマネージ オブジェクトを指定して、現在のインスタンスを NativeOverlapped 構造体にパックします。 コール スタックは反映しません。
このページのトップへ

Pack メソッドおよび UnsafePack メソッドは、Overlapped オブジェクトからの情報を、非同期ファイル I/O 用の Win32 API 関数に渡すことができる NativeOverlapped 構造体に転送します。 Unpack メソッドは、NativeOverlapped 構造体からの情報を Overlapped クラスのインスタンスに転送します。

Overlapped オブジェクトのプロパティを変更すると、このオブジェクトに関連付けられている NativeOverlapped 構造体が影響を受けます。その逆も同様です。

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
表示: