このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

Object クラス

.NET Framework クラス階層のすべてのクラスをサポートし、派生クラスに下位レベルのサービスを提供します。 これは、.NET Framework の全クラスの基本クラスであり、型階層のルートです。

System.Object
  すべてのクラス、構造体、列挙型、およびデリゲート。

名前空間:  System
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)]
[ClassInterfaceAttribute(ClassInterfaceType.AutoDual)]
public class Object

Object 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートObject Object クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。
パブリック メソッド静的メンバーSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートEquals(Object, Object)指定した Object インスタンスが等しいかどうかを判断します。
プロテクト メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートFinalize Object がガベージ コレクションにより収集される前に、オブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートGetType現在のインスタンスの Type を取得します。
プロテクト メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートReferenceEquals指定した複数のオブジェクト インスタンスが同一かどうかを判断します。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートXbox 360 によるサポートToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。
このページのトップへ

通常、各言語では、クラスの Object の継承を宣言する必要はありません。継承が暗黙的であるためです。

.NET Framework では、すべてのクラスが Object から派生するため、システム内のオブジェクトは、Object クラスで定義されているすべてのメソッドを使用できます。 派生クラスでは、これらのメソッドのうち、次のメソッドをオーバーライドできます。

  • Equals - オブジェクトを比較します。

  • Finalize - オブジェクトが自動的に収集される前に、クリーンアップ操作を実行します。

  • GetHashCode - ハッシュ テーブルを使用できるようにするため、オブジェクトの値に対応する番号を生成します。

  • ToString - クラスのインスタンスの説明テキスト文字列をユーザーが判読できる形で生成します。

パフォーマンスに関する注意事項

オブジェクトの任意の型を処理する必要のあるクラス (コレクションなど) をデザインする場合、Object クラスのインスタンスを受け入れるクラス メンバーを作成できます。 ただし、型のボックス化およびボックス化解除のプロセスによって、パフォーマンス コストが発生します。 新しいクラスで特定の値型を頻繁に処理することがわかっている場合は、次の 2 つの方法のいずれかを使用することで、ボックス化のコストを最小限に抑えることができます。

  • 1 つ目の方法は、Object 型を受け入れる一般的なメソッドと、クラスで頻繁に処理することが予想される各値型を受け入れる、型固有の一連のメソッド オーバーロードを作成することです。 呼び出し元のパラメーター型を受け入れる型固有のメソッドが存在する場合、ボックス化は発生せず、その型固有のメソッドが呼び出されます。 呼び出し元のパラメーター型に一致するメソッドの引数がない場合には、パラメーターはボックス化され、一般的なメソッドが呼び出されます。

  • もう 1 つの方法は、ジェネリックを使用するようにクラスとそのメソッドをデザインすることです。 クラスのインスタンスを作成し、ジェネリック型の引数を指定すると、共通言語ランタイムによってクローズ ジェネリック型が作成されます。 ジェネリック メソッドは型固有のメソッドであるため、呼び出しパラメーターをボックス化せずに呼び出すことができます。

Object 型を受け取って返す汎用クラスの作成が必要になる場合がありますが、頻繁に使用される型を処理する型固有のクラスも提供することで、パフォーマンスを向上させることができます。 たとえば、Boolean 値の設定と取得だけを行うクラスを提供することで、Boolean 値をボックス化およびボックス化解除する手間を省くことができます。

Object クラスから派生した Point 型を定義し、Object クラスの仮想メソッドの多くをオーバーライドする例を次に示します。 また、この例は、Object クラスの多数の静的メソッドとインスタンス メソッドを呼び出す方法も示しています。

メモメモ :

この例を実行するには、「Demo メソッドと TextBlock コントロールを使用したコード例のビルド」を参照してください。


// The Point class is derived from System.Object.
class Point
{
    public int x, y;

    public Point(int x, int y)
    {
        this.x = x;
        this.y = y;
    }

    public override bool Equals(object obj)
    {
        // If this and obj do not refer to the same type, then they are not equal.
        if (obj.GetType() != this.GetType()) return false;

        // Return true if  x and y fields match.
        Point other = (Point)obj;
        return (this.x == other.x) && (this.y == other.y);
    }

    // Return the XOR of the x and y fields.
    public override int GetHashCode()
    {
        return x ^ y;
    }

    // Return the point's value as a string.
    public override string ToString()
    {
        return String.Format("({0}, {1})", x, y);
    }

    // Return a copy of this point object by making a simple field copy.
    public Point Copy()
    {
        return (Point)this.MemberwiseClone();
    }
}

public sealed class Example
{
    public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
    {
        // Construct a Point object.
        Point p1 = new Point(1, 2);

        // Make another Point object that is a copy of the first.
        Point p2 = p1.Copy();

        // Make another variable that references the first Point object.
        Point p3 = p1;

        // The line below displays false because
        // p1 and p2 refer to two different objects.
        outputBlock.Text += Object.ReferenceEquals(p1, p2).ToString() + "\n";

        // The line below displays true because p1 and p2
        // refer to two different objects that have the same value.
        outputBlock.Text += Object.Equals(p1, p2).ToString() + "\n";

        // The line below displays true because p1 and p3 refer to one object.
        outputBlock.Text += Object.ReferenceEquals(p1, p3).ToString() + "\n";

        // The line below displays: p1's value is: (1, 2)
        outputBlock.Text += String.Format("p1's value is: {0}", p1.ToString()) + "\n";
    }
}

// This code example produces the following output:
//
// False
// True
// True
// p1's value is: (1, 2)
//


Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

XNA Framework

サポート対象 : Xbox 360、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーがスレッド セーフになるかどうかは保証されていません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft