エクスポート (0) 印刷
すべて展開

AccessedThroughPropertyAttribute クラス

更新 : 2007 年 11 月

属性付きフィールドにアクセスするプロパティの名前を指定します。

名前空間 :  System.Runtime.CompilerServices
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)]
[AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Field)]
public sealed class AccessedThroughPropertyAttribute : Attribute
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */
/** @attribute AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Field) */
public final class AccessedThroughPropertyAttribute extends Attribute
public final class AccessedThroughPropertyAttribute extends Attribute

この属性は、フィールドに適用できます。

この属性はブラウザまたはツールによって使用され、共通言語ランタイムには無視されます。

System.Runtime.CompilerServices のクラスはコンパイラ ライタ専用です。

System.Object
  System.Attribute
    System.Runtime.CompilerServices.AccessedThroughPropertyAttribute

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98, Windows CE, Windows Mobile for Smartphone, Windows Mobile for Pocket PC, Xbox 360

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 3.5、2.0、1.0

XNA Framework

サポート対象 : 2.0、1.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft