エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

String.CopyTo メソッド

このインスタンスの指定位置から指定した数の文字を、Unicode 文字の配列内の指定位置へコピーします。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public void CopyTo(
	int sourceIndex,
	char[] destination,
	int destinationIndex,
	int count
)

パラメーター

sourceIndex
型 : System.Int32
コピーする、このインスタンス内の最初の文字のインデックス。
destination
型 : System.Char[]
このインスタンスの文字のコピー先となる Unicode 文字の配列。
destinationIndex
型 : System.Int32
コピー操作を開始する destination のインデックス。
count
型 : System.Int32
destination へコピーされるこのインスタンスの文字の数。

例外条件
ArgumentNullException

destinationnull なので、

ArgumentOutOfRangeException

sourceIndexdestinationIndex、または count が負の値です。

または

sourceIndex は、現在のインスタンス内の位置を識別しません。

または

destinationIndex は、destination 配列内の有効なインデックスを識別しません。

または

count が、startIndex からこのインスタンスの末尾までの部分文字の長さより大きい値です。

または

count が、destinationIndex から destination 配列の末尾までの部分配列の長さより大きい値です。

このメソッドは、このインスタンスの sourceIndex の位置からの destination の文字配列の destinationIndex の位置に count の文字をコピーします。 このメソッドは destination の文字配列のサイズはありません; これがコピーされた文字を含む要素の完全な数がメソッドは ArgumentOutOfRangeExceptionをスローします。

sourceIndexdestinationIndex が 0 から始まっています。

CopyTo メソッドの例を次に示します。


using System;

public class CopyToTest {
    public static void Main() {

        // Embed an array of characters in a string
        string strSource = "changed";
    char [] destination = { 'T', 'h', 'e', ' ', 'i', 'n', 'i', 't', 'i', 'a', 'l', ' ',
                'a', 'r', 'r', 'a', 'y' };

        // Print the char array
        Console.WriteLine( destination );

        // Embed the source string in the destination string
        strSource.CopyTo ( 0, destination, 4, strSource.Length );

        // Print the resulting array
        Console.WriteLine( destination );

        strSource = "A different string";

        // Embed only a section of the source string in the destination
        strSource.CopyTo ( 2, destination, 3, 9 );

        // Print the resulting array
        Console.WriteLine( destination );
    }
}
// The example displays the following output:
//       The initial array
//       The changed array
//       Thedifferentarray


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft