この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

OpCodes.Ldtoken フィールド

 

公開日: 2016年10月

メタデータ トークンをそのランタイム表現に変換し、評価スタックにプッシュします。

名前空間:   System.Reflection.Emit
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static readonly OpCode Ldtoken

フィールドの値

Type: System.Reflection.Emit.OpCode

次の表に、命令の 16 進数および簡単なリファレンスの概要と共に、Microsoft 中間言語 (MSIL) アセンブリの形式を示します。

形式

アセンブリの形式

説明

D0 < T >

ldtoken token

メタデータ トークンをそのランタイム表現に変換します。

履歴の移行動作を順番には。

  1. 渡されたトークンを変換、 RuntimeHandle 、スタックにプッシュされます。

ldtoken 命令プッシュ、 RuntimeHandle の指定したメタデータ トークン。 A RuntimeHandle できる、 fieldref/fielddef, 、 methodref/methoddef, 、または typeref/typedefです。

呼び出しでスタックにプッシュされた値を使用できます Reflection システム クラス ライブラリのメソッドです。

ランタイム ハンドルのについては、次のクラスを参照してください: RuntimeFieldHandle, 、RuntimeTypeHandle, 、および RuntimeMethodHandleです。

Emit メソッドのオーバー ロードを使用して、 ldtoken オペコード。

  • ILGenerator.Emit (オペコード、MethodInfo)

  • ILGenerator.Emit (オペコード、最後に)

  • ILGenerator.Emit (オペコード、型)

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.1 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: