この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Consistency 列挙型

 

公開日: 2016年10月

信頼性のコントラクトを指定します。

名前空間:   System.Runtime.ConstrainedExecution
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
public enum Consistency

メンバー名説明
MayCorruptAppDomain

例外的な状況が発生した場合、共通言語ランタイム (CLR) 保証を行いません状態の一貫性に関して、現在のアプリケーション ドメインでします。

MayCorruptInstance

例外的な状況が発生した場合、メソッドは現在のインスタンスに状態の破損を制限することが保証されます。

MayCorruptProcess

例外的な状況が発生した場合、CLR 保証を行いません状態の一貫性条件には、プロセスが破損している可能性があります。

WillNotCorruptState

例外的な状況が発生した場合、メソッドは状態が破損しないように保証します。

Consistency 列挙体をパラメーターとして使用、 ReliabilityContractAttribute 属性で指定されたメソッドに信頼性の保証を指定します。

次のコード例では、使用、 Consistency 列挙メソッドの制約された実行領域を指定する場合。 このコード例が示されている例の一部は、 ReliabilityContractAttribute コンス トラクターです。

[ReliabilityContract(Consistency.WillNotCorruptState, Cer.Success)]
[MethodImpl(MethodImplOptions.NoInlining)]
void StackDepth2()
{
    try
    {
        consistentLevel2 = false;
        if (depth == 2)
            Thread.Sleep(-1);
        StackDepth3();
    }
    finally
    {
        consistentLevel2 = true;
    }
}

.NET Framework
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: