この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

AssemblyBuilder クラス

 

公開日: 2016年10月

動的アセンブリを定義し、表します。

名前空間:   System.Reflection.Emit
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.Reflection.Assembly
    System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder

[ClassInterfaceAttribute(ClassInterfaceType.None)]
[ComVisibleAttribute(true)]
[HostProtectionAttribute(SecurityAction.LinkDemand, MayLeakOnAbort = true)]
public sealed class AssemblyBuilder : Assembly, _AssemblyBuilder

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCodeBase

AssemblyName オブジェクトの中など、初めに指定されたアセンブリの場所を取得します。(Assembly.CodeBase をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyCustomAttributes

このアセンブリのカスタム属性を含むコレクションを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDefinedTypes

このアセンブリで定義されている型のコレクションを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyEntryPoint

このアセンブリのエントリ ポイントを返します。(Assembly.EntryPoint をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyEscapedCodeBase

コードベースを表す URI を、エスケープ文字も含めて取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyEvidence

このアセンブリの証拠を取得します。(Assembly.Evidence をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyExportedTypes

アセンブリの外側で参照できる、このアセンブリ内で定義されているパブリック型のコレクションを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFullName

現在の動的アセンブリの表示名を取得します。(Assembly.FullName をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyGlobalAssemblyCache

アセンブリがグローバル アセンブリ キャッシュから読み込まれたかどうかを示す値を取得します。(Assembly.GlobalAssemblyCache をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyHostContext

動的アセンブリが作成されるホスト コンテキストを取得します。(Assembly.HostContext をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyImageRuntimeVersion

マニフェストを格納しているファイルに保存される、共通言語ランタイムのバージョンを取得します。(Assembly.ImageRuntimeVersion をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyIsDynamic

現在のアセンブリが動的なアセンブリであることを示す値を取得します。(Assembly.IsDynamic をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyIsFullyTrusted

現在のアセンブリが完全信頼で読み込まれたかどうかを示す値を取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyLocation

シャドウ コピーされたファイルではない場合は、マニフェストを格納している読み込み済みファイルの位置をコードベース形式で取得します。(Assembly.Location をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyManifestModule

アセンブリのマニフェストを格納している現在の AssemblyBuilder のモジュールを取得します。(Assembly.ManifestModule をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyModules

このアセンブリ内のモジュールを含むコレクションを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyPermissionSet

現在の動的アセンブリの許可セットを取得します。(Assembly.PermissionSet をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyReflectionOnly

動的アセンブリがリフレクションのみのコンテキストにあるかどうかを示す値を取得します。(Assembly.ReflectionOnly をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertySecurityRuleSet

共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) によってこのアセンブリに適用されるセキュリティ規則のセットを示す値を取得します。(Assembly.SecurityRuleSet をオーバーライドします。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodAddResourceFile(String, String)

このアセンブリに既存のリソース ファイルを追加します。

System_CAPS_pubmethodAddResourceFile(String, String, ResourceAttributes)

このアセンブリに既存のリソース ファイルを追加します。

System_CAPS_pubmethodCreateInstance(String)

大文字小文字を区別する検索を使用してこのアセンブリから指定された型を検索し、システム アクティベーターを使用してこの型のインスタンスを作成します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCreateInstance(String, Boolean)

オプションの大文字小文字を区別する検索を使用してこのアセンブリから指定された型を検索し、システム アクティベーターを使用してこの型のインスタンスを作成します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCreateInstance(String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[])

オプションの大文字小文字を区別する検索を使用して、このアセンブリから指定された型を検索し、システム アクティベーターを使用してこの型のインスタンスを作成し、指定されたカルチャ設定、引数、バインディング属性、およびアクティベーション属性を設定します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticDefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess)

指定した名前とアクセス権がある動的アセンブリを定義します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticDefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, IEnumerable<CustomAttributeBuilder>)

指定した名前、アクセス権、および属性がある新しいアセンブリを定義します。

System_CAPS_pubmethodDefineDynamicModule(String)

このアセンブリの中に、指定された一時動的モジュールを定義します。

System_CAPS_pubmethodDefineDynamicModule(String, Boolean)

このアセンブリ内に名前付き一時動的モジュールを定義し、シンボル情報を生成する必要があるかどうかを指定します。

System_CAPS_pubmethodDefineDynamicModule(String, String)

指定したファイルに保存される指定された名前を持つ、永続する動的モジュールを定義します。 シンボル情報は生成されません。

System_CAPS_pubmethodDefineDynamicModule(String, String, Boolean)

モジュール名、モジュールの保存先のファイル名、および既定のシンボルのライターを使用してシンボル情報を出力する必要があるかどうかを指定して、永続する動的モジュールを定義します。

System_CAPS_pubmethodDefineResource(String, String, String)

既定のパブリック リソース属性で、このアセンブリのスタンドアロン マネージ リソースを定義します。

System_CAPS_pubmethodDefineResource(String, String, String, ResourceAttributes)

このアセンブリのスタンドアロン マネージ リソースを定義します。 属性には、マネージ リソースを指定できます。

System_CAPS_pubmethodDefineUnmanagedResource(Byte[])

このアセンブリのアンマネージ リソースをバイトの非透過 BLOB として定義します。

System_CAPS_pubmethodDefineUnmanagedResource(String)

リソース ファイルの名前が指定されたこのアセンブリのアンマネージ リソース ファイルを定義します。

System_CAPS_pubmethodDefineVersionInfoResource()

アセンブリの AssemblyName オブジェクトと、アセンブリのカスタム属性に指定された情報を使用して、アンマネージ バージョンの情報リソースを定義します。

System_CAPS_pubmethodDefineVersionInfoResource(String, String, String, String, String)

指定された仕様で、このアセンブリのアンマネージ バージョン情報リソースを定義します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

対象のインスタンスが、指定したオブジェクトに等しいかどうかを示す値を返します。(Assembly.Equals(Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetCustomAttributes(Boolean)

現在の AssemblyBuilder に適用されたカスタム属性をすべて返します。(Assembly.GetCustomAttributes(Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetCustomAttributes(Type, Boolean)

現在適用されているすべてのカスタム属性を返します AssemblyBuilder, 、指定した属性の型から派生したとします。(Assembly.GetCustomAttributes(Type, Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetCustomAttributesData()

現在の AssemblyBuilder に適用されている属性に関する情報を含む CustomAttributeData オブジェクトを返します。(Assembly.GetCustomAttributesData() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetDynamicModule(String)

指定された名前の動的モジュールを返します。

System_CAPS_pubmethodGetExportedTypes()

このアセンブリで定義されているエクスポートされた型を取得します。(Assembly.GetExportedTypes() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetFile(String)

このアセンブリのマニフェストのファイル テーブル内の指定されたファイルの FileStream を取得します。(Assembly.GetFile(String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetFiles()

アセンブリ マニフェストのファイル テーブルのファイルを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetFiles(Boolean)

リソース モジュールを含めるかどうかを指定して、アセンブリ マニフェストのファイル テーブルのファイルを取得します。(Assembly.GetFiles(Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。(Assembly.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetLoadedModules()

このアセンブリの一部であるすべての読み込み済みモジュールを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLoadedModules(Boolean)

このアセンブリの一部であるすべての読み込み済みモジュールを返し、また必要に応じて、リソース モジュールを含めます。(Assembly.GetLoadedModules(Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetManifestResourceInfo(String)

指定されたリソースが永続化された方法に関する情報を返します。(Assembly.GetManifestResourceInfo(String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetManifestResourceNames()

このアセンブリから指定されたマニフェスト リソースを読み込みます。(Assembly.GetManifestResourceNames() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetManifestResourceStream(String)

このアセンブリから、指定されたマニフェスト リソースを読み込みます。(Assembly.GetManifestResourceStream(String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetManifestResourceStream(Type, String)

このアセンブリから、指定された型の名前空間によってスコープが指定されている、指定されたマニフェスト リソースを読み込みます。(Assembly.GetManifestResourceStream(Type, String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetModule(String)

このアセンブリから指定されたモジュールを取得します。(Assembly.GetModule(String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetModules()

このアセンブリの一部であるすべてのモジュールを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetModules(Boolean)

このアセンブリの一部であるすべてのモジュールを取得し、また必要に応じて、リソース モジュールを含めます。(Assembly.GetModules(Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetName()

このアセンブリの AssemblyName を取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetName(Boolean)

現在の動的アセンブリが作成された時に指定した AssemblyName を取得し、指定されたとおりにコード ベースを設定します。(Assembly.GetName(Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化情報と、このアセンブリの再インスタンス化に必要なすべてのデータを取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetReferencedAssemblies()

この AssemblyBuilder で参照されるアセンブリの AssemblyName オブジェクトの不完全なリストを取得します。(Assembly.GetReferencedAssemblies() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetSatelliteAssembly(CultureInfo)

指定されたカルチャ設定のサテライト アセンブリを取得します。(Assembly.GetSatelliteAssembly(CultureInfo) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetSatelliteAssembly(CultureInfo, Version)

指定されたバージョンの、指定されたカルチャ設定のサテライト アセンブリを取得します。(Assembly.GetSatelliteAssembly(CultureInfo, Version) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType(String)

指定した名前の Type オブジェクトを、アセンブリ インスタンスから取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType(String, Boolean)

指定した名前の Type オブジェクトをアセンブリ インスタンスから取得し、型が見つからない場合は、オプションで例外をスローします。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType(String, Boolean, Boolean)

現在の AssemblyBuilder で定義および作成された型から、指定された型を取得します。(Assembly.GetType(String, Boolean, Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetTypes()

このアセンブリで定義されている型を取得します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIsDefined(Type, Boolean)

このメンバーに指定された属性の型の 1 つまたは複数のインスタンスが適用されるかどうかを示す値を返します。(Assembly.IsDefined(Type, Boolean) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodLoadModule(String, Byte[])

生成されたモジュールを含んだ COFF ベースのイメージ、またはリソース ファイルと共に、このアセンブリの内部モジュールを読み込みます。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodLoadModule(String, Byte[], Byte[])

生成されたモジュールを含んだ COFF ベースのイメージ、またはリソース ファイルと共に、このアセンブリの内部モジュールを読み込みます。 モジュールのシンボルを表す生バイトも読み込まれます。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSave(String)

ディスクにこの動的アセンブリを保存します。

System_CAPS_pubmethodSave(String, PortableExecutableKinds, ImageFileMachine)

ディスクにこの動的アセンブリを保存します。その際、アセンブリの実行可能ファイルのコードの性質とターゲット プラットフォームを指定します。

System_CAPS_pubmethodSetCustomAttribute(ConstructorInfo, Byte[])

指定されたカスタム属性 blob を使用して、このアセンブリのカスタム属性を設定します。

System_CAPS_pubmethodSetCustomAttribute(CustomAttributeBuilder)

カスタム属性ビルダーを使用して、このアセンブリのカスタム属性を設定します。

System_CAPS_pubmethodSetEntryPoint(MethodInfo)

コンソール アプリケーションを開発していると仮定した場合、この動的アセンブリのエントリ ポイントを設定します。

System_CAPS_pubmethodSetEntryPoint(MethodInfo, PEFileKinds)

このアセンブリのエントリ ポイントを設定し、ビルド中の移植可能な実行可能 (PE ファイル) の型を定義します。

System_CAPS_pubmethodToString()

アセンブリの完全名を返します。この名前は表示名とも呼ばれます。(Assembly から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubeventModuleResolve

共通言語ランタイム クラス ローダーが、通常の方法で参照をアセンブリの内部モジュールに解決できないときに発生します。(Assembly から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Assembly.GetType()

現在のインスタンスの型を返します。(Assembly から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_AssemblyBuilder.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_AssemblyBuilder.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_AssemblyBuilder.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_AssemblyBuilder.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodGetCustomAttribute(Type)

オーバーロードされます。指定したアセンブリに適用されている指定した型のカスタム属性を取得します。(CustomAttributeExtensions によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodGetCustomAttribute<T>()

オーバーロードされます。指定したアセンブリに適用されている指定した型のカスタム属性を取得します。(CustomAttributeExtensions によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodGetCustomAttributes()

オーバーロードされます。指定したアセンブリに適用されるカスタム属性のコレクションを取得します。(CustomAttributeExtensions によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodGetCustomAttributes(Type)

オーバーロードされます。指定したアセンブリに適用されている、指定した型のカスタム属性のコレクションを取得します。(CustomAttributeExtensions によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodIsDefined(Type)

オーバーロードされます。指定したアセンブリに指定した型のカスタム属性を適用するかどうかを示します。(CustomAttributeExtensions によって定義されています。)

A dynamic assembly is an assembly that is created using the Reflection Emit APIs. The dynamic modules in the assembly are saved when the dynamic assembly is saved using the M:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder.Save(System.String) method. To generate an executable, the M:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder.SetEntryPoint(System.Reflection.MethodInfo) method must be called to identify the method that is the entry point to the assembly. Assemblies are saved as DLLs by default, unless the M:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder.SetEntryPoint(System.Reflection.MethodInfo) method requests the generation of a console application or a Windows-based application.

If a dynamic assembly contains more than one dynamic module, the assembly's manifest file name should match the module's name that is specified as the first argument to the M:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder.DefineDynamicModule(System.String) method.

Some methods on the base T:System.Reflection.Assembly class, such as GetModules and GetLoadedModules, will not work correctly when called from T:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder objects. You can load the defined dynamic assembly and call the methods on the loaded assembly. For example, to ensure that resource modules are included in the returned module list, call GetModules on the loaded T:System.Reflection.Assembly object.

The signing of a dynamic assembly using P:System.Reflection.AssemblyName.KeyPair is not effective until the assembly is saved to disk. So, strong names will not work with transient dynamic assemblies.

To get an T:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder object, use the Overload:System.AppDomain.DefineDynamicAssembly method.

The following are some things to consider when using the T:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder class to create dynamic assemblies.

Reflection emit supports the creation of dynamic modules defined in dynamic assemblies. A dynamic module created in a dynamic assembly can be transient or persistable.

Assemblies can reference types defined in another assembly. A transient dynamic assembly can safely reference types defined in another transient dynamic assembly, a persistable dynamic assembly, or a static assembly. However, the common language runtime does not allow a persistable dynamic module to reference a type defined in a transient dynamic module. This is because when the persisted dynamic module is loaded after being saved to disk, the runtime cannot resolve the references to types defined in the transient dynamic module.

Some scenarios require a dynamic assembly to be created and executed in a remote application domain. Reflection emit does not allow a dynamic assembly to be emitted directly to a remote application domain. The solution is to emit the dynamic assembly in the current application domain, save the emitted dynamic assembly to disk, and then load the dynamic assembly into the remote application domain.

Dynamic assemblies can be created using one of the following access modes:

  • AssemblyBuilderAccess.Run

    The dynamic assembly represented by an T:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder object is transient. The dynamic assembly can only be used to execute the emitted code.

  • AssemblyBuilderAccess.Save

    The dynamic assembly represented by an T:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder object is persistable but cannot be executed until the saved portable executable (PE) file has been loaded from disk.

  • AssemblyBuilderAccess.RunAndSave

    The dynamic assembly represented by an T:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder object is persistable, but can also be executed before and/or after the assembly is saved to disk.

The access mode must be specified by providing the appropriate T:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilderAccess value in the call to the M:System.Reflection.Emit.AssemblyBuilder.DefineDynamicAssembly(System.Reflection.AssemblyName,System.Reflection.Emit.AssemblyBuilderAccess,System.Collections.Generic.IEnumerable{System.Reflection.Emit.CustomAttributeBuilder}) method when the dynamic assembly is defined and cannot be changed later. The runtime uses the access mode of a dynamic assembly to optimize the assembly's internal representation.

The following code example shows how to define a dynamic assembly with one module. The module in the example assembly contains one type, MyDynamicType, which has a private field, a property that gets and sets the private field, constructors that initialize the private field, and a method that multiplies a user-supplied number by the private field value and returns the result.

AssemblyBuilderAccess.RunAndSave is specified when the assembly is created. The assembly code is used immediately, and the assembly is also saved to disk so that it can be examined with Ildasm.exe (IL 逆アセンブラー) or used in another program.

using System;
using System.Reflection;
using System.Reflection.Emit;

class DemoAssemblyBuilder
{
    public static void Main()
    {
        // An assembly consists of one or more modules, each of which
        // contains zero or more types. This code creates a single-module
        // assembly, the most common case. The module contains one type,
        // named "MyDynamicType", that has a private field, a property 
        // that gets and sets the private field, constructors that 
        // initialize the private field, and a method that multiplies 
        // a user-supplied number by the private field value and returns
        // the result. In C# the type might look like this:
        /*
        public class MyDynamicType
        {
            private int m_number;

            public MyDynamicType() : this(42) {}
            public MyDynamicType(int initNumber)
            {
                m_number = initNumber;
            }

            public int Number
            {
                get { return m_number; }
                set { m_number = value; }
            }

            public int MyMethod(int multiplier)
            {
                return m_number * multiplier;
            }
        }
        */

        AssemblyName aName = new AssemblyName("DynamicAssemblyExample");
        AssemblyBuilder ab = 
            AppDomain.CurrentDomain.DefineDynamicAssembly(
                aName, 
                AssemblyBuilderAccess.RunAndSave);

        // For a single-module assembly, the module name is usually
        // the assembly name plus an extension.
        ModuleBuilder mb = 
            ab.DefineDynamicModule(aName.Name, aName.Name + ".dll");

        TypeBuilder tb = mb.DefineType(
            "MyDynamicType", 
             TypeAttributes.Public);

        // Add a private field of type int (Int32).
        FieldBuilder fbNumber = tb.DefineField(
            "m_number", 
            typeof(int), 
            FieldAttributes.Private);

        // Define a constructor that takes an integer argument and 
        // stores it in the private field. 
        Type[] parameterTypes = { typeof(int) };
        ConstructorBuilder ctor1 = tb.DefineConstructor(
            MethodAttributes.Public, 
            CallingConventions.Standard, 
            parameterTypes);

        ILGenerator ctor1IL = ctor1.GetILGenerator();
        // For a constructor, argument zero is a reference to the new
        // instance. Push it on the stack before calling the base
        // class constructor. Specify the default constructor of the 
        // base class (System.Object) by passing an empty array of 
        // types (Type.EmptyTypes) to GetConstructor.
        ctor1IL.Emit(OpCodes.Ldarg_0);
        ctor1IL.Emit(OpCodes.Call, 
            typeof(object).GetConstructor(Type.EmptyTypes));
        // Push the instance on the stack before pushing the argument
        // that is to be assigned to the private field m_number.
        ctor1IL.Emit(OpCodes.Ldarg_0);
        ctor1IL.Emit(OpCodes.Ldarg_1);
        ctor1IL.Emit(OpCodes.Stfld, fbNumber);
        ctor1IL.Emit(OpCodes.Ret);

        // Define a default constructor that supplies a default value
        // for the private field. For parameter types, pass the empty
        // array of types or pass null.
        ConstructorBuilder ctor0 = tb.DefineConstructor(
            MethodAttributes.Public, 
            CallingConventions.Standard, 
            Type.EmptyTypes);

        ILGenerator ctor0IL = ctor0.GetILGenerator();
        // For a constructor, argument zero is a reference to the new
        // instance. Push it on the stack before pushing the default
        // value on the stack, then call constructor ctor1.
        ctor0IL.Emit(OpCodes.Ldarg_0);
        ctor0IL.Emit(OpCodes.Ldc_I4_S, 42);
        ctor0IL.Emit(OpCodes.Call, ctor1);
        ctor0IL.Emit(OpCodes.Ret);

        // Define a property named Number that gets and sets the private 
        // field.
        //
        // The last argument of DefineProperty is null, because the
        // property has no parameters. (If you don't specify null, you must
        // specify an array of Type objects. For a parameterless property,
        // use the built-in array with no elements: Type.EmptyTypes)
        PropertyBuilder pbNumber = tb.DefineProperty(
            "Number", 
            PropertyAttributes.HasDefault, 
            typeof(int), 
            null);

        // The property "set" and property "get" methods require a special
        // set of attributes.
        MethodAttributes getSetAttr = MethodAttributes.Public | 
            MethodAttributes.SpecialName | MethodAttributes.HideBySig;

        // Define the "get" accessor method for Number. The method returns
        // an integer and has no arguments. (Note that null could be 
        // used instead of Types.EmptyTypes)
        MethodBuilder mbNumberGetAccessor = tb.DefineMethod(
            "get_Number", 
            getSetAttr, 
            typeof(int), 
            Type.EmptyTypes);

        ILGenerator numberGetIL = mbNumberGetAccessor.GetILGenerator();
        // For an instance property, argument zero is the instance. Load the 
        // instance, then load the private field and return, leaving the
        // field value on the stack.
        numberGetIL.Emit(OpCodes.Ldarg_0);
        numberGetIL.Emit(OpCodes.Ldfld, fbNumber);
        numberGetIL.Emit(OpCodes.Ret);

        // Define the "set" accessor method for Number, which has no return
        // type and takes one argument of type int (Int32).
        MethodBuilder mbNumberSetAccessor = tb.DefineMethod(
            "set_Number", 
            getSetAttr, 
            null, 
            new Type[] { typeof(int) });

        ILGenerator numberSetIL = mbNumberSetAccessor.GetILGenerator();
        // Load the instance and then the numeric argument, then store the
        // argument in the field.
        numberSetIL.Emit(OpCodes.Ldarg_0);
        numberSetIL.Emit(OpCodes.Ldarg_1);
        numberSetIL.Emit(OpCodes.Stfld, fbNumber);
        numberSetIL.Emit(OpCodes.Ret);

        // Last, map the "get" and "set" accessor methods to the 
        // PropertyBuilder. The property is now complete. 
        pbNumber.SetGetMethod(mbNumberGetAccessor);
        pbNumber.SetSetMethod(mbNumberSetAccessor);

        // Define a method that accepts an integer argument and returns
        // the product of that integer and the private field m_number. This
        // time, the array of parameter types is created on the fly.
        MethodBuilder meth = tb.DefineMethod(
            "MyMethod", 
            MethodAttributes.Public, 
            typeof(int), 
            new Type[] { typeof(int) });

        ILGenerator methIL = meth.GetILGenerator();
        // To retrieve the private instance field, load the instance it
        // belongs to (argument zero). After loading the field, load the 
        // argument one and then multiply. Return from the method with 
        // the return value (the product of the two numbers) on the 
        // execution stack.
        methIL.Emit(OpCodes.Ldarg_0);
        methIL.Emit(OpCodes.Ldfld, fbNumber);
        methIL.Emit(OpCodes.Ldarg_1);
        methIL.Emit(OpCodes.Mul);
        methIL.Emit(OpCodes.Ret);

        // Finish the type.
        Type t = tb.CreateType();

        // The following line saves the single-module assembly. This
        // requires AssemblyBuilderAccess to include Save. You can now
        // type "ildasm MyDynamicAsm.dll" at the command prompt, and 
        // examine the assembly. You can also write a program that has
        // a reference to the assembly, and use the MyDynamicType type.
        // 
        ab.Save(aName.Name + ".dll");

        // Because AssemblyBuilderAccess includes Run, the code can be
        // executed immediately. Start by getting reflection objects for
        // the method and the property.
        MethodInfo mi = t.GetMethod("MyMethod");
        PropertyInfo pi = t.GetProperty("Number");

        // Create an instance of MyDynamicType using the default 
        // constructor. 
        object o1 = Activator.CreateInstance(t);

        // Display the value of the property, then change it to 127 and 
        // display it again. Use null to indicate that the property
        // has no index.
        Console.WriteLine("o1.Number: {0}", pi.GetValue(o1, null));
        pi.SetValue(o1, 127, null);
        Console.WriteLine("o1.Number: {0}", pi.GetValue(o1, null));

        // Call MyMethod, passing 22, and display the return value, 22
        // times 127. Arguments must be passed as an array, even when
        // there is only one.
        object[] arguments = { 22 };
        Console.WriteLine("o1.MyMethod(22): {0}", 
            mi.Invoke(o1, arguments));

        // Create an instance of MyDynamicType using the constructor
        // that specifies m_Number. The constructor is identified by
        // matching the types in the argument array. In this case, 
        // the argument array is created on the fly. Display the 
        // property value.
        object o2 = Activator.CreateInstance(t, 
            new object[] { 5280 });
        Console.WriteLine("o2.Number: {0}", pi.GetValue(o2, null));
    }
}

/* This code produces the following output:

o1.Number: 42
o1.Number: 127
o1.MyMethod(22): 2794
o2.Number: 5280
 */

ReflectionPermission

when invoked late-bound through mechanisms such as M:System.Type.InvokeMember(System.String,System.Reflection.BindingFlags,System.Reflection.Binder,System.Object,System.Object[],System.Reflection.ParameterModifier[],System.Globalization.CultureInfo,System.String[]). Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.ReflectionPermissionFlag.MemberAccess.

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: