このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

SHA1CryptoServiceProvider クラス

暗号化サービス プロバイダ (CSP: cryptographic service provider) によって提供された実装を使用して、入力データの SHA1 ハッシュ値を計算します。このクラスは継承できません。

名前空間: System.Security.Cryptography
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)] 
public sealed class SHA1CryptoServiceProvider : SHA1
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */ 
public final class SHA1CryptoServiceProvider extends SHA1
ComVisibleAttribute(true) 
public final class SHA1CryptoServiceProvider extends SHA1
適用できません。

SHA1CryptoServiceProvider クラスのハッシュ サイズは 160 ビットです。

dataSHA1 ハッシュ値を計算し、それを result に格納するコード例を次に示します。この例では、定義済みの定数 DATA_SIZE があることを前提にしています。

byte[] data = new byte[DATA_SIZE];

byte[] result; 
 
SHA1 sha = new SHA1CryptoServiceProvider(); 
// This is one implementation of the abstract class SHA1.

result = sha.ComputeHash(data);

ubyte data[] = new ubyte[data_Size];
ubyte result[];
SHA1 sha = new SHA1CryptoServiceProvider();

// This is one implementation of the abstract class SHA1.
result = sha.ComputeHash(data);

System.Object
   System.Security.Cryptography.HashAlgorithm
     System.Security.Cryptography.SHA1
      System.Security.Cryptography.SHA1CryptoServiceProvider

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0
表示: