この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

JsonReaderWriterFactory クラス

 

公開日: 2016年10月

ストリームまたはバッファーから JSON (JavaScript Object Notation) でエンコードされたデータを読み取り、XML Infoset にマップできる XmlDictionaryReader のインスタンスと、XML Infoset を JSON にマップし、JSON エンコードされたデータをストリームに書き込むことができる XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。

名前空間:   System.Runtime.Serialization.Json
アセンブリ:  System.Runtime.Serialization (System.Runtime.Serialization.dll 内)

System.Object
  System.Runtime.Serialization.Json.JsonReaderWriterFactory

public static class JsonReaderWriterFactory

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonReader(Byte[], Int32, Int32, Encoding, XmlDictionaryReaderQuotas, OnXmlDictionaryReaderClose)

JSON (JavaScript Object Notation) でエンコードされたバッファーを、サイズとオフセットおよび文字エンコーディングを指定して、XML Infoset にマップできる XmlDictionaryReader を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonReader(Byte[], Int32, Int32, XmlDictionaryReaderQuotas)

JSON (JavaScript Object Notation) でエンコードされたバッファーを、サイズおよびオフセットを指定して、XML Infoset にマップできる XmlDictionaryReader を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonReader(Byte[], XmlDictionaryReaderQuotas)

JSON (JavaScript Object Notation) でエンコードされたバッファーを XML Infoset にマップできる XmlDictionaryReader を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonReader(Stream, Encoding, XmlDictionaryReaderQuotas, OnXmlDictionaryReaderClose)

JSON (JavaScript Object Notation) でエンコードされたストリームを、サイズおよびオフセットを指定して、XML Infoset にマップできる XmlDictionaryReader を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonReader(Stream, XmlDictionaryReaderQuotas)

JSON (JavaScript Object Notation) でエンコードされたストリームを XML Infoset にマップできる XmlDictionaryReader を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonWriter(Stream)

JSON でエンコードされたデータをストリームに書き込む XmlDictionaryWriter を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonWriter(Stream, Encoding)

JSON でエンコードされたデータを、文字エンコーディングを指定してストリームに書き込む XmlDictionaryWriter を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonWriter(Stream, Encoding, Boolean)

JSON でエンコードされたデータを、文字エンコーディングを指定してストリームに書き込む XmlDictionaryWriter を作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonWriter(Stream, Encoding, Boolean, Boolean)

作成、 XmlDictionaryWriter に指定した文字のストリームに JSON でエンコードされたデータを書き込みます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateJsonWriter(Stream, Encoding, Boolean, Boolean, String)

作成、 XmlDictionaryWriter に指定した文字のストリームに JSON でエンコードされたデータを書き込みます。

Windows Communication Foundation (WCF) は、JSON データと XML Infoset との間のマッピングを使用して、JSON メッセージを処理します。 通常、このマッピングは表示されません。 ただし、一部の高度なシナリオでは、JSON と XML 間の変換を手動で行う必要がある場合があります。 この場合、JsonReaderWriterFactory クラスを使用して、必要な XML リーダーおよび XML ライターを作成できます。 すべての XML Infoset 要素を JSON にマップできるわけではありません。 マッピング詳細情報:、「方法 : JSON データをシリアル化および逆シリアル化する」を参照してください。

.NET Framework
3.5 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: