この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

X509Certificate.Import メソッド

 

X509Certificate オブジェクトを設定します。

名前空間:   System.Security.Cryptography.X509Certificates
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

名前説明
System_CAPS_pubmethodImport(Byte[])

バイト配列のデータを使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。

System_CAPS_pubmethodImport(Byte[], SecureString, X509KeyStorageFlags)

バイト配列のデータ、パスワード、およびキー格納フラグを使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。

System_CAPS_pubmethodImport(Byte[], String, X509KeyStorageFlags)

バイト配列のデータ、パスワード、および秘密キーのインポート方法を決定するフラグを使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。

System_CAPS_pubmethodImport(String)

証明書ファイルからの情報を使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。

System_CAPS_pubmethodImport(String, SecureString, X509KeyStorageFlags)

証明書ファイルの情報、パスワード、およびキー格納フラグを指定して、X509Certificate オブジェクトを設定します。

System_CAPS_pubmethodImport(String, String, X509KeyStorageFlags)

証明書ファイルの情報、パスワード、および X509KeyStorageFlags 値を使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。

トップに戻る
表示: