この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

GenericParameterAttributes 列挙体

ジェネリック型またはジェネリック メソッドのジェネリック型パラメーターに関する制約について説明します。

この列挙体には、メンバー値のビットごとの組み合わせを可能にする FlagsAttribute 属性が含まれています。

名前空間:  System.Reflection
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[FlagsAttribute]
public enum GenericParameterAttributes

メンバー名説明
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifNone特別なフラグはありません。
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifVarianceMaskすべての変性フラグの組み合わせを選択します。 この値は、論理 OR を使用して Contravariant フラグと Covariant フラグを組み合わせた結果です。
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifCovariantジェネリック型パラメーターが共変の型パラメーターです。 共変の型パラメーターは、メソッドの結果型、読み取り専用フィールドの型、宣言された基本型、または実装されたインターフェイスとして現れます。
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifContravariantジェネリック型パラメーターが反変の型パラメーターです。 反変の型パラメーターは、メソッドのシグネチャのパラメーター型として現れます。
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifSpecialConstraintMaskすべての特殊な制約フラグの組み合わせを選択します。 この値は、論理 OR を使用して DefaultConstructorConstraint フラグ、ReferenceTypeConstraint フラグ、および NotNullableValueTypeConstraint フラグを組み合わせた結果です。
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifReferenceTypeConstraint型が参照型である場合のみ、その型をジェネリック型パラメーターの代わりに使用できます。
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifNotNullableValueTypeConstraint型が値型で null 許容でない場合のみ、その型をジェネリック型パラメーターの代わりに使用できます。
ms145349.PortableClassLibrary(ja-jp,VS.100).gifDefaultConstructorConstraint型がパラメーターなしのコンストラクターを持つ場合のみ、その型をジェネリック型パラメーターの代わりに使用できます。

GenericParameterAttributes 列挙体のメンバーは、変性グループおよび特殊な制約グループという、2 つのグループに分けられます。 変性フラグの GenericParameterAttributes 値をテストするには、最初に VarianceMask を使用してビットごとの AND 演算を実行します。 結果が None である場合、変性フラグはありません。 同様に、制約フラグのテストには SpecialConstraintMask を使用します。

2 つの型パラメーターを使用して Test というジェネリック型を定義するコード例を次に示します。 2 つ目の型パラメーターでは、基本クラスの制約と参照型の制約が指定されます。 プログラムの実行時に、Type.GenericParameterAttributes プロパティと Type.GetGenericParameterConstraints メソッドを使用して制約がチェックされます。


using System;
using System.Reflection;

// Define a sample interface to use as an interface constraint.
public interface ITest {}

// Define a base type to use as a base class constraint.
public class Base {}

// Define the generic type to examine. The first generic type parameter,
// T, derives from the class Base and implements ITest. This demonstrates
// a base class constraint and an interface constraint. The second generic 
// type parameter, U, must be a reference type (class) and must have a 
// default constructor (new()). This demonstrates special constraints.
//
public class Test<T,U> 
    where T : Base, ITest 
    where U : class, new() {}

// Define a type that derives from Base and implements ITest. This type
// satisfies the constraints on T in class Test.
public class Derived : Base, ITest {}

public class Example
{
    public static void Main()
    {
        // To get the generic type definition, omit the type
        // arguments but retain the comma to indicate the number
        // of type arguments. 
        //
        Type def = typeof(Test<,>);
        Console.WriteLine("\r\nExamining generic type {0}", def);

        // Get the type parameters of the generic type definition,
        // and display them.
        //
        Type[] defparams = def.GetGenericArguments();
        foreach (Type tp in defparams)
        {
            Console.WriteLine("\r\nType parameter: {0}", tp.Name);
            Console.WriteLine("\t{0}", 
                ListGenericParameterAttributes(tp));

            // List the base class and interface constraints. The
            // constraints are returned in no particular order. If 
            // there are no class or interface constraints, an empty
            // array is returned.
            //
            Type[] tpConstraints = tp.GetGenericParameterConstraints();
            foreach (Type tpc in tpConstraints)
            {
                Console.WriteLine("\t{0}", tpc);
            }
        }
    }

    // List the variance and special constraint flags. 
    //
    private static string ListGenericParameterAttributes(Type t)
    {
        string retval;
        GenericParameterAttributes gpa = t.GenericParameterAttributes;
        GenericParameterAttributes variance = gpa & 
            GenericParameterAttributes.VarianceMask;

        // Select the variance flags.
        if (variance == GenericParameterAttributes.None)
            retval = "No variance flag;";
        else
        {
            if ((variance & GenericParameterAttributes.Covariant) != 0)
                retval = "Covariant;";
            else
                retval = "Contravariant;";
        }

        // Select 
        GenericParameterAttributes constraints = gpa & 
            GenericParameterAttributes.SpecialConstraintMask;

        if (constraints == GenericParameterAttributes.None)
            retval += " No special constraints";
        else
        {
            if ((constraints & GenericParameterAttributes.ReferenceTypeConstraint) != 0)
                retval += " ReferenceTypeConstraint";
            if ((constraints & GenericParameterAttributes.NotNullableValueTypeConstraint) != 0)
                retval += " NotNullableValueTypeConstraint";
            if ((constraints & GenericParameterAttributes.DefaultConstructorConstraint) != 0)
                retval += " DefaultConstructorConstraint";
        }

        return retval;
    }
}
/* This example produces the following output:

Examining generic type Test`2[T,U]

Type parameter: T
        No variance flag; no special constraints.
        Base
        ITest

Type parameter: U
        No variance flag; ReferenceTypeConstraint DefaultConstructorConstraint
 */


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

サポート対象:

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: