情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Object.ToString メソッド

2013/12/12

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual string ToString()

戻り値

型: System.String
現在のオブジェクトを表す文字列。

ToString は、.NET Framework における主要な書式指定メソッドです。表示用にオブジェクトを文字列表現に変換します。(.NET Framework の書式指定のサポートの詳細については、「[0d1364da-5b30-4d42-8e6b-03378343343f]」を参照してください。)

ToString メソッドの既定の実装は、次の例のように、Object の型の完全修飾名を返します。


using System;

public class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      Object obj = new Object();
      outputBlock.Text += obj.ToString();
   }
}
// The example displays the following output:
//      System.Object


Object は .NET Framework のすべての参照型の基本クラスであるため、この動作は ToString メソッドをオーバーライドしない参照型によって継承されます。次に例を示します。この例では、すべての Object メンバーの既定の実装を受け入れる、Object1 という名前のクラスを定義しています。ToString メソッドは、オブジェクトの完全修飾型名を返します。


using System;
using Examples;

namespace Examples
{
   public class Object1
   {
   }
}

public class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      object obj1 = new Object1();
      outputBlock.Text += obj1.ToString();
   }
}
// The example displays the following output:
//   Examples.Object1


通常、型が ToString メソッドをオーバーライドして、オブジェクト インスタンスを表す文字列を返します。たとえば CharInt32String などの基本データ型は、オブジェクトが表す値を文字列として返すために ToString の実装を提供します。次の例では、ToStringメソッドをオーバーライドするクラス (Object2) を定義して、型名と値を返します。


using System;

public class Object2
{
   private object value;

   public Object2(object value)
   {
      this.value = value;
   }

   public override string ToString()
   {
      return base.ToString() + ": " + value.ToString();
   }
}

public class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      Object2 obj2 = new Object2('a');
      outputBlock.Text += obj2.ToString();
   }
}
// The example displays the following output:
//       Object2: a


実装時の注意

独自の型を実装する場合は、それらの型に対応する値を返すように ToString メソッドをオーバーライドする必要があります。ToString よりも書式指定を厳密に制御する必要がある派生クラスには、IFormattable インターフェイスを実装できます。その IFormattable.ToString(String, IFormatProvider) メソッドを使用すると、書式設定を制御する書式指定文字列を定義し、カルチャ固有の書式設定を提供できる IFormatProvider オブジェクトを使用できます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: