この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

DispIdAttribute クラス

メソッド、フィールド、またはプロパティの COM ディスパッチ ID (DISPID) を指定します。

System.Object
  System.Attribute
    System.Runtime.InteropServices.DispIdAttribute

名前空間:  System.Runtime.InteropServices
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

'宣言
<ComVisibleAttribute(True)> _
<AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Method Or AttributeTargets.Property Or AttributeTargets.Field Or AttributeTargets.Event, Inherited := False)> _
Public NotInheritable Class DispIdAttribute _
	Inherits Attribute

DispIdAttribute 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドDispIdAttribute指定した DISPID を使用して、DispIdAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティTypeId派生クラスに実装されている場合は、この Attribute の一意の識別子を取得します。 (Attribute から継承されます。)
パブリック プロパティValueメンバーの DISPID を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEqualsインフラストラクチャ。 このインスタンスが、指定したオブジェクトに等しいかどうかを示す値を返します。 (Attribute から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode対象のインスタンスのハッシュ コードを返します。 (Attribute から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドIsDefaultAttribute派生クラス内でオーバーライドされたときに、このインスタンスの値が派生クラスの既定値かどうかを示します。 (Attribute から継承されます。)
パブリック メソッドMatch派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。 (Attribute から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone 現在の Object の浅いコピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.GetIDsOfNames名前のセットを対応するディスパッチ識別子のセットにマッピングします。 (Attribute から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.GetTypeInfoオブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。 (Attribute から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.GetTypeInfoCountオブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。 (Attribute から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.Invokeオブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。 (Attribute から継承されます。)
このページのトップへ

この属性は、メソッド、フィールド、またはプロパティに適用できます。

この属性は、記述されるメソッド、フィールド、またはプロパティの DISPID を格納します。 一意の DISPID は、通常、共通言語ランタイムによって割り当てられますが、この属性を使用して特定の DISPID をメソッドに割り当てることができます。 タイプ ライブラリをインポートする場合、この属性は DISPID が割り当てられたすべてのメソッドに適用されます。 これによって、同じメソッドのすべてのマネージ実装は、COM に公開された場合に、同じ DISPID を保持します。

DISPID をクラスのメンバーに明示的に割り当てる方法を次の例に示します。


Imports System.Runtime.InteropServices

Class SampleClass

    Public Sub New()
        'Insert code here.
    End Sub

    <DispIdAttribute(8)> _ 
    Public Sub MyMethod()
        'Insert code here.
    End Sub    

    Public Function MyOtherMethod() As Integer
        'Insert code here.
        Return 0
    End Function

    <DispId(9)> _
    Public MyField As Boolean
End Class


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
表示: