この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataContractJsonSerializer クラス

 

公開日: 2016年10月

オブジェクトを JSON (JavaScript Object Notation) にシリアル化し、JSON データをオブジェクトに逆シリアル化します。 このクラスは継承できません。

名前空間:   System.Runtime.Serialization.Json
アセンブリ:  System.Runtime.Serialization (System.Runtime.Serialization.dll 内)

System.Object
  System.Runtime.Serialization.XmlObjectSerializer
    System.Runtime.Serialization.Json.DataContractJsonSerializer

public sealed class DataContractJsonSerializer : XmlObjectSerializer

名前説明
System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, DataContractJsonSerializerSettings)

新しいインスタンスを初期化、 DataContractJsonSerializer 指定の型とシリアライザーの設定のオブジェクトを逆シリアル化または逆シリアル化するクラス。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, IEnumerable<Type>)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトと、オブジェクト グラフ内に存在可能な既知の型のコレクションをシリアル化または逆シリアル化します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, IEnumerable<Type>, Int32, Boolean, IDataContractSurrogate, Boolean)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化します。 このメソッドは、さらに、オブジェクト グラフ内に存在可能な既知の型のリスト、シリアル化または逆シリアル化するグラフ項目の最大数、予期しないデータを無視するかどうかまたは型情報を出力するかどうか、およびカスタム シリアル化のためのサロゲートを指定します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, String)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトを、パラメーターで指定した XML ルート要素を使用してシリアル化または逆シリアル化します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, String, IEnumerable<Type>)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトと、オブジェクト グラフ内に存在可能な既知の型のコレクションを、パラメーターで指定した XML ルート要素を使用してシリアル化または逆シリアル化します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, String, IEnumerable<Type>, Int32, Boolean, IDataContractSurrogate, Boolean)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化します。 このメソッドは、さらに、XML 要素のルート名、オブジェクト グラフ内に存在可能な既知の型のリスト、シリアル化または逆シリアル化するグラフ項目の最大数、予期しないデータを無視するかどうかまたは型情報を出力するかどうか、およびカスタム シリアル化のためのサロゲートを指定します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, XmlDictionaryString)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトを、型 XmlDictionaryString のパラメーターで指定した XML ルート要素を使用してシリアル化または逆シリアル化します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, XmlDictionaryString, IEnumerable<Type>)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトと、オブジェクト グラフ内に存在可能な既知の型のコレクションを、型 XmlDictionaryString のパラメーターで指定した XML ルート要素を使用してシリアル化または逆シリアル化します。

System_CAPS_pubmethodDataContractJsonSerializer(Type, XmlDictionaryString, IEnumerable<Type>, Int32, Boolean, IDataContractSurrogate, Boolean)

DataContractJsonSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定した型のオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化します。 このメソッドは、さらに、XML 要素のルート名、オブジェクト グラフ内に存在可能な既知の型のリスト、シリアル化または逆シリアル化するグラフ項目の最大数、予期しないデータを無視するかどうかまたは型情報を出力するかどうか、およびカスタム シリアル化のためのサロゲートを指定します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyDataContractSurrogate

指定した IDataContractSurrogate インスタンスで現在アクティブなサロゲート型を取得します。 サロゲートは、シリアル化または逆シリアル化プロセスを拡張できます。

System_CAPS_pubpropertyDateTimeFormat

オブジェクト グラフ内の項目の書式を日付と時刻型を取得します。

System_CAPS_pubpropertyEmitTypeInformation

取得または型情報を出力するデータ コントラクト JSON シリアライザーの設定を設定します。

System_CAPS_pubpropertyIgnoreExtensionDataObject

逆シリアル化時に未知のデータを無視するかどうか、およびシリアル化時に IExtensibleDataObject インターフェイスを無視するかどうかを指定する値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyKnownTypes

DataContractJsonSerializer のこのインスタンスを使用してシリアル化されるオブジェクト グラフ内に存在可能な型のコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyMaxItemsInObjectGraph

シリアライザーが 1 回の読み取りまたは書き込みの呼び出しでシリアル化または逆シリアル化するオブジェクト グラフ内の項目の最大数を取得します。

System_CAPS_pubpropertySerializeReadOnlyTypes

取得または読み取る型のみをシリアル化するかどうかを指定する値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyUseSimpleDictionaryFormat

取得または単純に dictionary の形式を使用するかどうかを指定する値を設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIsStartObject(XmlDictionaryReader)

シリアライザーが逆シリアル化できるオブジェクトを表す XML 要素に XmlDictionaryReader が配置されているかどうかを指定する値を取得します。(XmlObjectSerializer.IsStartObject(XmlDictionaryReader) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodIsStartObject(XmlReader)

逆シリアル化できるオブジェクトに XmlReader が配置されているかどうかを決定します。(XmlObjectSerializer.IsStartObject(XmlReader) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodReadObject(Stream)

ドキュメント ストリームを JSON (JavaScript Object Notation) 形式で読み取り、逆シリアル化されたオブジェクトを返します。(XmlObjectSerializer.ReadObject(Stream) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodReadObject(XmlDictionaryReader)

XmlDictionaryReader を使用して、JSON (JavaScript Object Notation) からマップされた XML ドキュメントを読み取り、逆シリアル化されたオブジェクトを返します。(XmlObjectSerializer.ReadObject(XmlDictionaryReader) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodReadObject(XmlDictionaryReader, Boolean)

XmlDictionaryReader を使用して、JSON からマップされた XML ドキュメントを読み取り、逆シリアル化されたオブジェクトを返します。さらに、逆シリアル化を試みる前に、シリアライザーが適切な要素に配置されていることを確認する必要があるかどうかを指定できます。(XmlObjectSerializer.ReadObject(XmlDictionaryReader, Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodReadObject(XmlReader)

XmlReader を使用して、JSON (JavaScript Object Notation) からマップされた XML ドキュメントを読み取り、逆シリアル化されたオブジェクトを返します。(XmlObjectSerializer.ReadObject(XmlReader) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodReadObject(XmlReader, Boolean)

XmlReader を使用して、JSON からマップされた XML ドキュメントを読み取り、逆シリアル化されたオブジェクトを返します。さらに、逆シリアル化を試みる前に、シリアライザーが適切な要素に配置されていることを確認する必要があるかどうかを指定できます。(XmlObjectSerializer.ReadObject(XmlReader, Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodWriteEndObject(XmlDictionaryWriter)

XML の終了要素を、XmlDictionaryWriter を使用して、JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML ドキュメントに書き込みます。(XmlObjectSerializer.WriteEndObject(XmlDictionaryWriter) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteEndObject(XmlWriter)

XML の終了要素を、XmlWriter を使用して、JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML ドキュメントに書き込みます。(XmlObjectSerializer.WriteEndObject(XmlWriter) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteObject(Stream, Object)

指定したオブジェクトを JSON (JavaScript Object Notation) データにシリアル化し、生成された JSON をストリームに書き込みます。(XmlObjectSerializer.WriteObject(Stream, Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteObject(XmlDictionaryWriter, Object)

オブジェクトを JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML にシリアル化します。 XmlDictionaryWriter を使用して、XML の開始要素、コンテンツ、終了要素を含む、すべてのオブジェクト データを書き込みます。(XmlObjectSerializer.WriteObject(XmlDictionaryWriter, Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteObject(XmlWriter, Object)

オブジェクトを JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML にシリアル化します。 XmlWriter を使用して、XML の開始要素、コンテンツ、終了要素を含む、すべてのオブジェクト データを書き込みます。(XmlObjectSerializer.WriteObject(XmlWriter, Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteObjectContent(XmlDictionaryWriter, Object)

XmlDictionaryWriter を使用して、JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML コンテンツを書き込みます。(XmlObjectSerializer.WriteObjectContent(XmlDictionaryWriter, Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteObjectContent(XmlWriter, Object)

XmlWriter を使用して、JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML コンテンツを書き込みます。(XmlObjectSerializer.WriteObjectContent(XmlWriter, Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteStartObject(XmlDictionaryWriter, Object)

XmlDictionaryWriter を使用して、XML の開始要素を書き込み、オブジェクトを、JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML にシリアル化します。(XmlObjectSerializer.WriteStartObject(XmlDictionaryWriter, Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodWriteStartObject(XmlWriter, Object)

XmlWriter を使用して、XML の開始要素を書き込み、オブジェクトを、JSON (JavaScript Object Notation) にマップ可能な XML にシリアル化します。(XmlObjectSerializer.WriteStartObject(XmlWriter, Object) をオーバーライドします。)

Use the T:System.Runtime.Serialization.Json.DataContractJsonSerializer class to serialize instances of a type into a JSON document and to deserialize a JSON document into an instance of a type. For example, you can create a type named Person with properties that contain essential data, such as a name and address. You can then create and manipulate an instance of the Person class and write all of its property values in a JSON document for later retrieval. This JSON document can later be deserialized into the Person class or another class with an equivalent data contract.

If an error occurs during the serialization of an outgoing reply on the server or the reply operation throws an exception for some other reason, it may not get returned to the client as a fault.

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
3.5 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: