この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.Inequality 演算子 (String, String)

 

公開日: 2016年10月

指定した 2 つの文字列の値が異なるかどうかを判断します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static bool operator !=(
	string a,
	string b
)

パラメーター

a
Type: System.String

比較する最初の文字列または null

b
Type: System.String

比較する 2 番目の文字列または null

戻り値

Type: System.Boolean

a の値が b の値と異なる場合は true。それ以外の場合は false

Inequality メソッドの非等値演算子の動作を定義する、 String クラスです。 例に示すように示すようなコードを使用します。

Inequality 演算子を呼び出して、静的な Equals(String, String) 序数に基づく (大文字小文字の区別とカルチャに依存しない) 比較を実行するメソッドにします。

System_CAPS_noteメモ

   Visual Basic コンパイラでは、呼び出しと非等値演算子が解決しない、 Inequality メソッドです。 非等値演算子がへの呼び出しをラップする代わりに、 Operators.CompareString メソッドです。

次の例では、非等値演算子を示します。

// Example for the String Inequality operator.
using System;

class InequalityOp 
{
    public static void Main() 
    {
        Console.WriteLine( 
            "This example of the String Inequality operator\n" +
            "generates the following output.\n" );

        CompareAndDisplay( "ijkl" );
        CompareAndDisplay( "ABCD" );
        CompareAndDisplay( "abcd" );
    }

    static void CompareAndDisplay( String Comparand )
    {
        String  Lower = "abcd";

        Console.WriteLine( 
            "\"{0}\" != \"{1}\" ?  {2}",
            Lower, Comparand, Lower != Comparand );
    }
}

/*
This example of the String Inequality operator
generates the following output.

"abcd" != "ijkl" ?  True
"abcd" != "ABCD" ?  True
"abcd" != "abcd" ?  False
*/

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: