この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

OpCodes.Cpblk フィールド

 

公開日: 2016年10月

ソース アドレスから指定した数のバイトを宛先アドレスにコピーします。

名前空間:   System.Reflection.Emit
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static readonly OpCode Cpblk

フィールドの値

Type: System.Reflection.Emit.OpCode

次の表に、命令の 16 進数および簡単なリファレンスの概要と共に、Microsoft 中間言語 (MSIL) アセンブリの形式を示します。

形式

アセンブリの形式

説明

FE 17

cpblk

データを別の 1 つのメモリ ブロックにコピーします。

履歴の移行動作を順番には。

  1. 送信先アドレスは、スタックにプッシュされます。

  2. 送信元アドレスは、スタックにプッシュされます。

  3. コピーするバイト数は、スタックにプッシュされます。

  4. バイトの数、送信元アドレス、宛先アドレスがスタックからポップされます。指定したバイト数は、発信元アドレスから宛先アドレスにコピーされます。

cpblk 命令された数のコピー (型 unsigned int32) ソース アドレスからのバイトの (型の *, 、native int, 、または &) 送信先のアドレス (型の *, 、native int, 、または &)。 動作 cpblk 元とコピー先の領域が重なっている場合は指定されていません。

cpblk ソースと宛先アドレスの両方をマシンの元のサイズにアラインされることを想定しています。 cpblk 命令のすぐ前に、 unaligned.<prefix> 命令がソースまたは転送先のいずれかに整列がないことを示します。

操作、 cpblk 命令を変更する直前に Volatile または Unaligned命令のプレフィックスします。

NullReferenceException 無効なアドレスが検出された場合にスローされる可能性ができます。

Emit メソッドのオーバー ロードを使用して、 cpblk オペコード。

  • ILGenerator.Emit(OpCode)

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.1 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: