この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.CopyTo メソッド (Int32, Char[], Int32, Int32)

 

このインスタンスの指定位置から指定した数の文字を、Unicode 文字の配列内の指定位置へコピーします。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public void CopyTo(
	int sourceIndex,
	char[] destination,
	int destinationIndex,
	int count
)

パラメーター

sourceIndex
Type: System.Int32

コピーする、このインスタンス内の最初の文字のインデックス。

destination
Type: System.Char[]

このインスタンスの文字のコピー先となる Unicode 文字の配列。

destinationIndex
Type: System.Int32

コピー操作を開始する destination のインデックス。

count
Type: System.Int32

destination へコピーされるこのインスタンスの文字の数。

Exception Condition
ArgumentNullException

destinationnull です。

ArgumentOutOfRangeException

sourceIndexdestinationIndex、または count が負の値です。

-または-

sourceIndex が現在のインスタンス内の位置を識別していません。

-または-

destinationIndex が、destination 配列内の有効なインデックスを識別していません。

-または-

count は、このインスタンスの startIndex から末尾までの部分文字列の長さを超えています。

または

count は、destination 配列の destinationIndex から末尾までの部分配列の長さを超えています。

このメソッドは、コピーcountの文字、sourceIndexとこのインスタンスの位置、destinationIndex位置destination文字配列。 このメソッドがサイズ変更されない、destination文字配列にコピーされた文字を対応する要素のための十分な数である; またはがスローされます、ArgumentOutOfRangeExceptionです。

sourceIndex destinationIndexは 0 から始まります。

次の例で、CopyToメソッドです。

using System;

public class CopyToTest {
    public static void Main() {

        // Embed an array of characters in a string
        string strSource = "changed";
    char [] destination = { 'T', 'h', 'e', ' ', 'i', 'n', 'i', 't', 'i', 'a', 'l', ' ',
                'a', 'r', 'r', 'a', 'y' };

        // Print the char array
        Console.WriteLine( destination );

        // Embed the source string in the destination string
        strSource.CopyTo ( 0, destination, 4, strSource.Length );

        // Print the resulting array
        Console.WriteLine( destination );

        strSource = "A different string";

        // Embed only a section of the source string in the destination
        strSource.CopyTo ( 2, destination, 3, 9 );

        // Print the resulting array
        Console.WriteLine( destination );
    }
}
// The example displays the following output:
//       The initial array
//       The changed array
//       Thedifferentarray

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: