このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

OpCodes.Ldelem_I1 フィールド

2013/12/12

指定された配列インデックスにある int8 型の要素を、int32 として評価スタックの一番上に読み込みます。

Namespace:  System.Reflection.Emit
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static readonly OpCode Ldelem_I1

命令の 16 進数の形式、MSIL (Microsoft Intermediate Language) アセンブリ形式、および簡単な説明の一覧を次の表に示します。

形式

アセンブリ形式

説明

90

ldelem.i1

index にある int8 型の要素を int32 としてスタックの一番上に読み込みます。

スタックの遷移動作を順番に示すと、次のようになります。

  1. オブジェクト参照 array がスタックにプッシュされます。

  2. インデックス値 index がスタックにプッシュされます。

  3. indexarray がスタックからポップされます。array 内の index の位置に格納された値が検索されます。

  4. 値がスタックにプッシュされます。

ldelem.i1 命令は、インデックス番号が 0 から始まる 1 次元配列 array 内でインデックス index (native int 型) を持つ要素の値を読み込み、スタックの一番上に配置します。配列はオブジェクトであるため、O 型の値によって表されます。

ldelem.i1 の戻り値は int8 です。

4 バイト未満の整数値は、評価スタックに読み込まれるときに、native int ではなく、int32 に拡張されます。

array が null 参照である場合は、NullReferenceException がスローされます。

array が必要な型の要素を保持していない場合は、ArrayTypeMismatchException がスローされます。

index が負の値である場合、または array の上限を超える場合は、IndexOutOfRangeException がスローされます。

ldelem.i1 オペコードを使用できる Emit メソッド オーバーロードを次に示します。

  • ILGenerator.Emit(OpCode)

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

表示:
© 2015 Microsoft