この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ExceptionDispatchInfo クラス

.NET Framework (current version)
 

公開日: 2016年10月

コード中の特定の時点で状態がキャプチャされる例外を表します。

名前空間:   System.Runtime.ExceptionServices
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.Runtime.ExceptionServices.ExceptionDispatchInfo

public sealed class ExceptionDispatchInfo

名前説明
System_CAPS_pubpropertySourceException

現在のインスタンスによって表される例外を取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCapture(Exception)

作成、 ExceptionDispatchInfo をコード内の現在位置に指定された例外を表すオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodThrow()

現在で表される例外をスロー ExceptionDispatchInfo 取り込まれた例外時に保存された状態を復元した後のオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

The T:System.Runtime.ExceptionServices.ExceptionDispatchInfo object stores the stack trace information and Watson information that the exception contains at the point where it is captured. The exception can be thrown at another time and possibly on another thread by calling the M:System.Runtime.ExceptionServices.ExceptionDispatchInfo.Throw method. The exception is thrown as if it had flowed from the point where it was captured to the point where the M:System.Runtime.ExceptionServices.ExceptionDispatchInfo.Throw method is called.

ExceptionDispatchInfo cannot be serialized and is not intended to cross application domain boundaries.

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
4.5 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Windows Phone Silverlight
8.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: