この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ILGenerator クラス

 

公開日: 2016年10月

Microsoft intermediate language (MSIL) 命令を生成します。

名前空間:   System.Reflection.Emit
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.Reflection.Emit.ILGenerator

[ClassInterfaceAttribute(ClassInterfaceType.None)]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class ILGenerator : _ILGenerator

名前説明
System_CAPS_pubpropertyILOffset

によって出力される Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリームの現在のオフセットをバイト単位で取得、 ILGeneratorです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodBeginCatchBlock(Type)

Catch ブロックを開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginExceptFilterBlock()

フィルター処理された例外の例外ブロックを開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginExceptionBlock()

フィルタ リングされていない例外の例外ブロックを開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginFaultBlock()

Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリーム内の例外エラー ブロックを開始します。

System_CAPS_pubmethodBeginFinallyBlock()

開始、finally ブロックでは、Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームします。

System_CAPS_pubmethodBeginScope()

構文のスコープを開始します。

System_CAPS_pubmethodDeclareLocal(Type)

指定した型のローカル変数を宣言します。

System_CAPS_pubmethodDeclareLocal(Type, Boolean)

必要に応じて、変数が参照するオブジェクトを固定の指定した型のローカル変数を宣言します。

System_CAPS_pubmethodDefineLabel()

新しいラベルを宣言します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode)

命令ストリーム、指定された命令を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Byte)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と引数の文字を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, ConstructorInfo)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定したコンス トラクターのメタデータ トークン、指定された命令を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Double)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と数値の引数を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, FieldInfo)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定したフィールドのメタデータ トークン、指定された命令を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Int16)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と数値の引数を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Int32)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と数値の引数を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Int64)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と数値の引数を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Label)

指定された命令を Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリームに配置し、修正を行うときにラベルを付けることをする領域を残します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Label[])

指定された命令を Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリームに配置し、修正を行うときにラベルを付けることをする領域を残します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, LocalBuilder)

指定された命令を中間言語 (MSIL) ストリームの後に指定されたローカル変数のインデックスを配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, MethodInfo)

指定された命令を中間言語 (MSIL) ストリームの後に特定のメソッドのメタデータ トークンを格納します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, SByte)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と引数の文字を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, SignatureHelper)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と署名トークンを配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Single)

Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令ストリームに、指定された命令と数値の引数を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, String)

指定された命令を中間言語 (MSIL) ストリームの後に、指定した文字列のメタデータ トークンを格納します。

System_CAPS_pubmethodEmit(OpCode, Type)

指定した型のメタデータ トークンによって中間言語 (MSIL) ストリームの後に、Microsoft に指定された命令を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmitCall(OpCode, MethodInfo, Type[])

Microsoft intermediate language (MSIL) ストリームに、varargs メソッドを呼び出す call または callvirt 命令を配置します。

System_CAPS_pubmethodEmitCalli(OpCode, CallingConvention, Type, Type[])

配置、 Calli 間接呼び出しのアンマネージ呼び出し規約を指定する Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリームに命令します。

System_CAPS_pubmethodEmitCalli(OpCode, CallingConventions, Type, Type[], Type[])

配置、 Calli 間接呼び出しのマネージ呼び出し規約を指定する Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリームに命令します。

System_CAPS_pubmethodEmitWriteLine(FieldInfo)

Microsoft intermediate language (MSIL) を呼び出すために必要な出力 Console.WriteLine 指定したフィールドです。

System_CAPS_pubmethodEmitWriteLine(LocalBuilder)

指定されたローカル変数で Console.WriteLine を呼び出すのに必要な Microsoft Intermediate Language (MSIL) を生成します。

System_CAPS_pubmethodEmitWriteLine(String)

Microsoft 中間言語 (MSIL) を呼び出す生成 Console.WriteLine 文字列を使用します。

System_CAPS_pubmethodEndExceptionBlock()

例外ブロックを終了します。

System_CAPS_pubmethodEndScope()

構文のスコープを終了します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodMarkLabel(Label)

指定されたラベルの付いた Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリームの現在の位置をマークします。

System_CAPS_pubmethodMarkSequencePoint(ISymbolDocumentWriter, Int32, Int32, Int32, Int32)

Microsoft 中間言語 (MSIL) ストリーム内のシーケンス ポイントをマークします。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodThrowException(Type)

例外をスローする命令を作成します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodUsingNamespace(String)

ローカル変数を評価する際に使用する名前空間を指定し、現在アクティブな構文のスコープを監視します。

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_ILGenerator.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_ILGenerator.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_ILGenerator.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_ILGenerator.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

ILGenerator 動的アセンブリのメソッドやコンス トラクターのメソッド本体を生成するために使用 (によって表される、 MethodBuilderConstructorBuilder クラス) と動的メソッドでスタンドアロン (によって表される、 DynamicMethod クラス)。 取得する、 ILGenerator, を使用して、 ConstructorBuilder.GetILGenerator, 、DynamicMethod.GetILGenerator, 、および MethodBuilder.GetILGenerator メソッドです。

MSIL は、ジャスト イン タイム (JIT) コンパイラへの入力として使用されます。

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: