この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

RuntimeTypeHandle 構造体

 

公開日: 2016年11月

内部メタデータ トークンを使用して型を表します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public struct RuntimeTypeHandle : ISerializable

名前説明
System_CAPS_pubpropertyValue

このインスタンスで表される型へのハンドルを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが現在と等しいかどうかを示す RuntimeTypeHandle 構造体。(ValueType.Equals(Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodEquals(RuntimeTypeHandle)

示すかどうか、指定した RuntimeTypeHandle 構造体は値を現在 RuntimeTypeHandle 構造体。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

現在のインスタンスのハッシュ コードを返します。(ValueType.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetModuleHandle()

現在のインスタンスによって表される型を格納しているモジュールへのハンドルを取得します。

System_CAPS_pubmethodGetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

設定、 SerializationInfo 現在のインスタンスによって表される型を逆シリアル化に必要なデータです。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

このインスタンスの完全修飾型名を返します。(ValueType から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticEquality(Object, RuntimeTypeHandle)

A とオブジェクトかどうかを示す RuntimeTypeHandle 構造体が等しい。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticEquality(RuntimeTypeHandle, Object)

示すかどうか、 RuntimeTypeHandle 構造体は、オブジェクトと等しい。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticInequality(Object, RuntimeTypeHandle)

A とオブジェクトかどうかを示す RuntimeTypeHandle 構造体が等しくないです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticInequality(RuntimeTypeHandle, Object)

示すかどうか、 RuntimeTypeHandle 構造体は、オブジェクトと等しい。

次の例では、取得する方法、RuntimeTypeHandle型または型に戻す、ハンドルをオンにする方法と、オブジェクトからです。

using System;
using System.Reflection;

public class MyClass1
{
    private int x=0;
    public int MyMethod()
    {
        return x;
    }
}

public class MyClass2
{
    public static void Main()
    {
        MyClass1 myClass1 = new MyClass1();

        // Get the RuntimeTypeHandle from an object.
        RuntimeTypeHandle myRTHFromObject = Type.GetTypeHandle(myClass1);
        // Get the RuntimeTypeHandle from a type.
        RuntimeTypeHandle myRTHFromType = typeof(MyClass1).TypeHandle;

        Console.WriteLine("\nmyRTHFromObject.Value:  {0}", myRTHFromObject.Value);
        Console.WriteLine("myRTHFromObject.GetType():  {0}", myRTHFromObject.GetType());
        Console.WriteLine("Get the type back from the handle...");
        Console.WriteLine("Type.GetTypeFromHandle(myRTHFromObject):  {0}", 
            Type.GetTypeFromHandle(myRTHFromObject));

        Console.WriteLine("\nmyRTHFromObject.Equals(myRTHFromType):  {0}", 
            myRTHFromObject.Equals(myRTHFromType));

        Console.WriteLine("\nmyRTHFromType.Value:  {0}", myRTHFromType.Value);
        Console.WriteLine("myRTHFromType.GetType():  {0}", myRTHFromType.GetType());
        Console.WriteLine("Get the type back from the handle...");
        Console.WriteLine("Type.GetTypeFromHandle(myRTHFromType):  {0}", 
            Type.GetTypeFromHandle(myRTHFromType));
    }
}

/* This code example produces output similar to the following:

myRTHFromObject.Value:  799464
myRTHFromObject.GetType():  System.RuntimeTypeHandle
Get the type back from the handle...
Type.GetTypeFromHandle(myRTHFromObject):  MyClass1

myRTHFromObject.Equals(myRTHFromType):  True

myRTHFromType.Value:  799464
myRTHFromType.GetType():  System.RuntimeTypeHandle
Get the type back from the handle...
Type.GetTypeFromHandle(myRTHFromType):  MyClass1
 */

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: