この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

CancellationToken.Inequality 演算子 (CancellationToken, CancellationToken)

 

公開日: 2016年11月

2 つの CancellationToken インスタンスが等しくないかどうかを判断します。

名前空間:   System.Threading
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static bool operator !=(
	CancellationToken left,
	CancellationToken right
)

パラメーター

left
Type: System.Threading.CancellationToken

1 つ目のインスタンス。

right
Type: System.Threading.CancellationToken

2 つ目のインスタンス。

戻り値

Type: System.Boolean

インスタンスが等しくない場合は true。それ以外の場合は false

Exception Condition
ObjectDisposedException

関連付けられている CancellationTokenSource は破棄されています。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
4.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
5.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
8.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: