この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

X509Certificate2Collection クラス

 

公開日: 2016年10月

X509Certificate2 オブジェクトのコレクションを表します。 このクラスは継承できません。

名前空間:   System.Security.Cryptography.X509Certificates
アセンブリ:  System (System.dll 内)

System.Object
  System.Collections.CollectionBase
    System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509CertificateCollection
      System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Certificate2Collection

public class X509Certificate2Collection : X509CertificateCollection

名前説明
System_CAPS_pubmethodX509Certificate2Collection()

新しいインスタンスを初期化、 X509Certificate2Collection ことがなく、クラス X509Certificate2 情報。

System_CAPS_pubmethodX509Certificate2Collection(X509Certificate2)

新しいインスタンスを初期化、 X509Certificate2Collection クラスを使用して、 X509Certificate2 オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodX509Certificate2Collection(X509Certificate2[])

新しいインスタンスを初期化、 X509Certificate2Collection クラスの配列を使用して X509Certificate2 オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodX509Certificate2Collection(X509Certificate2Collection)

新しいインスタンスを初期化、 X509Certificate2Collection クラスの指定された証明書のコレクションを使用します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCapacity

CollectionBase に格納できる要素の数を取得または設定します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCount

含まれる要素の数を取得、 CollectionBase インスタンス。 このプロパティはオーバーライドできません。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protpropertyInnerList

取得、 ArrayList 内の要素のリストが含まれる、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyItem[Int32]

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。

System_CAPS_protpropertyList

取得、 IList 内の要素のリストが含まれる、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodAdd(X509Certificate)

X509Certificate を指定された値と共に現在の X509CertificateCollection に追加します。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodAdd(X509Certificate2)

X509Certificate2Collection の末尾にオブジェクトを追加します。

System_CAPS_pubmethodAddRange(X509Certificate[])

X509Certificate の配列の要素を現在の X509CertificateCollection の末尾にコピーします。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodAddRange(X509Certificate2[])

複数の追加 X509Certificate2 を配列内のオブジェクト、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodAddRange(X509Certificate2Collection)

複数の追加 X509Certificate2 内のオブジェクト、 X509Certificate2Collection オブジェクト間 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodAddRange(X509CertificateCollection)

指定された X509CertificateCollection の要素を現在の X509CertificateCollection の末尾にコピーします。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClear()

すべてのオブジェクトを削除、 CollectionBase インスタンス。 このメソッドはオーバーライドできません。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodContains(X509Certificate)

指定した X509Certificate が 現在の X509CertificateCollection に格納されているかどうかを示す値を取得します。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodContains(X509Certificate2)

指定するかどうか、 X509Certificate2Collection オブジェクトには、特定の証明書が含まれています。

System_CAPS_pubmethodCopyTo(X509Certificate[], Int32)

現在の X509CertificateCollectionX509Certificate 値を 1 次元の Array インスタンスの指定したインデックス位置にコピーします。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodExport(X509ContentType)

バイト配列に X.509 証明書の情報をエクスポートします。

System_CAPS_pubmethodExport(X509ContentType, String)

パスワードを使用してバイト配列に X.509 証明書の情報をエクスポートします。

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFind(X509FindType, Object, Boolean)

検索、 X509Certificate2Collection オブジェクトで指定された検索条件を使用して、 X509FindType 列挙型、および findValue オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodGetEnumerator()

反復処理できる列挙子を返します、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

現在の X509CertificateCollection に含まれるすべての値に基づいてハッシュ値をビルドします。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodImport(Byte[])

リングのバイト配列の形式で証明書をインポート、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodImport(Byte[], String, X509KeyStorageFlags)

証明書にアクセスするパスワードが必要なバイト配列の形式での証明書をインポート、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodImport(String)

証明書ファイルをインポート、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodImport(String, String, X509KeyStorageFlags)

パスワードが必要な証明書ファイルをインポート、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodIndexOf(X509Certificate)

現在の X509CertificateCollection 内の指定した X509Certificate のインデックスを返します。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInsert(Int32, X509Certificate)

X509Certificate を現在の X509CertificateCollection 内の指定したインデックス位置に挿入します。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInsert(Int32, X509Certificate2)

オブジェクトを挿入、 X509Certificate2Collection オブジェクトを指定したインデックス位置。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnClear()

内容をクリアするときに、追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnClearComplete()

内容を消去した後に追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnInsert(Int32, Object)

新しい要素を挿入する前に追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnInsertComplete(Int32, Object)

新しい要素を挿入した後、追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnRemove(Int32, Object)

要素を削除するときに、追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnRemoveComplete(Int32, Object)

要素を削除した後、追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnSet(Int32, Object, Object)

値を設定する前に追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnSetComplete(Int32, Object, Object)

値を設定してから追加のカスタム処理を実行、 CollectionBase インスタンス。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnValidate(Object)

値を検証するときは、追加のカスタム処理を実行します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRemove(X509Certificate)

特定の X509Certificate を現在の X509CertificateCollection から削除します。(X509CertificateCollection から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRemove(X509Certificate2)

最初に見つかったからの証明書の削除、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodRemoveAt(Int32)

指定したインデックス位置の要素を削除、 CollectionBase インスタンス。 このメソッドはオーバーライドではありません。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRemoveRange(X509Certificate2[])

複数の削除 X509Certificate2 から、配列内のオブジェクト、 X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodRemoveRange(X509Certificate2Collection)

複数の削除 X509Certificate2 内のオブジェクト、 X509Certificate2Collection オブジェクトから X509Certificate2Collection オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodICollection.CopyTo(Array, Int32)

CollectionBase 全体を、互換性のある 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の指定したインデックスから始まる部分に行います。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Add(Object)

CollectionBase の末尾にオブジェクトを追加します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Contains(Object)

CollectionBase に特定の要素が格納されているかどうかを判断します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.IndexOf(Object)

指定した検索 Object 全体内で最初に見つかった位置の 0 から始まるインデックスを返します CollectionBaseします。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Insert(Int32, Object)

CollectionBase 内の指定したインデックスの位置に要素を挿入します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Remove(Object)

特定のオブジェクトが CollectionBase 内にあるときに、最初に出現したものを削除します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyICollection.IsSynchronized

CollectionBase へのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyICollection.SyncRoot

CollectionBase へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyIList.IsFixedSize

CollectionBase が固定サイズかどうかを示す値を取得します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyIList.IsReadOnly

CollectionBase が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。(CollectionBase から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyIList.Item[Int32]

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。(CollectionBase から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodAsParallel()

オーバーロードされます。クエリの並列化を有効にします。(ParallelEnumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodAsQueryable()

オーバーロードされます。変換、 IEnumerable に、 IQueryableです。(Queryable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodCast<TResult>()

要素をキャスト、 IEnumerable 指定した型にします。(Enumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodOfType<TResult>()

要素をフィルター処理、 IEnumerable 、指定した型に基づいています。(Enumerable によって定義されています。)

When an T:System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Certificate2 store is opened, the result is represented by an T:System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Certificate2Collection object. If you are familiar with the unmanaged Cryptographic API constructs, you can think of an T:System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Certificate2Collection as a memory store of T:System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Certificate2 objects.

The following code example opens the current user's personal certificate store, selects only valid certificates, allows the user to select a certificate, and then writes certificate and certificate chain information to the console. The output depends on the certificate the user selects.

using System;
using System.Security.Cryptography;
using System.Security.Permissions;
using System.IO;
using System.Security.Cryptography.X509Certificates;

class CertSelect
{
    static void Main()
    {
        X509Store store = new X509Store("MY",StoreLocation.CurrentUser);
        store.Open(OpenFlags.ReadOnly | OpenFlags.OpenExistingOnly);

        X509Certificate2Collection collection = (X509Certificate2Collection)store.Certificates;
        X509Certificate2Collection fcollection = (X509Certificate2Collection)collection.Find(X509FindType.FindByTimeValid,DateTime.Now,false);
        X509Certificate2Collection scollection = X509Certificate2UI.SelectFromCollection(fcollection, "Test Certificate Select","Select a certificate from the following list to get information on that certificate",X509SelectionFlag.MultiSelection);
        Console.WriteLine("Number of certificates: {0}{1}",scollection.Count,Environment.NewLine);

        foreach (X509Certificate2 x509 in scollection)
        {
            try
            {
                byte[] rawdata = x509.RawData;
                Console.WriteLine("Content Type: {0}{1}",X509Certificate2.GetCertContentType(rawdata),Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Friendly Name: {0}{1}",x509.FriendlyName,Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Certificate Verified?: {0}{1}",x509.Verify(),Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Simple Name: {0}{1}",x509.GetNameInfo(X509NameType.SimpleName,true),Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Signature Algorithm: {0}{1}",x509.SignatureAlgorithm.FriendlyName,Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Private Key: {0}{1}",x509.PrivateKey.ToXmlString(false),Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Public Key: {0}{1}",x509.PublicKey.Key.ToXmlString(false),Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Certificate Archived?: {0}{1}",x509.Archived,Environment.NewLine);
                Console.WriteLine("Length of Raw Data: {0}{1}",x509.RawData.Length,Environment.NewLine);
                X509Certificate2UI.DisplayCertificate(x509);
                x509.Reset();
            }
            catch (CryptographicException)
            {
                Console.WriteLine("Information could not be written out for this certificate.");
            }
        }
        store.Close();
    }
}

.NET Framework
2.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: