情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

String.CopyTo メソッド

2013/12/12

このインスタンスの指定位置から指定した数の文字を、Unicode 文字の配列内の指定位置へコピーします。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public void CopyTo(
	int sourceIndex,
	char[] destination,
	int destinationIndex,
	int count
)

パラメーター

sourceIndex
型: System.Int32
コピーする、このインスタンス内の最初の文字のインデックス。
destination
型: System.Char []
このインスタンスの文字のコピー先となる Unicode 文字の配列。
destinationIndex
型: System.Int32
コピー操作を開始する destination のインデックス。
count
型: System.Int32
destination へコピーされるこのインスタンスの文字の数。

例外条件
ArgumentNullException

destinationnull です。

ArgumentOutOfRangeException

sourceIndexdestinationIndex、または count が負の値です。

または

count が、startIndex からこのインスタンスの末尾までの部分文字の長さより大きい値です。

または

count が、destinationIndex から destination の末尾までの部分配列の長さより大きい値です。

count に指定されている数の文字が、このインスタンスの sourceIndex の位置から destinationdestinationIndex の位置へコピーされました。

sourceIndexdestinationIndex が 0 から始まっています。

CopyTo メソッドのコード例を次に示します。


using System;

public class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {

      // Embed an array of characters in a string
      string strSource = "changed";
      char[] destination = { 'T', 'h', 'e', ' ', 'i', 'n', 'i', 't', 'i', 'a', 'l', ' ',
                'a', 'r', 'r', 'a', 'y' };

      // Print the char array
      outputBlock.Text += destination + "\n";

      // Embed the source string in the destination string
      strSource.CopyTo(0, destination, 4, strSource.Length);

      // Print the resulting array
      outputBlock.Text += destination + "\n";

      strSource = "A different string";

      // Embed only a section of the source string in the destination
      strSource.CopyTo(2, destination, 3, 9);

      // Print the resulting array
      outputBlock.Text += destination + "\n";
   }
}
// The example displays the following output:
//       The initial array
//       The changed array
//       Thedifferentarray


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: