このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

System.Runtime.Serialization 名前空間

2013/12/12

System.Runtime.Serialization 名前空間は、オブジェクトのシリアル化および逆シリアル化に使用できるクラスを格納します。シリアル化とは、別の場所へのストレージまたは伝送のために、オブジェクトまたはオブジェクトのグラフをバイトのリニア シーケンスに変換するプロセスです。逆シリアル化は、格納されている情報を取り込んで、そこからオブジェクトを再び作成するプロセスです。

ISerializable インターフェイスは、クラスが独自のシリアル化動作を制御するための手段を提供します。System.Runtime.Serialization.Formatters 名前空間にあるクラスは、シリアル化されたオブジェクトでカプセル化されたさまざまなデータ型の実際の書式指定を制御します。

特定の形式間でオブジェクトをシリアル化および逆シリアル化するフォーマッタは、System.Runtime.Serialization.Formatters 名前空間にあります。

  クラス説明
パブリック クラスCollectionDataContractAttributeコレクション型に適用される場合、コレクション項目要素のカスタム指定を可能にします。この属性は、DataContractSerializer によって、有効でシリアル化可能なコレクションとして認識されるコレクション型にのみ適用できます。
パブリック クラスContractNamespaceAttributeデータ コントラクトの CLR 名前空間と XML 名前空間を指定します。
パブリック クラスDataContractAttribute型がデータ コントラクトを定義または実装し、DataContractSerializer などのシリアライザーによってシリアル化できるよう指定します。
パブリック クラスDataContractResolverシリアル化および逆シリアル化中に xsi:type 形式との間で動的に型をマップする機構を提供します。
パブリック クラスDataContractSerializer型のインスタンスを、提供されたデータ コントラクトを使用する XML ストリームまたはドキュメントにシリアル化および逆シリアル化します。このクラスは継承できません。
パブリック クラスDataContractSerializerSettingsデータ コントラクトのシリアライザー設定を指定します。
パブリック クラスDataMemberAttribute型のメンバーに適用された場合、メンバーがデータ コントラクトの一部となり、DataContractSerializer によってシリアル化されるよう指定します。
パブリック クラスDateTimeFormat日付/時刻形式のオプションを指定します。
パブリック クラスEnumMemberAttributeフィールドが列挙メンバーとなりシリアル化されるよう指定します。
パブリック クラスIgnoreDataMemberAttribute型のメンバーに適用された場合、メンバーがデータ コントラクトの一部ではなく、シリアル化されないよう指定します。
パブリック クラスInvalidDataContractExceptionDataContractSerializer でシリアル化および逆シリアル化時に無効なデータ コントラクトが発生した場合にスローされる例外。
パブリック クラスKnownTypeAttribute指定された型をシリアル化または逆シリアル化する際に、DataContractSerializer によって認識される型を指定します。
パブリック クラスOnDeserializedAttributeメソッドに適用すると、そのメソッドがオブジェクトの逆シリアル化の直後に呼び出されるよう指定します。
パブリック クラスOnDeserializingAttributeメソッドに適用すると、そのメソッドがオブジェクトの逆シリアル化中に呼び出されるよう指定します。
パブリック クラスOnSerializedAttributeメソッドに適用すると、そのメソッドがオブジェクト グラフのシリアル化後に呼び出されるよう指定します。
パブリック クラスOnSerializingAttributeメソッドに適用すると、そのメソッドがオブジェクトのシリアル化の前に呼び出されるよう指定します。
パブリック クラスSerializationExceptionシリアル化中または逆シリアル化中にエラーが発生するとスローされる例外。
パブリック クラスXmlObjectSerializerオブジェクトを XML ストリームまたはドキュメントとしてシリアル化するために使用される基本クラスを提供します。このクラスは抽象クラスです。

  構造体説明
パブリック構造体StreamingContext指定したシリアル化ストリームの転送元と転送先を記述し、呼び出し元によって定義された追加コンテキストを提供します。

  列挙体説明
パブリック列挙体EmitTypeInformation型情報を生成する頻度を指定します。

表示:
© 2015 Microsoft