この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DSA クラス

 

公開日: 2016年10月

デジタル署名アルゴリズム (DSA) のすべての実装が継承する必要のある抽象基底クラスを表します。

名前空間:   System.Security.Cryptography
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)


[ComVisibleAttribute(true)]
public abstract class DSA : AsymmetricAlgorithm

名前説明
System_CAPS_protmethodDSA()

DSA クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyKeyExchangeAlgorithm

派生クラスでオーバーライドされると、キー交換アルゴリズムの名前を取得します。 それ以外の場合は、NotImplementedException をスローします。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyKeySize

非対称アルゴリズムで使用されるキー モジュラスのサイズをビット単位で取得または設定します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyLegalKeySizes

非対称アルゴリズムでサポートされているキー サイズを取得します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertySignatureAlgorithm

派生クラスで実装された場合、署名アルゴリズムの名前を取得します。 それ以外の場合は、常に NotImplementedException をスローします。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodClear()

AsymmetricAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreate()

非対称アルゴリズムを実行するために使用する既定の暗号オブジェクトを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreate(String)

非対称アルゴリズムを実行するために使用する指定された暗号オブジェクトを作成します。

System_CAPS_pubmethodCreateSignature(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされると作成、 DSA 指定されたデータに署名します。

System_CAPS_pubmethodDispose()

AsymmetricAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

System_CAPS_protmethodDispose(Boolean)

AsymmetricAlgorithm クラスによって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodExportParameters(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、DSAParameters をエクスポートします。

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFromXmlString(String)

再構築、 DSA XML 文字列からオブジェクトです。(AsymmetricAlgorithm.FromXmlString(String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodHashData(Byte[], Int32, Int32, HashAlgorithmName)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイト配列部分のハッシュ値が計算されます。

System_CAPS_protmethodHashData(Stream, HashAlgorithmName)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイナリ ストリームのハッシュ値が計算されます。

System_CAPS_pubmethodImportParameters(DSAParameters)

派生クラスでオーバーライドされると、指定された DSAParameters をインポートします。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSignData(Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイト配列のハッシュ値を計算し、結果のハッシュ値に署名します。

System_CAPS_pubmethodSignData(Byte[], Int32, Int32, HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイト配列の一部分のハッシュ値を計算し、結果のハッシュ値に署名します。

System_CAPS_pubmethodSignData(Stream, HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したストリームのハッシュ値を計算し、結果のハッシュ値に署名します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToXmlString(Boolean)

作成して、現在の XML 文字列形式を返します DSA オブジェクトです。(AsymmetricAlgorithm.ToXmlString(Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodVerifyData(Byte[], Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したデータのハッシュ値を計算し、これを指定した署名と比較することによって、デジタル署名が有効であることを確認します。

System_CAPS_pubmethodVerifyData(Byte[], Int32, Int32, Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、バイト配列の部分のデータのハッシュ値を計算し、これを指定した署名と比較することによって、デジタル署名が有効であることを確認します。

System_CAPS_pubmethodVerifyData(Stream, Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したストリームのハッシュ値を計算し、これを指定した署名と比較することによって、デジタル署名が有効であることを確認します。

System_CAPS_pubmethodVerifySignature(Byte[], Byte[])

派生クラスでオーバーライドされると、以下のことを確認、 DSA 指定されたデータに署名します。

名前説明
System_CAPS_protfieldKeySizeValue

非対称アルゴリズムで使用されるキー モジュラスのサイズをビット単位で表します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

System_CAPS_protfieldLegalKeySizesValue

非対称アルゴリズムでサポートされているキー サイズを指定します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)

You can use the T:System.Security.Cryptography.DSA class and derived classes to create digital signatures that help protect the integrity of your data. The T:System.Security.Cryptography.DSACryptoServiceProvider provides an implementation of this class.

To use a public-key system to digitally sign a message, the sender first applies a hash function to the message to create a message digest. The sender then encrypts the message digest with the sender's private key to create the sender's personal signature. Upon receiving the message and signature, the receiver decrypts the signature using the sender's public key to recover the message digest and hashes the message using the same hash algorithm that the sender used. If the message digest that the receiver computes exactly matches the message digest received from the sender, the receiver can assume that the message was not altered while in transit. Note that a signature can be verified by anyone, because the sender's public key is common knowledge.

Newer asymmetric algorithms are available. Consider using the T:System.Security.Cryptography.RSA class, the T:System.Security.Cryptography.ECDsa class, or the T:System.Security.Cryptography.ECDiffieHellman class instead of the T:System.Security.Cryptography.DSA class. Use T:System.Security.Cryptography.DSA only for compatibility with legacy applications and data.

This algorithm supports key lengths from 512 bits to 1024 bits in increments of 64 bits.

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: