この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FormatterServices.GetUninitializedObject メソッド (Type)

 

公開日: 2016年10月

指定したオブジェクトの種類の新しいインスタンスを作成します。

名前空間:   System.Runtime.Serialization
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SecurityCriticalAttribute]
public static object GetUninitializedObject(
	Type type
)

パラメーター

type
Type: System.Type

作成するオブジェクトの型。

戻り値

Type: System.Object

指定した型のゼロで埋められてオブジェクトです。

Exception Condition
ArgumentNullException

type パラメーターが null です。

SecurityException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

0 に、オブジェクトの新しいインスタンスを初期化、コンス トラクターが実行しないため、オブジェクトがそのオブジェクトが有効と見なされる状態を表さない可能性があります。 すぐにすべてのフィールドを設定する必要のあるユーザーと、現在のメソッドを逆シリアル化に使用のみ必要があります。 変更不可の型の空のインスタンスを作成しても無効なため、初期化されていない文字列は作成されません。

System_CAPS_noteメモ

使用することはできません、 GetUninitializedObject から派生した型のインスタンスを作成する方法、 ContextBoundObject クラスです。

SecurityPermission

For providing serialization services. Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.SecurityPermissionFlag.SerializationFormatter, F:System.Security.Permissions.SecurityAction.LinkDemand.

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: