この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

HashAlgorithm クラス

 

公開日: 2016年10月

暗号ハッシュ アルゴリズムのすべての実装の派生元となる基本クラスを表します。

名前空間:   System.Security.Cryptography
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)


[ComVisibleAttribute(true)]
public abstract class HashAlgorithm : IDisposable, ICryptoTransform

名前説明
System_CAPS_protmethodHashAlgorithm()

HashAlgorithm クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCanReuseTransform

現在の変換を再利用できるかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyCanTransformMultipleBlocks

派生クラスでオーバーライドされると、複数のブロックを変換できるかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyHash

計算されたハッシュ コードの値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyHashSize

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で取得します。

System_CAPS_pubpropertyInputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、入力ブロック サイズを取得します。

System_CAPS_pubpropertyOutputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、出力ブロック サイズを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodClear()

HashAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

System_CAPS_pubmethodComputeHash(Byte[])

指定したバイト配列のハッシュ値を計算します。

System_CAPS_pubmethodComputeHash(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。

System_CAPS_pubmethodComputeHash(Stream)

指定された Stream オブジェクトのハッシュ値を計算します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreate()

ハッシュ アルゴリズムの既定の実装のインスタンスを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreate(String)

ハッシュ アルゴリズムの指定された実装のインスタンスを作成します。

System_CAPS_pubmethodDispose()

HashAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

System_CAPS_protmethodDispose(Boolean)

HashAlgorithm によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodHashCore(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、ハッシュを計算するために、オブジェクトに書き込まれたデータをハッシュ アルゴリズムにルーティングします。

System_CAPS_protmethodHashFinal()

派生クラスでオーバーライドされると、暗号ストリーム オブジェクトによって最後のデータが処理された後に、ハッシュ計算を終了します。

System_CAPS_pubmethodInitialize()

HashAlgorithm クラスの実装を初期化します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTransformBlock(Byte[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

入力バイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算し、入力バイト配列の指定した領域を出力バイト配列の指定した領域にコピーします。

System_CAPS_pubmethodTransformFinalBlock(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。

名前説明
System_CAPS_protfieldHashSizeValue

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で表します。

System_CAPS_protfieldHashValue

計算されたハッシュ コードの値を表します。

System_CAPS_protfieldState

ハッシュ計算の状態を表します。

Hash functions are fundamental to modern cryptography. These functions map binary strings of an arbitrary length to small binary strings of a fixed length, known as hash values. A cryptographic hash function has the property that it is computationally infeasible to find two distinct inputs that hash to the same value. Hash functions are commonly used with digital signatures and for data integrity.

The hash is used as a unique value of fixed size representing a large amount of data. Hashes of two sets of data should match if the corresponding data also matches. Small changes to the data result in large unpredictable changes in the hash.

継承時の注意:

When you inherit from the T:System.Security.Cryptography.HashAlgorithm class, you must override the following members: M:System.Security.Cryptography.HashAlgorithm.HashCore(System.Byte[],System.Int32,System.Int32) and M:System.Security.Cryptography.HashAlgorithm.HashFinal.

The following code example computes the T:System.Security.Cryptography.SHA1CryptoServiceProvider hash for an array. This example assumes that there is a predefined byte array dataArray[]. T:System.Security.Cryptography.SHA1CryptoServiceProvider is a derived class of T:System.Security.Cryptography.HashAlgorithm.

HashAlgorithm sha = new SHA1CryptoServiceProvider();
byte[] result = sha.ComputeHash(dataArray);

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: