この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ResourceManager.MagicNumber フィールド

 

公開日: 2016年10月

リソース ファイルを識別するために使用する番号を保持します。

名前空間:   System.Resources
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static readonly int MagicNumber

フィールドの値

Type: System.Int32

値は、0xBEEFCACE に設定されます。 システム既定のファイル形式の最初の 4 バイトを含むリトル エンディアン形式の 32 ビット符号付き整数 (を参照してください Encoding)。

場合、 MagicNumber が見つかると、それに続くバイトのバージョン番号になります、 ResourceManager ヘッダーの後にこのヘッダーを通過するバイト数をスキップするかを示す番号。 次の番号がのバージョンを示す、 ResourceManager バージョンについては後にヘッダーを作成します。

現在の実装のバージョン番号は、1 つです。 次のバイトは、固定長の文字列の名前を含む、 IResourceReader, 、このファイルを読み取ることができます。

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: