この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

UnmanagedType 列挙型

 

公開日: 2016年10月

パラメーターまたはフィールドをアンマネージ コードにマーシャリングする方法を示します。

名前空間:   System.Runtime.InteropServices
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public enum UnmanagedType

メンバー名説明
AnsiBStr

長さを示すプレフィックスを付けた&1; バイトの ANSI 文字列。 このメンバーは String データ型で使用できます。

AsAny

実行時にオブジェクトの型を確認し、その型としてオブジェクトをマーシャリングする動的な型。 このメンバーは、プラットフォーム呼び出しメソッドにのみ有効です。

Bool

4 バイトの Boolean 値 (true != 0、false = 0)。 これは Win32 BOOL 型です。

BStr

長さを示すプリフィックスを付けた&2; バイトの Unicode 文字列。 このメンバー (COM の既定の文字列) は、String データ型で使用できます。

ByValArray

MarshalAsAttribute.Value プロパティを ByValArray に設定した場合、SizeConst フィールドは、配列の要素数を示すように設定する必要があります。 ArraySubType フィールドには、文字列型を区別する必要がある場合に、オプションとして配列要素の UnmanagedType を格納できます。 この UnmanagedType は、要素が構造体にフィールドとして定義されている配列でのみ使用できます。

ByValTStr

構造体に定義されているインライン固定長文字配列で使用します。 ByValTStr で使用する文字型は、格納される構造体に適用する System.Runtime.InteropServices.StructLayoutAttribute 属性の引数 System.Runtime.InteropServices.CharSet によって決定されます。 配列のサイズを示す場合は、常に MarshalAsAttribute.SizeConst フィールドを使用します。

Currency

通貨型。 10 進値を Decimal ではなく、COM 通貨型としてマーシャリングするために、System.Decimal で使用します。

CustomMarshaler

MarshalAsAttribute.MarshalType または MarshalAsAttribute.MarshalTypeRef フィールドと共に使用する場合に、カスタム マーシャラー クラスを指定します。 MarshalAsAttribute.MarshalCookie フィールドは、カスタム マーシャラーに追加の情報を渡すために使用できます。 このメンバーは任意の参照型で使用できます。

Error

I4 または U4 に関連付けられたネイティブな型。この型により、パラメーターはエクスポート先のタイプ ライブラリに HRESULT としてエクスポートされます。

FunctionPtr

C スタイルの関数ポインターとして使用できる整数値。 このメンバーは、Delegate データ型または Delegate から継承した型で使用できます。

HString

Windows ランタイム 文字列。 このメンバーは System.String データ型で使用できます。

I1

1 バイト符号付き整数。 このメンバーを使用すると、Boolean 値を 1 バイトの C スタイル bool (true = 1、false = 0) に変換できます。

I2

2 バイト符号付き整数。

I4

4 バイト符号付き整数。

I8

8 バイト符号付き整数。

IDispatch

COM の IDispatch ポインター (Microsoft Visual Basic 6.0 では Object)。

IInspectable

Windows ランタイム インターフェイス ポインター。 このメンバーは Object データ型で使用できます。

Interface

COM インターフェイス ポインター。 インターフェイスの Guid は、クラス メタデータから取得します。 インターフェイス型を直接指定する場合、またはクラスに適用する場合は既定のインターフェイス型を指定する場合に、このメンバーを使用します。 このメンバーは、Object データ型に適用すると、UnmanagedType.IUnknown と同じ動作を生成します。

IUnknown

COM IUnknown ポインター。 このメンバーは Object データ型で使用できます。

LPArray

C スタイル配列の最初の要素へのポインター。 マネージ コードからアンマネージ コードにマーシャリングする場合、配列長はマネージ配列長によって決定されます。 アンマネージ コードからマネージ コードにマーシャリングする場合、配列の長さは MarshalAsAttribute.SizeConst フィールドと MarshalAsAttribute.SizeParamIndex フィールドによって決まります。文字列の型を区別する必要がある場合は、配列内の要素のアンマネージ型も考慮されます。

LPStr

終端が null の&1; バイトの ANSI 文字列。 このメンバーは、System.String データ型および System.Text.StringBuilder データ型で使用できます。

LPStruct

マネージ書式指定クラスをマーシャリングするときに使用する C スタイル構造体へのポインター。 このメンバーは、プラットフォーム呼び出しメソッドにのみ有効です。

LPTStr

プラットフォームに依存する文字列。Windows 98 では ANSI、Windows NT と Windows XP では Unicode。LPTStr の文字列のエクスポートがサポートされていないため、この値は COM 相互運用ではサポートされず、プラットフォーム呼び出しのみでサポートされます。

LPUTF8Str

UTF-8 でエンコードされた文字列へのポインター。

LPWStr

終端が null の 2 バイトの Unicode 文字列。

R4

4 バイトの浮動小数点数。

R8

8 バイトの浮動小数点数。

SafeArray

SafeArray は、関連付けられた配列データの型、ランク、および境界を格納する自己記述型の配列です。 MarshalAsAttribute.SafeArraySubType フィールドと併せてこのメンバーを使用することによって、既定の要素の型をオーバーライドできます。

Struct

マネージ書式指定クラスと値型をマーシャリングするために使用する VARIANT。

SysInt

プラットフォーム依存、符号付き整数: 32 ビット Windows では 4 バイト、64 ビット Windows では 8 バイト。

SysUInt

プラットフォーム依存、符号なし整数: 32 ビット Windows では 4 バイト、64 ビット Windows では 8 バイト。

TBStr

長さを示すプレフィックスを付けた、プラットフォームに依存する char 文字列。Windows 98 では ANSI、Windows NT では Unicode。 この BSTR に似たメンバーを使用することはほとんどありません。

U1

1 バイト符号なし整数。

U2

2 バイト符号なし整数。

U4

4 バイト符号なし整数。

U8

8 バイト符号なし整数。

VariantBool

2 バイトの OLE 定義 VARIANT_BOOL 型 (true = -1、false = 0)。

VBByRefStr

Visual Basic で、アンマネージ コードの文字列を変更し、結果をマネージ コードに反映できるようにする値。 この値は、プラットフォーム呼び出しでだけサポートされます。

使用して、UnmanagedTypeを持つ列挙体、System.Runtime.InteropServices.MarshalAsAttribute属性を型がアンマネージ コードとの相互運用時にマーシャ リングする方法を指定します。 この列挙を使用して、.NET Framework で使用できるアンマネージ型 (I1、I2、I4、I8、R4、R8、U2、U4、および U8)、型の単純な値と各種のデータを使用してコードにマーシャ リングすることができます。

詳細については、「アンマネージ コードとの相互運用」を参照してください。

次のコード フラグメントでは、マネージ ソース コードの COM コンポーネントによって実装されるアンマネージ インターフェイスを宣言する方法を示します。 System.Runtime.InteropServices.ComImportAttribute属性により、IMyStorageインターフェイスを使用して元に戻す COM によってエクスポートされます。 (COM クライアントは既存の COM コンポーネントを直接使用します。) この例ではMarshalAsAttributeいくつかを指定UnmanagedTypeメンバーは、元の COM インターフェイスで使用される型を表すことができます。

using System;
using System.Runtime.InteropServices;

namespace MyModule
{
	// If you do not have a type library for an interface
	// you can redeclare it using ComImportAttribute.

	// This is how the interface would look in an idl file.

	//[
	//object,
	//uuid("73EB4AF8-BE9C-4b49-B3A4-24F4FF657B26"),
	//dual,	helpstring("IMyStorage Interface"),
	//pointer_default(unique)
	//]
	//interface IMyStorage : IDispatch
	//{
	//	[id(1)]
	//	HRESULT GetItem([in] BSTR bstrName, [out, retval] IDispatch ** ppItem);
	//	[id(2)]
	//	HRESULT GetItems([in] BSTR bstrLocation, [out] SAFEARRAY(VARIANT)* pItems);
	//	[id(3)]
	//	HRESULT GetItemDescriptions([in] BSTR bstrLocation, [out] SAFEARRAY(VARIANT) ** ppItems);
	//	[id(4), propget]
	//	HRESULT get_IsEmpty([out, retval] BOOL * pfEmpty);
	//};

	// This is the managed declaration.

	[ComImport]
	[Guid("73EB4AF8-BE9C-4b49-B3A4-24F4FF657B26")]
	public interface IMyStorage  
	{
		[DispId(1)]
		[return : MarshalAs( UnmanagedType.Interface )]
		Object GetItem( [In, MarshalAs( UnmanagedType.BStr )] String bstrName );

		[DispId(2)]
		void GetItems( [In, MarshalAs( UnmanagedType.BStr )] String bstrLocation, 
			[Out, MarshalAs( UnmanagedType.SafeArray, 
					  SafeArraySubType = VarEnum.VT_VARIANT )] out Object[] Items );


		[DispId(3)]
		void GetItemDescriptions( [In] String bstrLocation, 
			[In, Out, MarshalAs( UnmanagedType.SafeArray )] ref Object[] varDescriptions );

		bool IsEmpty 
		{
			[DispId(4)]
			[return : MarshalAs( UnmanagedType.VariantBool )]
			get;
		}
	}
}

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: